スウェーデン王立図書館

スウェーデン王立図書館、AV資料の国境を越えたリモートアクセスを可能とするため、スウェーデンとフィンランドの権利者団体と覚書を締結

スウェーデン王立図書館は、AV資料への国境を越えたリモートアクセスを可能とするため、著作権管理団体のCopyswede(スウェーデン)、kopiosto(フィンランド)と覚書を締結したと発表しています。

この種の契約は世界で初めてとのことです。

今年、試行プロジェクトとして開始され、この9月に拡張された同プロジェクトにおいては、研究者と教育者にスウェーデン王立図書館のAV資料へのデジタルアクセスを行なわせ、最終的にはその複製物を提供するため、フィンランドのオーボ・アカデミー大学と連携したとのことで、このアクセスは、リモートアクセスが国境を越えて発生することを意図しており、これは今回の覚書に基づいているとのことです。

この試行プロジェクトは、最終的には、スウェーデンだけでなく、フィンランドでもAV資料をインターネット経由で閲覧できるシステムを作成することを意図しているとのことです。

このような相互貸借では、これまでは、物理媒体からデジタル資料の複製物を作成して提供するため場所をとっていたが、インターネットを通じて提供することで、研究者と図書館職員の時間を節約するとのことです。

スウェーデン王立図書館が“Open Library of Humanities(OLH)”の図書館協力補助金制度(Library Partnership Subsidy system)に加盟

2015年11月6日、スウェーデン王立図書館が、人文科学分野のオープンアクセス(OA)の新しいモデル目指す“Open Library of Humanities(OLH)”の図書館協力補助金制度(Library Partnership Subsidy system)に加盟したと発表されています。

OLHは学会主導で、著者から料金を徴取しないゴールドオープンアクセス出版社で、資金は、アンドリューWメロン財団から得ており、また、プラットフォームにかかるコストは、国際的な図書館のコンソーシアムによって支援されているとのことです。

National Library of Sweden joins OLH LPS model(OLH,2015/11/6)
https://about.openlibhums.org/2015/11/06/national-library-of-sweden-joins-olh-lps-model/

National Library of Sweden joins Open Library of Humanities(National Library of Sweden,2015/11/6)

国立国会図書館、『外国の立法』2015年6月号で「スウェーデンにおける「ネットワーク系電子出版物」の収集―「電子資料の納本に関する法律」の全面施行―」を掲載

国立国会図書館の調査及び立法考査局が刊行する『外国の立法』(2015年6月号)において、スウェーデンにおけるネットワーク系電子出版物の収集についての記事が掲載されました。

記事では、スウェーデンの納本制度における電子資料の納本に関する法律の位置づけと同法の内容の概要が紹介されています。末尾には、2012年6月に制定された電子資料の納本に関する法律(スウェーデン法令全書2012年第492号)と、2013年1月1日に施行された電子資料の納本に関する規則(スウェーデン法令全書2012年第866号)の翻訳を掲載しています。

外国の立法 2015年刊行分 No.262-1~
http://www.ndl.go.jp/jp/diet/publication/legis/2015/index.html

スウェーデンにおける「ネットワーク系電子出版物」の収集―「電子資料の納本に関する法律」の全面施行―(PDF: 796KB)
http://dl.ndl.go.jp/view/download/digidepo_9381679_po_02640005.pdf?contentNo=1

参考:
E1662 - オンライン資料の納本制度の現在(2)スウェーデン
カレントアウェアネス-E No.278 2015.03.26

スウェーデン王立図書館、書誌データをWorldcatを通じてCC0で公開することでOCLCと合意

2014年2月14日、スウェーデン王立図書館は、WorldCatを通じて提供される、同館が運営する総合目録Librisのデータを、CC0(パブリックドメイン)で公開することでOCLCと合意したと発表しました。

KB tecknar avtal om oppen licens(Kungliga Biblioteket, 2014/2/14付)
http://www.kb.se/aktuellt/nyheter/2014/KB-tecknar-avtal-om-oppen-licens/

The National Library of Sweden signs agreement on CC0 license with OCLC(Librisbloggen, 2014/2/14付)
https://5609apfgfd.appspot.com/librisbloggen.kb.se/2014/02/14/the-national-library-of-sweden-signs-agreement-on-cco-license-with-oclc/

via:

スウェーデン全国書誌、Serials Solutions社のディスカバリーサービスSummonの検索対象に追加

2013年10月31日、Serials Solutions社は、スウェーデン王立図書館(Kungliga Biblioteket:KB)と協力し、同社のディスカバリーサービスSummonの検索対象に、スウェーデン全国書誌を追加すると発表しました。

スウェーデン全国書誌は、スウェーデン王立図書館が運営する総合目録LIBRISの一部で、1976年以降にスウェーデンで出版された出版物、1986年以降の地図の書誌情報などが含まれています。

The Swedish National Bibliography to be Indexed in the Summon Service(2013/10/31付け, Serials Solutions)
http://www.serialssolutions.com/en/words/detail/the-swedish-national-bibliography-to-be-indexed-in-the-summon-service

Swedish National Bibliography
http://www.kb.se/english/find/bibliographies/national/

About LIBRIS

スウェーデン王立図書館から盗まれた貴重書が返却される

2013年7月24日、米国の連邦捜査局(FBI)が、1990年代にスウェーデン王立図書館から盗まれた貴重書2冊を同図書館に返却したことを発表しました。同図書館では1995年から2004年の間に少なくとも56冊の貴重書等が盗まれており、今回返却されたのはそのうちの2冊とのことです。盗難品と知らずに購入し、所蔵していた米国の貴重書店が、FBIからの連絡を受け、返却に同意したとのことです。

United States Returns Stolen Antique Books to the National Library of Sweden (FBI 2013/7/24)
http://www.fbi.gov/newyork/press-releases/2013/united-states-returns-stolen-antique-books-to-the-national-library-of-sweden

スウェーデン王立図書館がOCLC WorldCat不参加を選んだ理由についてコメント

スウェーデン王立図書館は2011年12月に書誌データ利用ポリシーを理由としてOCLCの総合目録WorldCatへの参加を見送ることを発表し、その後OCLCがコメントを発表していました。この件に関して、同館が2012年4月19日付けのブログ記事で不参加の理由を整理したコメントを発表しています。主な内容は以下の3点です。

(1)WorldCatの書誌データの再利用等に関して参加館はOCLCよりも弱い権利しか与えられておらず、非対称な構造になっている。
(2)国立の図書館としてOCLCという単一の組織だけに協力するということはできない。
(3)スウェーデン王立図書館は書誌データを完全に公開することが戦略的に重要だと考えている。

最後に、各館がWorldCatからダウンロードした書誌をCCOライセンス(パブリックドメイン)も含めたオープンなライセンスで他のサービスに提供することをOCLCは許可すべきである、それはOCLCのサービスプロバイダとしての地位を弱めるのではなく強化することにつながるであろう、と主張されています。

メタデータやLinked Data等の専門家として知られるKaren Coyle氏は、自身のブログでこのコメントを紹介し、「スウェーデン王立図書館の反論はもっともであり否定できない」と述べています。

OCLC、スウェーデン王立図書館との交渉決裂についてコメントを発表

2011年12月21日付けでスウェーデン王立図書館(KB)が発表したOCLCとの交渉決裂について、OCLC副会長のミハルコ(James Michalko)氏がコメントを発表しています。ミハルコ氏は「我々は、KBの要望とOCLCの基準の双方を満たすかたちで、同館及び総合目録LibrisのデータをWorldCatに登録することが可能であると信じている。彼らが交渉終了を選択したことは残念だ」とし、以下の2点について述べています。

・“WorldCat Rights and Responsibilities”は任意のガイドラインであり、WorldCat由来の書誌レコードを他機関に提供するかどうかは最終的にはKBが決断することである。

・“WorldCat Rights and Responsibilities”と矛盾しないようなライセンス方式のアプローチもあり得る。

交渉の際には、KBやEuropeanaとは上記の点についても議論したと述べられています。また、同ガイドラインや書誌データのオープン化に関するOCLCの考え方などについて、Open Knowledge Foundation Blogの2011/6/6付け記事に解説があるようです。

スウェーデン王立図書館がOCLCの総合目録WorldCatへの参加を見送り 理由は書誌データ利用ポリシーの不一致

スウェーデン王立図書館(Kungliga Biblioteket:KB)が、2011年12月21日付けで発表した“No deal with OCLC”というニュースの中で、2006年から5年にわたって続けてきた交渉の結果、OCLCの総合目録WorldCatへの参加を見送ったことを公表しています。その理由は、OCLCのレコード利用ポリシーが、KBの開発・運営しているスウェーデンの総合目録LIBRISのポリシーと一致しないこと等にあるとしています。LIBRISのコンテンツは、KBに所有権があるものの他システムへ書誌データを移すなどの自由な利用が認められているそうですが、WorldCatからコピーした書誌データはそのような利用が制限されてしまうことになるそうです。また、KBがWorldCatに参加した場合、自由利用が可能なデータしか受け入れないと発表しているEuropeanaに対して書誌データを提供する際にも問題が起こるとしています。

No deal with OCLC (スウェーデン王立図書館 2011/12/21付けニュース)
http://www.kb.se/english/about/news/No-deal-with-OCLC/

スウェーデン王立図書館、同国の新聞デジタル化プロジェクトの進捗等を紹介するブログを開設

2011年11月9日、スウェーデン王立図書館が、同国における新聞デジタル化プロジェクトの進捗や、プロジェクトの課題とそれへの対策等について紹介するブログ“Digidaily”を公開したようです。2010年から2013年までの予定で進められているプロジェクトでは、1830年から2010年までのAftonbladet紙や1884年から2010年までのSvenska dagbladet紙等の200万ページ以上がデジタル化される予定のようです。

Digidaily
http://digidaily.kb.se/

Yesterdays news (Kungliga biblioteket 2011/11/9付けの記事)
http://www.kb.se/aktuellt/nyheter/2011/Yesterdays-news/

ページ