大学図書館

大学の「旗艦」としての大学図書館建築−ベルリンの大学図書館から

英国の大学図書館司書で図書館デザインのコンサルタントでもあるウィルソン(Alison Wilson)氏が、ドイツ・ベルリンの大学図書館建築を「大学の旗艦」と位置づけてレビューした写真入りレポートが、図書館情報専門家協会(CILIP)の機関誌“Update”に掲載されています。Re-thinking Berlin's…

2007年韓国図書館界の10大ニュース

韓国図書館協会が、2007年の韓国図書館界10大ニュースを発表しています。機関誌『図書館文化』に掲載されたものを中心とした26のニュースから、読者も参加して選ばれた10本は以下のとおりです。1. 大統領直属の組織である図書館情報政策委員会が始動2. 「図書館法」施行3. 「読書文化振興法」…

ProQuest、大学図書館向けの全文データベース“ProQuest Central”を発表

ProQuest社が、大学図書館向けの新しい全文データベースサービス“ProQuest Central”の開始を発表しました。160の学問分野にわたる、11,000タイトル(うち8,000タイトルが全文)の学術雑誌、新聞、学位論文、産業レポートなどをアグリゲートして提供するとのことです。データ提供元の出版社として…

ARL加盟大学図書館の専門職員は順調に若年化する?

北米研究図書館協会(ARL)が、ARL加盟大学図書館における専門職員の年代別人口構成(ワークフォース)に関する予測論文を“Bimonthly Report”に掲載しています。著者のワイルダー(Stanley J. Wilder)氏によると、2010〜2015年にベビーブーマー世代の退職のピークを迎えるが、カナダの大学図書館で…

科学技術・学術審議会学術分科会研究環境基盤部会学術情報基盤作業部会(第9回)の議事録

2007年10月11日に開催された、科学技術・学術審議会学術分科会研究環境基盤部会学術情報基盤作業部会第9回の議事録が公開されています。学術情報基盤作業部会では、学術研究全体の進展を支える重要な基盤である学術情報基盤(情報処理関係施設、ネットワーク、大学図書館等)について、学…

ミシガン大学図書館、PubMedからリポジトリへのリンキングを実現

米ミシガン大学図書館はPubMedからミシガン大学のリポジトリ"Deep Blue"のコンテンツへとリンクすることを実現したと発表しています。LINK OUT機能を利用して実現しています。University of Michigan's digital repository now available through PubMedhttp://mhsla.wordpress.com/2007/12/21/university-of-michigans-digital-repository-n

NII、大学図書館職員短期研修等の資料を公開

国立情報学研究所(NII)が、2007年10月・11月に実施した大学図書館職員短期研修のテキストと、2007年7月・8月に実施した学術ポータル担当者研修の研修後レポートを公開しています。教育研修事業 - 大学図書館職員短期研修 - 過去のカリキュラム及びテキスト - 平成19年度 - 国立情報学研究所http:/…

デルファイ法を用いたFRBR研究・実践の課題抽出

複数の専門家が独自の主観的意見を出し合い、各々の意見を専門家にフィードバックして再度意見を出し合う、といったプロセスを繰り返し、専門家の知見を集約するという「デルファイ法(Delphi method)」を用い、FRBRの研究や実践の課題を見出そうというプロジェクトが、米国オハイオ州のケ…

米国の新築図書館の傾向は?

Library Journal誌の12/15/2007号が、2006/2007会計年度内に新築された168公共図書館、21大学図書館について、費用・面積・収蔵能力・座席数・建築家などを一覧表の形で紹介しています。昨年度は、ティーン、ヤングアダルト向けスペースの増加が特徴として挙げられていたのですが、今年度は、米国グ…Library Journal誌の12/15/2007号が、2006/2007会計年度内に新築された168公共図書館、21大学図書館について、費用・面積・収蔵能力・座席数・建築家などを一覧表の形で紹介しています。昨年度は、ティーン、ヤングアダルト向けスペースの増加が特徴として挙げられていたのですが、今年度は、米国グリーンビル協議会(USGBC)によるエネルギー・環境デザイン(LEED)認証評価を受けている建物が多いなど、省エネルギー・環境保護に関連する空間が多いことが特徴として挙げられています。また映画館機能を有する図書館などもあり、プロジェクトの大型化が進んでいる点も指摘されています。

なお、2002会計年度からの数値の推移がわかる表も掲載されています。

Library Buildings 2007: Going, Going, Green - Library Journal

科学技術政策研究所、「科学技術の状況に係る総合的意識調査 (定点調査)」を開始

文部科学省科学技術政策研究所が、国内の科学技術分野の有識者や代表的研究者約1,200名を対象として2006年11月〜12月に行った、日本の科学技術の現状や課題に関する意識調査の結果を発表しています。この意識調査は、「科学技術システムの課題に関する代表的研究者・有識者の意識定点調査(…

ページ