デジタルアーカイブ

東北大「みちのく震録伝」と国際航業株式会社、地震発生後の斜め航空写真と津波再現シュミレーションCGを公開

2012年3月19日、東北大学防災科学研究拠点は、同大学による東日本大震災アーカイブプロジェクト「みちのく震録伝」において、プロジェクトに賛同協力をしている国際航業グループが保有する「東日本大震災ライブラリー」から資料提供を受け、一部を公開したと発表しています。国際航業株式会社は、震災時の発災直後から、航空写真や衛星画像を用いた被災状況の調査、津波再現シミュレーション、被災範囲の推定等、空間情報技術を活用して災害情報を収集し、解析した結果を同社ウェブサイトで公開しているようです。

国際航業グループ「東日本大震災ライブラリー」みちのく震録伝サイト
http://www.kk-grp.jp/csr/disaster/201103_touhoku-taiheiyo/michinoku/index.html

東北大学による東日本大震災アーカイブプロジェクト「みちのく震録伝(しんろくでん)」において国際航業グループの「東日本大震災ライブラリー」を公開します (東北大学 2012/3/19付けの記事)
http://www.tohoku.ac.jp/japanese/2012/03/press20120319-01.html

ニューヨーク公共図書館とニューヨーク州立ファッション工科大学図書館、1930年代のファッションスケッチのデジタルアーカイブを公開

2012年3月8日に、ニューヨーク公共図書館(NYPL)とニューヨーク州立ファッション工科大学図書館(Fashion Institute of Technology Library)が、“André Studios 1930-1941: Fashion Drawings & Sketches”を公開しました。これは、1930年代から1941年初頭にかけてニューヨークのAndré Fashion Studiosが作成したファッションスケッチ等5,000点以上を収録したデジタルアーカイブのようです。

André Studios 1930-1941
http://andrestudios.nypl.org/

FIT & NY Public Library Launch Digital Fashion Drawing & Sketch Archive (Fashion INDIE 2012 2012/3/9付けの記事)
http://fashionindie.com/fashion-drawing-illustration-digital-archive-fit-ny-public-library/

Fashion History, Just a Click Away (New York Times 2012/3/8付けのブログ記事)

ハーバード大学、「2011東日本大震災デジタルアーカイブ」アルファ版を公開

米国のハーバード大学がInternet Archiveや国立国会図書館(NDL)等の多数の機関と連携・協力して進めている「2011東日本大震災デジタルアーカイブ」のアルファ版が公開されています。

2011年東日本大震災デジタルアーカイブ
http://jdarchive.org/

参考:
E1258 - 東日本大震災アーカイブ国際合同シンポジウム<報告>
http://current.ndl.go.jp/e1258

国立国会図書館とハーバード大学、東日本大震災に関するデジタルアーカイブ共同事業に関する協定を締結
http://current.ndl.go.jp/node/19025

「3がつ11にちをわすれないためにセンター」を開設したせんだいメディアテークの甲斐賢治氏が文化庁芸術選奨新人賞を受賞

文化庁の2012年3月13日付けの発表によると、せんだいメディアテークの企画・活動支援室長の甲斐賢治氏が、「平成23年度(第62回)芸術選奨」において芸術振興部門の文部科学大臣新人賞を受賞したそうです。受賞理由として、一般の市民による震災記録を発信・保存する「3がつ11にちをわすれないためにセンター」の開設に対する高い評価という点が挙げられています。

せんだいメディアテークの企画・活動支援室長が、文化庁の平成23年度芸術選奨文部科学大臣新人賞を受賞することが決まりました。
http://www.smt.jp/info/office/2012/0314/

平成23年度(第62回)芸術選奨文部科学大臣賞及び同新人賞の決定について(文化庁 2012/3/13付け)
http://www.bunka.go.jp/ima/press_release/pdf/geijutsusensyo_120313.pdf

3がつ11にちをわすれないためにセンター
http://recorder311.smt.jp/

参考:
せんだいメディアテーク、「3がつ11にちをわすれないためにセンター」を開設
http://current.ndl.go.jp/node/18139

「震災の記憶、未来へいかにつなぐか──デジタルアーカイブの挑戦」(記事紹介)

東北大「みちのく震録伝」とアジア航測株式会社、震災直後からの被災地復興状況を撮影した写真等を情報共有プラットフォーム“LVSquare”で公開

2012年3月12日、東北大学は、同大学による東日本大震災アーカイブプロジェクト「みちのく震録伝」とその賛同・協力機関であるアジア航測株式会社が、震災直後から被災地の復興状況を撮影した現地写真や航空写真、360°全周囲映像を、アジア航測株式会社の提供する情報共有プラットフォーム「LVSquare」(エルヴイスクエア)で公開したと発表しています。

LVSquareみちのく―アジア航測とみちのく震録伝のコラボレーションサイト―
https://sites.google.com/site/lvsquaremichinoku/

東北大学による東日本大震災アーカイブプロジェクト「みちのく震録伝(しんろくでん)」において、「LVSquare みちのく」を公開しました。 (東北大学 2012/3/12付けのプレスリリース)
http://www.tohoku.ac.jp/japanese/2012/03/press20120312-01.html

国立国会図書館、「東日本大震災アーカイブ構築プロジェクト」のウェブページを開設

国立国会図書館は、2012年3月9日に、「東日本大震災アーカイブ構築プロジェクト」のウェブページを開設しました。現時点では、手書きの石巻日日新聞(号外)のデジタル画像や被災自治体等のウェブサイト等へのリンクや、国内外の連携・協力機関へのリンク等が掲載されています。

国立国会図書館東日本大震災アーカイブ構築プロジェクト~震災に関するあらゆる記録・教訓を、次の世代へ~
http://www.ndl.go.jp/jp/311earthquake/disaster_archives/index.html

国立国会図書館東日本大震災アーカイブ構築プロジェクトのページを開設しました(国立国会図書館 2012/3/9付けのニュース)
http://www.ndl.go.jp/jp/news/fy2011/1194020_1670.html

Yahoo!Japan、東日本大震災1年の特設サイト「3.11から~2012~」を公開

2012年3月8日に、Yahoo!Japanを運営するヤフー株式会社が、東日本大震災から1年を迎えるにあたり、特設サイト「3.11から~2012~」を公開しました。「3.11から~2012~」では、今後の防災に役立てるための防災・減災ツールやマニュアル等が提供されているほか、Yahoo!ニューストピックスで取り上げられた東日本大震災に関するニュースの中で閲覧数が多かった記事などを、それに関連する、同社による「東日本大震災写真保存プロジェクト」に投稿された写真や動画と組み合わせて1年の年表形式にした、「3.11の記録(デジタルアーカイブ)」も公開されています。また「3.11の記録」では、「わたしの3.11」をテーマとした体験談の募集も行っており、寄せられた体験談は英語翻訳をつけて公開されるほか、ハーバード大学や311まるごとアーカイブスで保管・活用されるようです。そのほか、「3.11から~2012~」では、被災地を応援・支援できるチャリティイベントやボランティア情報などを紹介しているようです。なお、この特設サイトは3月7日から3月末まで公開される予定のようです。

3.11から~2012~
http://shinsai.yahoo.co.jp/311/

E1272 - 第3回公共図書館におけるデジタルアーカイブ推進会議<報告>

 2012年2月24日,国立国会図書館(NDL)関西館で,第3回「公共図書館におけるデジタルアーカイブ推進会議」(E1160参照)が開催された。2010年に開始した同会議は,国内の公共図書館におけるデジタルアーカイブ構築の推進に向けて,課題の整理や解決に向けた議論,国等の支援策についての検討を目的としている。今回は,デジタルアーカイブの構築・運営に携わる職員のスキルアップがテーマとなった。...

神奈川県立図書館・県立公文書館が「神奈川デジタルアーカイブ」を公開

2012年3月1日から、神奈川県立図書館と神奈川県立公文書館が、両館が所蔵する資料をデジタル画像として提供する「神奈川デジタルアーカイブ」を公開しています。 図書館所蔵コンテンツとして神奈川関係の地域資料や古典や名著の解説等が、公文書館所蔵コンテンツとして戦前期公文書、古文書・私文書、土地宝典等が公開されています。

神奈川デジタルアーカイブ
http://www.klnet.pref.kanagawa.jp/digital_archives/index.html

神奈川デジタルアーカイブの公開について(神奈川県立の図書館 2012/3/1付けのお知らせ)
http://www.klnet.pref.kanagawa.jp/information/osirase1112.htm

Google Earthを利用した「東日本大震災アーカイブ」で、朝日新聞社提供の被災者証言のマッピングが開始

首都大学東京の渡邉英徳准教授の研究グループによる、東日本大震災の被害状況等をGoogle Earthを利用して可視化するプロジェクト「東日本大震災アーカイブ」において、2012年3月5日から、朝日新聞社提供の被災者証言のマッピングが開始されています。現時点では70名分の証言が掲載されており、今後も追加されていく予定とのことです。

東日本大震災アーカイブ(閲覧にはGoogle Earthが必要)
http://shinsai.mapping.jp/

「東日本大震災アーカイブ」に被災者証言(朝日新聞社提供)の掲載開始(wtnv.studio 2012/3/5付けの記事)
http://labo.wtnv.jp/2012/03/blog-post_05.html?m=0

ページ