デジタルアーカイブ

ハーバード大学、英・日・中・韓の4か国語の資料を対象にした「東日本大震災デジタル・アーカイブ」を開始

2011年3月25日から、米ハーバード大学のライシャワー日本研究所(Reischauer Institute of Japanese Studies)が東日本大震災に関するデジタルアーカイブを開始しています。日本に限らず東アジア地域の広く資料を収録するため、英語・日本語・中国語・韓国語の資料を受け入れるとのことです。現在、メールで情報を募集しています。

Digital archive of the japan 2011 earthquake and aftermath (ハーバード大 2011/3/25付けニュース)
http://www.fas.harvard.edu/~rijs/about/earthquake/digitalarchive.html

国立国会図書館の「貴重書画像データベース」と「インターネット資料収集保存事業(著作別)」のサービスがリニューアル

2011年4月4日から、これまで国立国会図書館ホームページで提供していた「貴重書画像データベース」と「インターネット資料収集保存事業(著作別)」のサービスが変わりました。
・アドレスが変更になりました。
・トップページのデザインが新しくなりました。
・画像の拡大・縮小、スクロール、フルスクリーン表示等が行えるようになりました。
今後は、大規模デジタル化事業の成果物や、SP盤の音源からデジタル化した資料の追加提供を進めていく予定です。

貴重書画像
http://dl.ndl.go.jp/#classic

インターネット資料(著作別)
http://dl.ndl.go.jp/#internet

デジタル化資料(貴重書等)
http://dl.ndl.go.jp/

アイルランドの文化財等のデジタルアーカイブポータルサイト“DHO: Discovery”が公開される

2011年3月30日に、アイルランドの文化財のデジタルアーカイブポータルサイト“DHO: Discovery”が公開されたようです。Royal Irish Academyのプロジェクトである“Digital Humanities Observatory”等によって開設されたこのポータルサイトでは、アイルランドにある、デジタル化された文化財等6,000点以上を検索することができるものとのことです。デジタル化された文化財の利用に際しては、その検索結果から遷移した各所蔵機関のウェブサイトで行うようで、現在のところ、Chester Beatty Library、Irish Traditional Music Archive、National University of Ireland, Galway、Queen’s University Belfast、Royal Irish Academy等が所蔵する、絵画資料、音楽資料、書簡資料、そして地図資料等が利用可能のようです。

DHO:Discovery
http://discovery.dho.ie/

Launching DHO:Discovery - A Gateway To Irish Cultural Artefacts (Digital Humanities Observatory 2011/3/30付けのニュース)

九州国立博物館、収蔵品デジタルアーカイブのウェブサイトを開設

2011年4月1日に九州国立博物館が、同館の収蔵品情報をインターネットで提供する、収蔵品デジタルアーカイブのウェブサイトを開設したようです。なお、同館の館内に設置しているコンピュータでは、より精細な情報を提供しているようです。

九州国立博物館収蔵品デジタルアーカイブ
http://d-archive.kyuhaku.jp/

九州国立博物館収蔵品デジタルアーカイブウェブサイトを開設しました (九州国立博物館収蔵品デジタルアーカイブ 2011/4/1付けのお知らせ)
http://d-archive.kyuhaku.jp/news/info/detail/id/2

Europeana等がクラウドソーシングによる第一次世界大戦デジタルアーカイブプロジェクトを開始

2011年3月24日に欧州デジタル図書館“Europeana”が、ドイツ国立図書館や英国のオックスフォード大学とともに、“Erster Weltkrieg in Alltagsdokumenten”(The First World War in everyday documents)と題するプロジェクトを立ち上げたようです。これは、各家庭に残されている、第一次世界大戦期(1914-1918年)のドイツあるいはドイツ国民に関連する写真資料や書簡資料等の私文書をEuropeanaに登録してもらうことで、第一次世界大戦のデジタルアーカイブを構築しようというプロジェクトのようです。なお、同種の取組みはすでに英国において、オックスフォード大学を中心に“Great War Archive”として行われているようです。

Erster Weltkrieg in Alltagsdokumenten (英語ページ)
http://www.europeana1914-1918.eu/en

Project Launch: “Erster Weltkrieg in Alltagsdokumenten”. The First World War in everyday documents (Europeana 2011/3/24付けのプレスリリース)

知のデジタルアーカイブに関する研究会(第2回)の配付資料が公開

2011年2月22日に総務省で開催された「知のデジタルアーカイブに関する研究会(第2回)」の配布資料が、同省のウェブサイトで公開されています。

知のデジタルアーカイブに関する研究会(第2回)配付資料 (2011/2/23付け 総務省のウェブサイト)
http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/kenkyu/shuppan/02ryutsu02_03000045.html

参考:
知のデジタルアーカイブに関する研究会(第1回)の配付資料が公開
http://current.ndl.go.jp/node/17563

【イベント】国立国会図書館、「公共図書館におけるデジタルアーカイブ推進会議」を関西館で開催(2/24)

国立国会図書館は、2011年2月24日に、「公共図書館におけるデジタルアーカイブ推進会議」を関西館で開催します。デジタルアーカイブ事業の優良事例調査の報告や、公共図書館(静岡県立中央図書館、豊中市立岡町図書館)からの事例報告、有識者や政府省庁の担当者等によるパネルディスカッションが開催されます。

公共図書館におけるデジタルアーカイブ推進会議
http://www.ndl.go.jp/jp/event/events/1190681_1368.html

参考:
国立国会図書館、第1回「公共図書館におけるデジタルアーカイブ推進会議」を開催
http://current.ndl.go.jp/node/15651

ニューヨークフィルのデジタルアーカイブが公開

ニューヨーク・フィルハーモニック(New York Philharmonic)の所蔵する資料をデジタル化して公開する「デジタルアーカイブ」が、2011年2月1日から公開されているようです。まず対象となったのは1943年から1970年の期間で、バーンスタインらの指揮者の書き込みのあるスコアの他、プログラム、文書、画像等の資料が収録されているようです。2012年までにはこの期間の資料全てをオンラインで利用可能とする予定とのことです。また、音声・映像記録についても利用可能とするための方策を検討中とのことです。

New York Philharmonic | Digital Archive
http://archives.nyphil.org/index.php

What Can You Find in the New York Philharmonic’s Archives?(2011/2/3付けNYTimesの記事)
http://artsbeat.blogs.nytimes.com/2011/02/03/what-can-you-find-in-the-new-york-philharmonics-archives/

日本美術オーラル・ヒストリー・アーカイヴの取組み(記事紹介)

2011年2月1日付けのartscapeで、日本美術オーラル・ヒストリー・アーカイヴという、日本の美術関係者に聞き取り調査を行ない、それをオーラル・ヒストリーとして収集・公開・保存している団体の設立経緯や運営方法等が紹介されています。

日本美術の担い手たちの声を残すデジタルアーカイヴ──日本美術オーラル・ヒストリー・アーカイヴの試み (2011/2/1付け artscapeの記事)
http://artscape.jp/study/digital-achive/1228716_1958.html

日本美術オーラル・ヒストリー・アーカイヴ
http://www.oralarthistory.org/

フランス国立図書館(BNF)、バーレーンの電子図書館構築の支援に合意

フランス国立図書館(BNF)が、同館の館長とバーレーンの教育大臣との間で協定が交わされ、バーレーンの電子図書館の構築を支援することで合意したと発表しています。電子図書館は、研究者及び若者向けのコンテンツを2本柱として提供するほか、バーレーンや中東に関するデータバンクとしての役割もあるようです。

Signature d'une convention pour la réalisation de la Bibliothèque numérique du Royaume de Bahreïn(BNFのプレスリリース)
http://www.bnf.fr/documents/cp_bahrein.pdf

ページ