公共図書館

図書館の本が60年の冒険を終える

米国のポートランド公共図書館で60年前、9歳の少年がクジラの子どもの冒険話を書いた本“The Baby Whale, Sharp Ears”を借りて行きました。借りていかれた本は1946年6月7日までに図書館に帰ってこなければならなかったのですが、その後少年と共にニューヨークに行ってしまいました…。先ごろ、69歳…

ゲイツ財団が公共図書館のインターネット環境整備に助成(米国)

公共図書館におけるインターネット環境の整備支援のため、ALAの情報技術政策局(OITP)は、ゲイツ財団から52万5千ドル(約6,000万円)の助成を受けると発表しました。多くの公共図書館ではコンピュータやネット接続環境に予算を割くことが困難となっているとのことで、利用者にきちんとしたク…

公共図書館での無線LANサービス提供状況(米国)

米国の公共図書館における無線LANサービスの提供状況についての調査報告書が、フロリダ州立大学のウェブサイトで公開されています。この報告書によると、2004年の調査のときは、17.9%の図書館が提供中、21.0%が準備中でしたが、2006年の調査では、倍以上の36.4%が提供中、23.1%が準備中とな…

シアトル中央図書館、新しいサインを準備中

著名な建築家レム・コールハース(Rem Koolhaas)の手による米シアトル公共図書館・中央館では、あまりにもサインがわかりにくいため、職員が道案内に忙殺されています。このため、わかりやすいサインの専門家“wayfinder”を年4万9千ドル(約570万円)で雇い、新しいサインを作っているとのこ…

E535 - もっと探しやすく−NYPL,閲覧室の本を並べ替え

米国のニューヨーク公共図書館(NYPL)の人文・社会科学図書館はこのたび,閲覧室に配置されている約25,000点の参考図書を,利用者がより探しやすいように米国議会図書館(LC)分類法にのっとって配置しなおすことを発表した。今回の再配置は,1998年11月の同閲覧室改装以降では最も大きな変…

E540 - 【連載】アジア・オセアニアの図書館事情:(5)韓国

2006年の国際図書館連盟(IFLA)大会の開催国・韓国は近年,図書館の振興に非常に力を入れている。その中でも特に重点が置かれているのが公共図書館で,ノ・ムヒョン大統領が直々に拡充を指示したほどである(E468参照)。  2005年12月の時点で,韓国には公共図書館が514館,大学図書館が438…

図書館は知識経済の発展にどう関わっているか?(英国)

英国博物館・図書館・文書館国家評議会(MLA)の委託を受けて行われた調査“Public Libraries in the Knowledge Economy”(知識経済における公共図書館)の報告書が公表されています。図書館行政庁を対象に行った利用者への教育やスキル開発などの実施状況に関する調査結果の分析を通して、公共図書…

2005年公共図書館調査報告書を公表(ニュージーランド)

ニュージーランド国立図書館は8月31日、『公共図書館の発展‐2005年9月の公共図書館調査報告書』(Developments in Public Library Services: A Survey of New Zealand Public Libraries, September 2005)を公表しました。2001年の前回調査時と比較して、電子ベースのサービスが発達したほか、インターネットによるサービス…

「公共図書館のサービス基準」の効果をレビューする(英国)

英国の文化・メディア・スポーツ省(DCMS)と博物館・図書館・文書館国家評議会(MLA)は、2001年に設けられた「公共図書館のサービス基準」が効果を上げているかレビューすることを目的に、ウェブサイト上でアンケートを行うとのことです。なお、同基準の本格的なレビューを行うのは今回…

カリフォルニア関連資料のデジタル・アーカイブ

米国カリフォルニア大学が、カリフォルニア州の多様な歴史・文化を知ることができる15万点以上のデジタル資料を集めたウェブサイト“Calisphere”を立ち上げました。カリフォルニア大学の各キャンパスや他大学、公共図書館、美術館などが所蔵する写真・絵画・風刺漫画・日記・広告などを見…

ページ