議会図書館

国際子ども図書館、「東北地方太平洋沖地震と子どもの読書についての情報」のページを開設

国立国会図書館国際子ども図書館は、ウェブサイトに「東北地方太平洋沖地震と子どもの読書についての情報」のページを開設しました。関連情報へのリンクや、「国、図書館関連団体の動き」「本や教材の寄贈、読み聞かせ等」等の情報をまとめた表などを掲載しています。

東北地方太平洋沖地震と子どもの読書についての情報(国際子ども図書館)
http://www.kodomo.go.jp/mediator/news_earthquake.html

国立国会図書館、図書館・文書館資料等の復旧に関する情報をまとめたページを作成

国立国会図書館のウェブサイトに、図書館・文書館資料等の復旧に関する情報やリンクをまとめたページが作成されています。スマトラ沖地震・津波の際の事例についての報告や、被災資料への対応全般に関する情報等が掲載されています。

東北地方太平洋沖地震 関連情報 (図書館・文書館資料の復旧)(国立国会図書館のウェブサイト)
http://www.ndl.go.jp/jp/aboutus/data_preserve110317.html

E1160 - 公共図書館におけるデジタルアーカイブ推進会議<報告>

 2011年2月24日,国立国会図書館(NDL)関西館において,第2回目となる「公共図書館におけるデジタルアーカイブ推進会議」が公開フォーラム形式で開催された。これは,国内の公共図書館におけるデジタルアーカイブ構築を推進するための課題等を整理し,解決に向けた議論,国等の支援策についての検討等を行うもので,2010年2月にNDL東京本館で第1回を開催している。...

東北地方太平洋沖地震による、国立国会図書館の遠隔複写サービスへの影響について

東北地方太平洋沖地震によって国立国会図書館東京本館の書庫に被害が発生しており、図書資料の大半がご利用いただけません。このため、遠隔複写サービスへのお申込みについて、複写作業や複写物の発送作業ができない場合がございます。また、交通機関の乱れにより、既に複写作業を終え、発送済みの複写物の到着が大幅に遅れる可能性がございます。利用者の皆様にはご不便をおかけしますが、ご理解とご協力をお願いいたします。

「東北地方太平洋沖地震」の遠隔複写サービスへの影響について(国立国会図書館 2011/3/15付けのニュース)
http://www.ndl.go.jp/jp/news/fy2010/1191300_1531.html

レファレンス協同データベース、「地震・災害関連情報」のページを開設

国立国会図書館によるレファレンス協同データベース事業のサイトに、「地震・災害関連情報」のページが作成されています。レファレンス協同データベースに登録されているデータを中心に、地震・災害に関連する情報を掲載しているもので、調べ方マニュアル、特別コレクション情報、レファレンス事例などがまとめられています。

地震・災害 関連情報(レファレンス協同データベース)
http://crd.ndl.go.jp/jp/library/20110311.html

東北地方太平洋沖地震による、国立国会図書館の図書館間貸出サービスへの影響について

東北地方太平洋沖地震によって国立国会図書館東京本館の書庫に被害が発生しており、図書館間貸出の対象となる図書資料の大半がご利用いただけません。このため、図書館間貸出サービスへのお申込みについて、対応できない場合がございます。また、交通機関の乱れにより、発送済みの貸出資料の到着が大幅に遅れる可能性がございます。各図書館のご担当者様にはご不便をおかけしますが、ご理解とご協力をお願いいたします。

「東北地方太平洋沖地震」の図書館間貸出サービスへの影響について(国立国会図書館 2011/3/15付けのニュース)
http://www.ndl.go.jp/jp/news/fy2010/1191297_1531.html

国立国会図書館東京本館は、3月15日は時間を短縮して開館いたします。(11-17時)

国立国会図書館東京本館は、3月15日(火)は、11:00~17:00の間の開館となります。また、書庫に被害が発生しているため、一部に当分の間ご利用いただけない資料があります。利用者の皆様にはご不便をおかけしますが、ご理解をお願いいたします。

◎ご利用できない資料
・図書資料のうち、おおむね1988年(昭和63年)以降受入の和図書、及び1968年(昭和43年)以降受入の洋図書

◎書庫出納資料が利用できない資料室
・人文総合情報室

◎通常どおりご利用できる資料・資料室
・図書資料のうち、上記以外のもの
・雑誌資料
・科学技術・経済情報室、古典籍資料室、地図室、憲政資料室、音楽・映像資料室、電子資料室、議会官庁資料室、新聞資料室

※計画停電の実施等の事情により、開館等の状況が変更になる可能性があります。
※3月16日(水)は、資料整理休館日となっています。

国立国会図書館東京本館は、3月14日は臨時休館いたします。

国立国会図書館東京本館は、3月14日は臨時休館いたします。3月15日以降の開館については未定です。利用者の皆様にはご不便をおかけしますが、ご理解をお願いいたします。

国立国会図書館東京本館は、3月14日は臨時休館します。明日以降の開館は未定です。(国立国会図書館 2011/3/14付けお知らせ)
http://www.ndl.go.jp/jp/news/fy2010/1191289_1531.html

参考:
国立国会図書館、大地震による被害のため一部資料の利用を停止
http://current.ndl.go.jp/node/17753

国立国会図書館、大地震による被害のため一部資料の利用を停止

国立国会図書館においては、2011年3月11日の大地震により書庫に被害が発生しているため、当分の間ご利用になれない資料が相当あります。利用者の皆様にはご不便をおかけしますが、ご理解とご協力をお願いいたします。

2011年3月11日 大地震にともなう一部資料の利用停止について(国立国会図書館 2011/3/11付けのお知らせ)
http://www.ndl.go.jp/jp/news/fy2010/1191285_1531.html

全米デジタル情報基盤整備・保存プログラム(NDIIPP)の2010年版の報告書が公開

米国議会図書館(LC)が主導する「全米デジタル情報基盤整備・保存プログラム」(NDIIPP)の2010年版の報告書が公開されています。2000年の事業開始以来の10年間の活動や、今後の計画などが掲載されているようです。

NDIIPP 2010 Report Released (LC 2011/3/8付けのニュース。リポートへのリンクあり。)
http://www.digitalpreservation.gov/news/2011/20110308_news_ndiipp_report.html

ページ