議会図書館

【イベント】国立国会図書館、英国図書館の資料保存についての講演会を開催(2011年2月)

国立国会図書館は、2011年2月に、英国図書館(BL)の資料保存部門長のデボラ・ノボトニー氏を招き、英国図書館における資料保存活動についての講演会を開催します。講演は「資料保存対策」と「書庫管理と保存環境」のテーマで、2回に分けて開催します。会場は、東京本館及び関西館(テレビ中継)です。

英国図書館の資料保存についての講演会
http://www.ndl.go.jp/jp/aboutus/data_preserve25.html

米国議会図書館、法案情報ページにダブリンコアに基づくメタデータを付与

米国議会図書館(LC)の立法情報システム“THOMAS”の機能改良で、法案の概要を掲載した“Bill Summary & Status”のページに、ダブリンコアに基づくメタデータが付与されるようになったとのことです。

THOMAS: The Last Update of the Year(2010/12/13付けLCのLaw Libraryのブログの記事)
http://blogs.loc.gov/law/2010/12/thomas-the-last-update-of-the-year/

参考:
米国議会図書館の立法情報システム“THOMAS”が15周年にあわせて機能改良
http://current.ndl.go.jp/node/15613

「国立国会図書館サーチ」のスマートフォン版がリリース

「国立国会図書館サーチ」(開発版)のスマートフォン版が2010年12月10日にリリースされました。iPhoneやAndroid端末等のスマートフォンのブラウザから利用できるもので、PC版とほぼ同等の機能が利用できますが、PC版の機能のうち、検索結果一覧画面から提供元サイトへの直接遷移リンク、関連キーワードによる再検索、検索結果のサムネイル表示等の機能は備わっていません。

「国立国会図書館サーチ(スマートフォン)」
http://iss.ndl.go.jp/sp/

国立国会図書館サーチ スマートフォン版 リリースのお知らせ(2010年12月10日)
http://iss.ndl.go.jp/information/2010/12/10_release/

参考:
E1087 - 統合検索サービス「国立国会図書館サーチ」開発版が公開
http://current.ndl.go.jp/e1087

米国議会図書館、Wikileaksへのアクセスをブロック

米国議会図書館(LC)が、機密情報を公開しているWikileaksへの同館からのアクセスを2010年12月3日からブロックしているとのことです。LCのブログにはその理由について、法律により連邦機関は機密情報を保護する必要があり、不認可の暴露行為によって機密状態が変化させられてはならないため、と記載されています。また、Library Journalで紹介されている、LCの対応に対する図書館関係者の反応には、知る権利を侵害している、検閲になっている、といった否定的なものが多いようです。

Why the Library of Congress Is Blocking Wikileaks(Library of Congress Blog 2010/12/3付けの記事)
http://blogs.loc.gov/loc/2010/12/why-the-library-of-congress-is-blocking-wikileaks/

Library of Congress Blocks WikiLeaks Site Access(Library Journal 2010/12/8付けの記事)

「国立国会図書館サーチ」、ユーザビリティ向上などの機能改善を実施

2010年12月4日に、「国立国会図書館サーチ(開発版)」の機能改善・機能拡張が行われました。詳細検索項目の追加やデザイン変更などのユーザビリティ向上、英語・中国語・韓国語版画面の公開、翻訳機能の充実、などが行われています。

国立国会図書館サーチ(平成22年12月4日開発版)リリースのお知らせ(2010年12月4日)
http://iss.ndl.go.jp/information/2010/12/4_release/

国立国会図書館サーチ(開発版)
http://iss.ndl.go.jp/

参考:
E1087 - 統合検索サービス「国立国会図書館サーチ」開発版が公開
http://current.ndl.go.jp/e1087

E1126 - 国立国会図書館「雑誌記事索引」の記事件数が1,000万件を突破

国立国会図書館(NDL)では,雑誌の文献の検索手段として「雑誌記事索引」を1949年から提供している。2010年11月4日,「雑誌記事索引」の収録記事件数の合計が1,000万件を超えた。...

【イベント】国立国会図書館、「議会開設百二十年記念 議会政治展示会」を開催

国立国会図書館では、2010年12月1日から10日まで、議会開設120周年を記念した「議会政治展示会」を開催します。展示会は2部構成で、幕末から明治初期までの議会開設に向けた道のりを紹介する「第1部 議会政治への道」と、大正後期から昭和30年のいわゆる55年体制の確立までを紹介する「第2部 昭和の政党政治」からなります。国立国会図書館が所蔵する、坂本龍馬、木戸孝允、岩倉具視、伊藤博文、西園寺公望、浜口雄幸、高橋是清、吉田茂、鳩山一郎ほか、議会にかかわった人物の書簡、日記、覚書と政党等の文書など約80点を展示します。会場は、憲政記念館1階会議室です。

議会開設百二十年記念 議会政治展示会
http://www.ndl.go.jp/jp/event/exhibitions/1190128_1376.html

国立国会図書館PORTAの検索対象に「e国宝 - 国立博物館所蔵 国宝・重要文化財」を追加

国立国会図書館のデジタルアーカイブポータル「PORTA」の検索対象に、国立文化財機構の「e国宝 - 国立博物館所蔵 国宝・重要文化財」が加わりました。「e国宝」は、国立文化財機構の4つの国立博物館が所蔵する国宝・重要文化財の高精細画像を、多言語(日本語、英語、フランス語、中国語、韓国語)による解説とともに、閲覧することができるサイトです。

国立文化財機構の「e国宝 - 国立博物館所蔵 国宝・重要文化財 」を追加(2010/11/22付けPORTAのお知らせ)
http://porta.ndl.go.jp/service/SER_Information_DetailRSS.jsp?news_id=83

国立国会図書館の書誌データ(JAPAN/MARC)がWorldCatで提供開始

国立国会図書館(NDL)が、2010年11月9日から同館の書誌データ(JAPAN/MARC)約400万件のWorldCatでの提供を開始しています。これにより、WorldCatでのJAPAN/MARCのデータの検索やダウンロードが可能になります。なお、WorldCatを通じての図書館間貸出はできません。

2010年11月19日 国立国会図書館の書誌データ(JAPAN/MARC)がWorldCatで利用できるようになりました(付・プレスリリース)
http://www.ndl.go.jp/jp/news/fy2010/1190325_1531.html

HathiTrustに米国議会図書館(LC)等5機関が加盟、米国外からも初参加

2010年11月15日、米国の大学等による共同リポジトリ事業“HathiTrust”に、米国議会図書館(LC)、スタンフォード大学、アリゾナ州立大学、マサチューセッツ工科大学、そしてスペインのマドリード・コンプルテンセ大学が加わったようです。マドリード・コンプルテンセ大学は、米国外の機関としては初めてHathiTrustに参加したとのことで、今回の加盟により、HathiTrustの参加機関は52機関となったようです。

HathiTrust adds new members, goes global (2010/11/15付け University of Michiganのニュース)
http://ns.umich.edu/htdocs/releases/story.php?id=8121

QuickWire: HathiTrust’s Newest Partners Include Library of Congress, U. of Madrid (2010/11/15付け Chronicle of Higer Educationの記事)

ページ