国立図書館

CA727 - 書誌情報の充実と機械化―中国国家図書館の動きから― / 岡村志嘉子

1987年に新館を完成させた中国国家図書館は,いま図書館業務のコンピュータ化に力を注いでいる。このうち,書誌情報の機械化という面では,全国書誌データセンターとしての地位を確立するという目標が掲げられ,中国語書誌コントロールを重点として作業が進められている。全国書誌編纂作…

CA726 - 2つの「ドイツ図書館」の統合 / 戸田典子

旧西ドイツ,フランクフルト・アム・マインのDeutsche Bibliothek,旧東ドイツ,ライプツィヒのDeutsche Buchereiは,共に「ドイツ図書館」と訳される。フランクフルトはDeutsche Bibliographie,ライプツィヒはDeutsche Nationalbibliographieという,似たタイトルをもつ全国書誌を出版してきた。西は東の,東は西の…

CA712 - 東西ドイツ図書館の相互協力 / 金子縁

1989年11月の壁開放以降における,東ドイツの急激な自由化と東西統一への流れをうけて,東西ドイツの図書館もまた,文献供給,資金調達,人の交流等,様々な面で協力しあい,統一に向けて努力をしている。東ドイツの情報の自由化に応えるため,ドイツ図書館連盟連合(BDB)はまず,東の主…

CA699 - 米国議会図書館(LC)新増収策も延期に / 坂本博

MARCテープの利用にライセンス料をとるというLCの増収策は事実上撤回されたが(CA654),新たに法律を制定して,従来原価プラス10%で行なわれていた有料サービス(複写,印刷カード,出版等)に「間接経費」を上乗せできるようにし,その収入を回転資金として新たなサービスの原資にすると…

E106 - スウェーデン国立図書館,ウェブコレクションを公開

同館では1997年より年2回程度,ウェブロボット「combine」を用いて同国全体のウェブページをバルク収集している。国立図書館がウェブアーカイビングを行うことに関しては,特に個人情報保護の観点から問題が指摘されていたが,2002年5月に「国立図書館のデジタル文化遺産計画における個人情…

CA689 - Selectionfor Survival―資料収集方針とナショナル・ライブラリー経営の今後(BL)― / 高橋弘

調査研究図書館としての機能を特に重視するナショナル・ライブラリーにとって,選書を含めた資料の収集業務はその運営の根幹をなすとの考えから,英国図書館(BL)では外部の識者を混じえたチームを編成して,現行の収集業務の点検を行うとともに,今後のあるべき姿を明確にする作業を…

CA681 - 注目されるLCの大量脱酸処理入札 / 宇津芳枝

紙の中の酸を取り除く方法は,大きくは,本をアルカリ性の溶液に浸す液相法と,アルカリ性の蒸気をしみ込ませる気相法に分かれる。大量の本を取り扱う液相法としては,ウェイトー法(カナダ国立図書館/公文書館が採用),ブックキーパー法,FMC法等がある。FMC法はFMC社の化学製品グルー…

E088 - 欧州の国立図書館が国際DOI財団に加盟

発表によると,今回の加盟は,2002年にIFLAと国際出版者協会(IPA)がDOI(注)の図書館界への普及促進は全国書誌を作成している国立図書館が担うのが望ましいとする提案をしたこと,および,それを受けて昨年の国立図書館長会議(CDNL)で国立図書館のIDF加盟の可能性を探ることが決められたことなど…

E082 - 難を逃れたイラク国立図書館コレクション

詳細はなお不明であるが,国際図書館連盟(IFLA)の調査報告によれば,同館の蔵書50万冊(5万冊の貴重書を含む)が略奪や焼失の被害を受けたものの,事前に避難させた初期の新聞資料等は無事だという。New York Times等の新聞各紙も,国立図書館の蔵書の大半が無事であると報道している。ユネスコの…

ページ