国立図書館

レファレンス・資料に関するキャンペーン“Find It”

シンガポール国立図書館では、利用者にレファレンスの過程と充実した資料とをアピールする“Find It”キャンペーンを開催するそうです。文化遺産、ビジネス、デザイン、教育の4分野について、公開講座・ワークショップなどが行われます。http://dl.nlb.gov.sg/victoria/2006/03/find_it_april_2006.html

カナダ国立図書館文書館が統合検索機能を発表

カナダ国立図書館文書館が、OAPC、ウェブサイト、各種アーカイブを統合検索できる検索機能を発表しています。

Search All - Field Trial
http://www.collectionscanada.ca/whats-new/013-250-e.html

オランダ国立図書館の国際的評価制度

オランダ国立図書館が、BLの前ディレクターなど外部の委員による国際的な評価委員会による評価レポートを公表していました。International evaluation committee commends KBhttp://www.kb.nl/bst/evaluatie/evaluatie2005-en.xml

CA1578 - 動向レビュー:韓国における図書館情報政策の動向 / ジョ在順

韓国の図書館情報政策の担い手は,2004年11月,文化観光部(以下「文化部」)から同部の韓国国立中央図書館(National Library of Korea:NLK)へと移行した。これを受けて,NLK は大々的な組織改編を断行し,図書館情報政策を担当する部署として「図書館政策課」を新設した(E280参照)。以下では,…

CA1588 - 動向レビュー:e-ラーニング時代の図書館サービス / 三輪眞木子

e-ラーニングとは,情報通信技術(ICT)を活用した学習形態の総称で,衛星通信やウェブを利用した遠隔学習だけでなく,図書館や学校で行われているICTを活用した学習も含まれる。本稿では,最新の文献から把握した米国の大学図書館が実施するe-ラーニング支援サービスのガイドラインとその…

CA1557 - IFLAのCIPプログラム調査 / 柴田洋子

国際図書館連盟(IFLA)書誌分科会は,2004年,戦略計画「書誌情報の提供・調整における出版界との協力関係の促進」の一環として,世界各国の国立 図書館を対象にCIP(Cataloging In Publication)プログラムについての国際的な調査を行った。本稿では,この調査の概要について紹介する。...

CA1556 - 欧州図書館(The European Library)の最新情報 / 久古聡美

欧州各国の国立図書館における統合的なサービス提供を目指す欧州図書館(The European Library:TEL)が2005年3月17日,およそ4年におよぶ構想からの準備期間を経て,ウェブ上にポータル(1)を設置し本格的にサービスを開始した。TELは,欧州各国の国立図書館の膨大な所蔵資料を一元的に検索して結果…

CA1524 - 電子資料の共同購入―ニュージーランドのナショナルサイトライセンスEPIC― / 柴田容子

ニュージーランドの図書館が共同で電子資料を購入し,すべての国民に提供する,という事業EPIC(Electronic Purchasing in Collaboration 旧称PER:NA Purchasing Electronic Resources : a National Approach)が2004年3月始まった。参加できる図書館は,大学図書館などの研究図書館だけでなく,学校図書館や公共図書館,…

CA1522 - イラク図書館・文書館の戦禍と復興支援 / 安田浩之

長期的なスパンで考えた場合,図書館資料の保存にとって最大の敵は災害であり,この中には人為的な災害ともいうべき武力紛争も含まれる。武力紛争の際に,文化財を民族の文化的アイデンティティの象徴とみなして破壊したり,無政府状態に乗じて略奪するなどの行為が跡を絶たない。図書館や文書館も破壊・略奪の対象となることが多く,イラクにおける昨年の戦闘でも,多くの文化施設が被害を受け,文化財が破壊・略奪された。…

CA1447 - ロシア国立図書館のIT化 / 桂木小由美

ロシア国立図書館(Russian State Library: RSL)は,旧ソ連諸国のなかでも最も早く機械化に取り組み始めた図書館の一つである。1960年代後半からいくつかの試みがなされたが,予算不足等の問題によって完成には至らなかった。1995年,RSLは欧州委員会(EC)の資金提供の下,図書館の「機械化」の実行可能…

ページ