文化庁

文化庁、「文化情報プラットフォーム」の運用開始

2017年5月26日、文化庁が、「文化情報プラットフォーム」の運用開始を発表しています。

2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会を契機とした文化芸術立国の実現を図るため、全国の文化プログラム等の情報を一元的に集約・登録し、国内外に情報発信するためのプラットフォームです。

登録された情報は、文化庁が運営する文化情報ポータルサイト「Culture Nippon」から多言語で国内外に情報発信するとともに、今後、オープンデータとして民間事業者等に提供し、登録された文化情報を活かした商品・サービスの創出を促進し、地域経済の活性化を図ることが計画されています。

「文化情報プラットフォーム」の運用開始について~全国の文化プログラム等の情報を国内外へ発信~(文化庁,2017/5/26)
http://www.bunka.go.jp/koho_hodo_oshirase/hodohappyo/2017052601.html

文化庁文化審議会著作権分科会法制・基本問題小委員会、中間まとめへの意見募集の結果を公表

2017年4月24日、文化審議会著作権分科会法制・基本問題小委員会が、2月28日から3月29日まで行っていた中間まとめへの意見募集の結果を公表しています。

文化審議会著作権分科会法制・基本問題小委員会 中間まとめに関する意見募集の結果について(2017/4/24)
http://www.bunka.go.jp/koho_hodo_oshirase/hodohappyo/2017042402.html

参考:
文化庁文化審議会著作権分科会法制・基本問題小委員会、中間まとめを公表:パブリックコメントも募集中(-3/29)
Posted 2017年3月21日
http://current.ndl.go.jp/node/33686

「川崎市市民ミュージアム漫画資料コレクション」が公開

神奈川県の川崎市市民ミュージアムが所蔵する6万点に及ぶ漫画に関連の収蔵品のうち、著作権が消滅している一部の内容を公開するウェブサイト「川崎市市民ミュージアム漫画資料コレクション」が試行的に公開されたようです。

利用できる資料の公開日は2017年3月29日付となっています。

漫画資料のデジタル化については、平成28年度の文化庁メディア芸術アーカイブ推進事業によって実施され、NPO法人知的資源イニシアティブが提供するシステムを用いて公開したと説明されています。

川崎市市民ミュージアム漫画資料コレクション
https://kawasaki.iri-project.org/

参考:
文化庁、「メディア芸術アーカイブ推進支援事業」(2016年度)の採択結果を公開
Posted 2016年7月8日
http://current.ndl.go.jp/node/32033

「菊陽町図書館少女雑誌コレクション」が試行的に公開

熊本県の菊陽町図書館が所蔵する少女雑誌資料のうち、著作権が消滅している一部の内容を公開するウェブサイト「菊陽町図書館少女雑誌コレクション」が試行的に公開されたようです。

利用できる雑誌の公開日は2017年3月28日付となっています。

平成27年度、平成28年度の文化庁メディア芸術アーカイブ推進事業に基づき、著作権調査、デジタル化作業が行われ、NPO法人知的資源イニシアティブが提供するシステムを用いて公開したと説明されています。

菊陽町図書館 少女雑誌コレクション
https://kikuyo.iri-project.org/

熊本県菊陽町図書館の所蔵少女雑誌データの閲覧サイトが試行的に公開(kasamashoin online,2017/3/30)
http://kasamashoin.jp/2017/03/post_3914.html

E1895 - 「日本アニメーション映画クラシックス」の公開について

東京国立近代美術館フィルムセンター(以下,フィルムセンター)は,2017年2月22日,デジタル化した所蔵フィルムのオンライン配信を開始した。国産アニメーション映画が最初に劇場公開された1917年から100年を迎えたことを祝して,ウェブサイト「日本アニメーション映画クラシックス」を立ち上げ,現存する戦前作品(1917-1941)の中から,最古の作品と言える『なまくら刀』(幸内純一・作)など64タイトルを公開している。また,日本におけるアニメーション映画の先駆者の一人,大藤信郎(1900-1961)の製作関連資料約140点を展観する。...

文化庁文化審議会著作権分科会法制・基本問題小委員会、中間まとめを公表:パブリックコメントも募集中(-3/29)

文化庁の文化審議会著作権分科会法制・基本問題小委員会が、2017年2月24日に開催された第6回委員会において取りまとめられた中間まとめを公表しています。

この委員会では、新たな時代のニーズに的確に対応した権利制限規定の在り方等、教育の情報化の推進等、障害者の情報アクセス機会の充実、著作物等のアーカイブの利活用促進等について、検討を行ってきました。123ページから124ページでは、国立国会図書館による資料送信サービスの拡充について言及されています。

また、3月29日までパブリックコメントも募集しています。

文化審議会著作権分科会法制・基本問題小委員会中間まとめ(e-Gov)
http://search.e-gov.go.jp/servlet/PcmFileDownload?seqNo=0000156301

国宝・重要文化財(美術工芸品)の指定についての答申:陸奥国仙台領元禄国絵図関係資料(宮城県図書館)が重要文化財に指定へ

2017年3月10日、文化審議会が、7件の美術工芸品を国宝に、37件の美術工芸品を重要文化財に指定することについて、文部科学大臣に答申したと、文化庁が発表しています。

重要文化財への指定が答申されたものには、宮城県図書館の「陸奥国仙台領元禄国絵図関係資料」が含まれています。

文化審議会答申~国宝・重要文化財(美術工芸品)の指定について~(文化庁,2017/3/10)
http://www.bunka.go.jp/koho_hodo_oshirase/hodohappyo/2017031002.html

I.答申内容(84.4KB)(文化庁)
http://www.bunka.go.jp/koho_hodo_oshirase/hodohappyo/pdf/2017031002_besshi01.pdf

E1861 - 文化遺産国際協力コンソーシアム設立10周年

文化遺産国際協力コンソーシアム(以下,コンソーシアム)は,海外の文化遺産保護に関する日本国内の政府機関・教育研究機関・NGOなどの連携・協力を推進するネットワーク組織で,会員は2016年11月の時点で総勢431名,29団体にのぼり,文化庁の委託事業として運営されている。日本の文化遺産国際協力に資するための(1)会員間のネットワーク構築,(2)調査研究,(3)情報の収集と提供,(4)広報・普及を主なミッションとして活動しており,2016年6月に設立10周年を迎えた。本稿では,これまでのコンソーシアムの取組みと,10周年記念シンポジウムについて報告する。...

オーファンワークス実証事業実行委員会、著作権者不明等の場合の裁定制度の利用円滑化に向けた実証事業の実施を発表

権利者団体9団体で構成されるオーファンワークス実証事業実行委員会が、著作権者不明等の場合の裁定制度を利用する際に、利用者の作業負担や処理コストを軽減し、より簡易に、かつ、権利者の権利を損なわずに円滑化する方策について実証的な検討するための検証事業を、2016年10月から2017年3月まで行うことを、2016年11月9日に発表したことが報じられています。

権利者団体が保有するデータベースでの調査を中心に、裁定制度で利用者に課されている相当の探索を行うとともに、2016年11月、2016年12月、2017年1月の3回、まとめて裁定制度の申請を行い、集中処理とすることで、一著作物あたりの処理コストを低減し、利用の円滑化をはかる実証事業と説明されています。

また、あわせて、円滑化による著作者不明著作物の利用ニーズについても各方面より現況を調査するとしています。

2017年3月には実証事業に関する報告書を作成するとともに、シンポジウムを開催し、実証事業の成果について報告することや、2017年4月以降については、裁定制度利用円滑化の事業化を目指すことが報じられています。

権利者不明著作物を使うための制度の使いやすさ向上へ、権利者団体らが実証事業(ITpro,2016/11/9)

村田町(宮城県)の歴史みらい館で、企画展「失われた建物 現れた古文書-村田町の文化財レスキューと歴史民俗資料-」が開催中

2016年10月22日から2017年1月29日まで、宮城県村田町の歴史みらい館で、企画展「失われた建物 現れた古文書-村田町の文化財レスキューと歴史民俗資料-」が開催されています。

同館が2007年から取り組んでいる文化財レスキュー、特に、東日本大震災の被害のため解体された建物からレスキューされた漆器や掛け軸、建物被害調査の中で発見された古文書などから代表的なものが展示されています。

また、2011年7月から2012年2月まで同町で実施された、文化庁による文化財ドクター派遣事業についても紹介しています。

「今月の歴史みらい館」『広報むらた おしらせばん』 2016年10月1日号 p.7
http://www.town.murata.miyagi.jp/cyosei/koho_murata/koho-murata/file/oshirase/201610.pdf

ページ