韓国

韓国出版文化産業振興院、2016年世宗図書教養部門の選定図書を発表:選定図書は公共図書館や学校図書館に配布

2016年12月2日、韓国出版文化産業振興院が、2016年世宗図書教養部門の選定図書450点を発表しました。

学会や団体の推薦を受けた専門家や読書コラムニストら88人によって選定されたもので、出版産業振興と読書文化向上を目的としています。

選定された図書は、同院が、各タイトルごとに1千万ウォン以内で購入し、それら購入された34万1千点の図書は、公共図書館や情報から疎外されている地域の学校図書館など2,700箇所に配布されます。

韓国・ソウル図書館、読書文化と地域の書店の振興を目的に「移動書店」イベントを実施中

韓国のソウル図書館が、2016年11月24日から11月27日まで、4つの区の図書館で「移動書店」イベントを実施しています。

同イベントは読書文化と地域の書店の振興を目的にしており、「近所の書店が愛した本」をテーマにした書店が推薦する書籍の展示では、購入を希望する書籍を購入用本棚から購入可能なほか、書店の店主による「書店の一日」「書店の発見」「書店の理由」をテーマとしたトークプログラムや、様々な国の言語での童話の読み聞かせなどが行われています。

[보도] 동네 서점이 지역 도서관으로 찾아온다…'움직이는 책방'(ソウル図書館,2016/11/21)
http://lib.seoul.go.kr/bbs/content/3_27412

[국내] 우리 동네 도서관에서 서점을 만나세요, ‘움직이는 책방’(韓国国立中央図書館,2016/11/28)
http://wl.nl.go.kr/1350.su?00005172 http://wl.nl.go.kr/user/0032/nd17680.do?View&uQ2=&uQ=&pageST=SUBJECT&pageSV=&page=1&pageSC

参考:
韓国、改正図書定価制の施行から2年(記事紹介)
Posted 2016年11月21日

韓国国立中央図書館、2016年度の公共図書館や図書館職員の活動に関する表彰の受賞者を発表

韓国国立中央図書館(NLK)が、2016年度の公共図書館や図書館職員の優秀な活動に対する表彰の受賞者を発表しています。

最優秀賞には、近隣地域の図書館司書と共同で、ボランティア団体を作り、特別支援学校の児童・生徒を対象に「図書館活用プログラム」を運営している大邱広域市立中央図書館の司書が選ばれています。

また、「第10回図書館先進現場の事例・論文」の優秀賞には、仁川永宗図書館の司書による論文が選ばれました。1940年代の干拓で生まれ、現在は仁川国際空港の中心となっている永宗島に関する図書、写真、口述資料(オーラルヒストリー)などを、同地域の機関や住民から、2年間で111点集めた過程を紹介したものです。

その他、「本の海」相互貸借サービス運営優秀機関、協力型オンライン知識情報サービス「司書に聞いてください」優秀機関、子ども青少年図書館発展功労者、障害者サービス優秀事例賞、無料配達郵便サービス(チェッナレサービス)優秀機関なども発表されています。

各賞は11月24日にNLKで実施される協力セミナーで授与されます。

2016년을 빛낸 도서관 & 사서(NLK,2016/11/23)

カナダ国立図書館・文書館と韓国国立古宮博物館、資料保存等に関する覚書を締結

2016年11月16日、カナダ国立図書館・文書館(LAC)と韓国国立古宮博物館が、3年間の覚書を締結しました。

写真やガラス乾板に関する保存技術調査や、最新動向の入手を目的に2015年7月に行われた業務交流を引き継ぐもので、専門家の交流やイベントの共催、貴重資料の資料保存のベストプラクティスや最新動向の共有、共同調査・研究、保存専門家の育成などを行うほか、デジタル情報源の管理について議論すると説明されています。

Collaboration agreement with the National Palace Museum of Korea in Seoul, South Korea (LAC,2016/11/18)
http://www.bac-lac.gc.ca/eng/news/Pages/mou-national-palace-museum-korea.aspx

韓国、改正図書定価制の施行から2年(記事紹介)

2016年11月20日付けの韓国・連合ニュースが、全ての書籍の割引率を定価の15%以内に制限する改正図書定価制が2014年11月21日に施行されて2年を迎えるにあたっての記事を掲載しています。

同改正は、過度の価格競争の止揚、地域の書店の活性化、出版される図書の多様化を目的に行われたものですが、図書館に関係するものでは、これまで大型書店や専門業者が独占していた、公共機関との本の販売契約に、地域の書店が同等の条件で参加できるようになったこと(韓国出版文化産業振興院の調査では、公共機関の契約の53.6%が地域の書店と締結)、図書館が購入する本にも図書定価制が適用されるため、図書館の図書購入予算の拡充が問題となっていることが紹介されています。

<도서정가제 2년> ①서점 살렸지만 책값 올라…'절반의 성공'(連合ニュース,2016/11/20)
http://m.yna.co.kr/kr/contents/?cid=AKR20161118151400005

<도서정가제 2년> ②'이해 충돌'…공급률 조정 숙제로(連合ニュース,2016/11/20)
http://m.yna.co.kr/kr/contents/?cid=AKR20161118169700005

参考:
韓国、改正図書定価制を施行
Posted 2014年11月25日

「2016ソウル市図書館地図」「2016ソウル市本屋地図」が完成し、無料での配布を開始(韓国)

2016年11月8日、韓国のソウル市図書館が、ソウル市内の図書館と書店の地図を作成し、同館ほかの公共図書館や、区役所、観光案内所での無料配布を開始しています。

「2016ソウル市図書館地図」には、表に公立図書館166館、裏面に小さな図書館等1,000館以上の図書館の、住所、電話番号、ホームページアドレス等が記載されており、同じく掲載されているQRコードを通じて、ソウル市図書館が同館ウェブサイトで公開している図書館検索サービスから詳細な情報を検索することができるようになっています。また、1枚の利用者カードで全国複数の図書館を利用できる「チェギウム」サービス加盟館についても別記されています。あわせて、外国人向けの英語版も作成されています。

「2016ソウル市本屋地図」には、市内370点以上の新刊書店や、80点の古本屋の住所や電話番号を記載しており、その他、国内の書店を紹介するリストも掲載されています。また、同じく、QRコードを通じて、ソウル市図書館が同館ウェブサイトで公開している書店検索サービスから詳細な情報を検索することができるようになっています。また、訪問した書店についてメモをすることができる欄も設けられています。

来年にはデータの改善のため、書店の全店調査を実施するほか、関連イベントも実施する予定とのことです。

韓国国立中央図書館、歌謡曲のLPレコードの調査を実施:本人の歌声か「詐称曲」か

2016年11月7日、韓国国立中央図書館(NLK)は、本人が歌ったものか、他人が本人の名を騙って歌っているもの(詐称曲)かについて、LPレコードを調査した結果を、同館のブログで公開しています。

対象は、韓国の歌手ペ・ホとナム・インスのレコードで、同館と、韓国放送公社(KBS)、ロエン・エンタテインメント、崇実大学校音響工学研究所が共同で、今年の6月から、KBSの音楽資料室が所蔵するLPレコードを調査しました。

大衆歌謡を保存・継承すべき文化遺産と考えた時、「詐称曲」を区分する必要があるとの認識のもと行われた調査で、今後、その正確な情報を示し、本人が歌う音盤と原曲を保存・提供できるようにするとしています。

ロエン・エンタテインメントが運営するウェブサイト“Melon”では、本人のものと「詐称曲」を聴き比べることができるページが設けられています。

배호, 남인수의 진짜 목소리를 찾아라(NLK,2016/11/11)
http://www.nl.go.kr/nl/commu/libnews/article_view.jsp?board_no=8852&notice_type_code=3&cate_no=0

배호, 남인수의 진짜 목소리를 찾아라(NLK,2016/11/4)

ウズベキスタン、“National Educational Electronic Library Project”のシステム開発において、韓国の企業と契約

2016年10月4日、ウズベキスタンの情報技術・通信開発省が、同国の“National Educational Electronic Library Project”のシステム開発において、韓国のIT企業LG CNS社と契約を結んだことを同社が発表しています。

同国の大統領の支援を受けたプロジェクトの1つで、マルチメディアセンター、デジタル化センター、電子図書館システム、統合型図書館データベースといった統合型図書館システムがウズベキスタン国立図書館に構築されます。

システムが完成すると、国立図書館と、国内20の地域の図書館との連携が可能となり、図書館データのデジタル化とその利用者への提供が容易になると紹介されています。

LG CNS Receives an Order for the Implementation of Digital Library System for the Uzbekistan National Library (LG CNS,2016/10/4)
https://lgcns.com/LGCNS.GHP.Main/News/NewsDetail?SERIAL_NO=1592

トルコ国立図書館、1階に「デジタルライブラリー」を開設

2016年10月25日、トルコ国立図書館の1階に「デジタルライブラリー」が開設されました。

86人の利用が可能で、タブレット、ノートパソコン、プリンター、スクリーン等が備えられています。

韓国・サムスン電子のトルコ法人が担当した事業で、ライブラリー内では、デジタル化された約2万7千点のオスマントルコ語・ペルシャ語・アラビア語の手稿類、オスマン帝国時代の逐次刊行物、1928年以降の逐次刊行物や新聞、オスマン帝国時代の新聞、絵画、映画ポスター、地図、切手、政治ポスター、レコード等を利用することができます。

MİLLÎ KÜTÜPHANE İÇERİĞİ DİJİTAL ORTAMDA(トルコ国立図書館,2016/10/25)
http://basin.kulturturizm.gov.tr/TR,164598/milli-kutuphane-icerigi-dijital-ortamda.html

Samsung Electronics Turkey Presents the Digital Library(サムスン電子,2016/10/25)
https://news.samsung.com/global/samsung-electronics-turkey-presents-the-digital-library

参考:

韓国・文化体育観光部、「2016司書就業実態調査」の結果を発表

2016年10月25日、韓国の文化体育観光部は、韓国図書館協会と共同で行った、「2016司書就業実態調査」の結果を発表しています。

同調査は、就職時の問題点、現場で必要とされる能力などを把握し、必要な人的資源の養成及び活用に関連した戦略や改善事項を検討するために実施したもので、文献情報学科の学生、現役の司書、類似の職種の従事者約1,300人を対象に7月から9月にかけて行われました。

調査からは、

・文献情報学科や専門大学の卒業者の就職率は減少傾向にある
・公共図書館の非正規職の割合が増加傾向である
・学生の就職希望先の第1位は公共図書館
・学生の志望業務の第1位は「文化プログラムの運営」
・大学のカリキュラムについて、学生は「適切である」と答える割合が高い一方、現役の司書は「不適切である」と答える割合が高い。
・追加されるべきカリキュラムとして、学生は「電子情報の組織化及びサービス」「ビックデータ分析」を、現役の司書は「文化プログラム」「広報マーケティング」を挙げる
・就職のための最も大きな問題点として、学生も現役の司書も就職情報がない点を指摘する

といった点が明らかになったとしています。

ページ