韓国

韓国のポータルサイトNaver、統計・科学技術情報を提供

韓国の大手ポータルサイトNaverは2月から、統計庁・科学技術情報研究院(KISTI)といった公的機関と連携して、一般市民への情報提供サービスを行っています。統計については、統計庁が提供している2つのシステム、同庁所蔵統計を検索する「統計情報システム」(KOSIS)と、同庁以外の機関の…

韓国・北朝鮮の天然記念物ウェブサイト

南北朝鮮の科学技術協力事業の一環として、韓国科学技術情報研究院(KISTI)と文化財庁が、北朝鮮の国家科学院中央科学技術通報社(CIAST)と共同で、南北朝鮮の天然記念物750余りのデジタルコンテンツを作成し、CD-ROMとウェブで公開しました。CD-ROMは無料配布されるとのことです。http://www.kist

韓国の小学生、69.1%がe-ラーニングの効果ありと回答

韓国教育学術情報院(KERIS)が963名の小学生を対象に行った調査によると、69.1%が効果ありと回答しています。具体的な効果としては、早く資料を習い読むことができる(46.9%)、予習復習の助けになる(24.4%)、興味の向上(11.7%)、場所の制限がない(7.2%)などが挙がっています。逆に…

韓国国立中央図書館、政策情報サービスを提供

韓国国立中央図書館が、政府部署及び機関の政策活動に必要な情報の支援と、一般国民への政策関連情報の提供の両方を目的とした政策情報サービスサイトを開設しています。政策関連の新刊案内、注目トピックの書誌・雑誌記事一覧、政策情報を提供している各機関のデータベースの紹介(リ…

韓国、ネット書店が電子ブックをおまけするサービスを開始

韓国のネット書店YES24が、ウェブサイトから本を買った読者に対し、無料でその電子版をダウンロード可能とするサービスを始めました。販売促進用の「おまけ」扱いのため、翻訳書も著作権に関わらず提供できるとのことです。対象の本は現在、韓国の本3万点、翻訳もの3千点となっています。…

韓国、出版社による自社本の買いだめが問題に

韓国では2001年、出版社が自社が刊行した本を自分で買い占めてベストセラーにするという事件がありました。このときは当該出版社が韓国出版人協会から除名されて落着したのですが、再度、同じことが起きました。無料配送サービスをしているインターネット書店を通して大量注文したり、大…

韓国の家計、本よりもタバコに注ぎ込む

韓国の家計調査によると、韓国では1世帯あたり1か月の書籍(本、雑誌、新聞)代は平均10ドルであるのに対し、タバコ代は21ドルだということが分かったそうです。Koreans Spend More on Cigarettes Than Bookshttp://times.hankooki.com/lpage/200601/kt2006010317015210220.htm

IFLA大会にあわせた韓国図書館ツアー

来年8月のIFLA韓国大会では、図書館ツアーが組まれています。登録制で参加できるようです。Library Tours, WLIC 2006, Seoul, Koreahttp://www.ifla.org/IV/ifla72/LibraryTours.htm

韓国の水原市、竣工済み子ども図書館3館が開館されず

韓国京畿道の水原市で、100億ウォン(約10億円)を越える予算を投入した3つの子ども図書館が、竣工したものの開館されない状態になっています。予告された開館日を過ぎても説明がないようですが、人とシステムが揃わないために開館できない、といった状態のようです。http://www.kyeongin.com/news

韓国、専門職採用したアーカイビスト活用されず

韓国の政府機関では、4月から7月にかけて、「記録研究士」としてアーカイビスト60人あまりを専門職採用しましたが、物品管理や文書受付、配車管理といった一般庶務などをさせられているケースが多く、有効活用されていないということがわかりました。国家記録院が実態調査を行い、早期に…

ページ