韓国

韓国のクォン・ヤンスク大統領夫人、公共図書館活性化を主張

以前から保育・教育に関心の高かったクォン・ヤンスク大統領夫人が、女性誌の記者たちとのインタビューで、公共図書館の大切さを訴えかけるとともに、IFLA大会に対する期待を示しました。特にニューヨーク公共図書館(NYPL)を賞賛し、これを扱った菅谷明子氏の「未来をつくる図書館」(…

北朝鮮でも電子図書館

ピョンヤン市のキムチェク工業総合大学に最新の電子図書館がオープンしたと韓国の新聞が写真付きで報じています。合計6.3TBの収容能力を持つサーバ群109台、435台のPC、2000席の利用スペースがあるそうです。http://www.tongilnews.com/article.asp?menuid=102000&articleid=63235

韓国映像資料院、韓国映画データベースを公開

韓国映画を国家の文化遺産として収集する国立の機関、韓国映像資料院(KOFA)が、韓国映画データベースを一般公開しました。e-ラーニングサイトも3/6にオープンします。ゆくゆくは、デジタルアーカイブも目指すようです。http://www.kmdb.or.kr/(データベース)http://www.kofaschool.or.kr/(e-ラーニング…

韓国、カードで買える本の自販機

クレジットカードやICカードで本が買える自販機が、韓国で開発されています。「立ち見機能」もついているようです。http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2006/03/02/20060302000045.html(本文は日本語)

IFLAソウル大会に向けたIFLA Express

8月のIFLAソウル大会に向けた情報誌が出ています。プログラムの予定や韓国の図書館の紹介などがあります。IFLA Express No. 1World Library and Information Congress (WLIC) 2006, Seoul, Korea http://www.ifla.org/IV/ifla72/xpress1-e-2006.pdf

韓国のポータルサイトNaver、統計・科学技術情報を提供

韓国の大手ポータルサイトNaverは2月から、統計庁・科学技術情報研究院(KISTI)といった公的機関と連携して、一般市民への情報提供サービスを行っています。統計については、統計庁が提供している2つのシステム、同庁所蔵統計を検索する「統計情報システム」(KOSIS)と、同庁以外の機関の…

韓国・北朝鮮の天然記念物ウェブサイト

南北朝鮮の科学技術協力事業の一環として、韓国科学技術情報研究院(KISTI)と文化財庁が、北朝鮮の国家科学院中央科学技術通報社(CIAST)と共同で、南北朝鮮の天然記念物750余りのデジタルコンテンツを作成し、CD-ROMとウェブで公開しました。CD-ROMは無料配布されるとのことです。http://www.kist

韓国の小学生、69.1%がe-ラーニングの効果ありと回答

韓国教育学術情報院(KERIS)が963名の小学生を対象に行った調査によると、69.1%が効果ありと回答しています。具体的な効果としては、早く資料を習い読むことができる(46.9%)、予習復習の助けになる(24.4%)、興味の向上(11.7%)、場所の制限がない(7.2%)などが挙がっています。逆に…

韓国国立中央図書館、政策情報サービスを提供

韓国国立中央図書館が、政府部署及び機関の政策活動に必要な情報の支援と、一般国民への政策関連情報の提供の両方を目的とした政策情報サービスサイトを開設しています。政策関連の新刊案内、注目トピックの書誌・雑誌記事一覧、政策情報を提供している各機関のデータベースの紹介(リ…

韓国、ネット書店が電子ブックをおまけするサービスを開始

韓国のネット書店YES24が、ウェブサイトから本を買った読者に対し、無料でその電子版をダウンロード可能とするサービスを始めました。販売促進用の「おまけ」扱いのため、翻訳書も著作権に関わらず提供できるとのことです。対象の本は現在、韓国の本3万点、翻訳もの3千点となっています。…

ページ