韓国

韓国国立中央図書館(NLK)、公共図書館660館の3年間の貸出しデータを用いて分析した科学系の書籍の貸出しに関する分析結果を発表

2018年4月10日、韓国国立中央図書館(NLK)が、4月の「科学の月」にあわせて、公共図書館660館の3年間(2015年1月から2018年2月まで)の貸出しデータ2億件をもとに分析した、科学系の書籍に関する分析結果の概要を発表しました。

・最も貸出された図書は、リチャード・ドーキンス『利己的な遺伝子』

・分野別では、数学(23%)、教養(20%)、生命科学(14%)の順で貸出しが多い。

・SF小説の貸出しでは英米の作家の作品が全体の66.6%を占める。韓国の作家の作品は20%。
※日本人作家では、田中芳樹『銀河英雄伝説』、東野圭吾『虹を操る少年』が貸出しの多い作品として紹介されています。

韓国国立中央図書館(NLK)、韓国教育学術情報院(KERIS)と覚書を締結:障害者向け図書館資料無料郵送貸出サービスの改善及びISNIコンソーシアムへの参加

韓国国立中央図書館(NLK)が、韓国教育学術情報院(KERIS)との業務協約に関する覚書の締結を発表しています。

締結日は2018年4月6日で、既存の業務協約を補完・改善する事を目的としており、障害者のための図書館資料無料郵送貸出サービス(책나래)の改善、及び、KERISのISNIコンソーシアムへの参加が主な内容です。

障害者のための図書館資料無料郵送貸出サービスでは、これまで、大学図書館の所蔵資料は公共図書館経由で借りることができましたが、今後は、大学図書館から直接自宅に資料が郵送されます。

また、NLKが運営するISNIコンソーシアムへのKERISの参加は、KERISが管理している学術資料の著作者にISNIを付与することで、韓国の学術資料へのウェブ上でのアクセスを向上させることが目的です。

韓国国立中央図書館(NLK)、読書振興を目的に作成した動画4本を順次オンラインで公開

韓国国立中央図書館(NLK)が、読書振興を目的とした動画「読書、国立中央図書館司書と読む」を作成し、2018年3月23日から、同館ウェブサイトや公式Facebook・Youtubeチャンネルで公開しています。

2018年2月に公開された読書調査で成人の10人中4人が1年間で1冊も本を読んでいなかったことが明らかになったことや、NLKでは2018年を「本の年」としていることから、読書振興を目的に作成されたものです。

NLKの司書と読書家でもある元・韓国MBCアナウンサーが、NLKの司書が紹介する人文科学・文学・社会科学・自然科学に関する本の話をしたり、NLKのサービスや書庫等の紹介を行なう内容となっています。動画は4本作成されており、4月13日までの毎週金曜日に1本づつ公開されます。

韓国・ソウル特別市、1枚の図書館カードで全国の図書館を利用できるサービスの対象館を拡大

2018年3月14日、韓国・ソウル特別市のソウル図書館が、1枚の図書館カードで全国の図書館での貸出しサービスを利用できる対象館を拡大したと発表しています。

韓国・文化体育観光部が実施する同サービスに、同市からは2017年時点で115館が参加していましたが、今回200館に拡大されます。

同サービスに登録すると、全国の参加館で15日間20冊の資料の貸出が可能です。

また、2018年、同市では、128の公共図書館と「小さな図書館」が同サービスを導入できるようシステム構築支援を実施することもあわせて発表しています。

報道によると同サービスには全国から1,000館が参加しているとのことです。

(석간) 서울시, “회원증 하나로 서울 200개 도서관 자유롭게 이용하세요”(서울도서관,2018/3/14)
http://spp.seoul.go.kr/main/news/news_report.jsp#view/252998/466

韓国国立中央図書館(NLK)、公共図書館660館の3年間の貸出しデータを用いて行った保護者に人気のある教育関連の書籍の分析結果を発表

2018年3月2日、韓国国立中央図書館(NLK)が、韓国の新学期が3月から始まるのにあわせ、保護者に人気のある教育関連の書籍の分析結果を発表しています。

公共図書館用のビックデータ分析プラットフォーム“도서관 정보나루”(図書館情報の渡し場)を用いて、2015年1月から2017年12月にかけての、全国の660の公共図書館の貸出しデータ1億9,300万件を用いて分析したものです。

NLKからの発表では、貸出数上位10冊のほか、人気のある書籍を分析した結果として「子ども」「自信」「必要」「お母さん」「両親」「愛」「幸福」などが重要なキーワードであったことが紹介されています。一方で「お父さん」「夫婦」といったキーワードの登場頻度は少なかったとのことです。

また、保護者の教育関連の人気貸出し図書上位30位中における、30代・40代の女性への貸出しの割合が66.7%を占めたこと、時期的には各学期が始まる3月と8月に若干貸出しが増加するが全体的には平均的に貸出しされていること、教育関連の書籍が他分野に比べて特に人気があるわけではないこと、等が紹介されています。

韓国国立中央図書館(NLK)、「大韓民国新聞アーカイブ」の機能強化を発表

2018年3月2日、韓国国立中央図書館(NLK)が、2月28日から「大韓民国新聞アーカイブ」の検索機能と可視化機能を強化したと発表しました。

時代別・テーマ別の観点で資料をキュレーションできる機能などが設けられています。

2018年4月からは韓国言論財団が運営する新聞記事データベースBIGKindsにおいて「大韓民国新聞アーカイブ」と連携した新聞記事検索サービスが開始予定であることが紹介されています。

1950년 이전 신문 기사와 도서 검색을 한번에(NLK,2018/3/2)
http://www.nl.go.kr/nl/commu/libnews/article_view.jsp?board_no=9481&notice_type_code=3&cate_no=0

韓国・教育部と韓国教育学術情報院(KERIS)、2017年の大学図書館統計を公開

2018年2月5日、韓国・教育部が韓国教育学術情報院(KERIS)と共同で、「2017年大学図書館統計分析」を公表したと発表しています。

全国423の大学図書館の蔵書数、利用状況、資料購入費などといった図書館運営の現況調査を行なったもので、教育部が毎年実施しています。

発表されている結果の概要は以下の通りです。

・在学生1人当たりの所蔵冊数は64冊(4年制:72冊、専門大学:33冊)
・在学生1人当たりの貸出冊数は6.5冊で毎年減少。
・在学生1人当たりの電子ジャーナル・電子書籍等の利用は261.7回で毎年増加(2013年比177%増)
・在学生1人当たりの資料購入は10万1,000ウォン(前年比4.1%増)

韓国のISNIコンソーシアム“ISNI-KOREA”、ウェブサイトを公開

2018年2月1日、韓国国立中央図書館(NLK)や著作権管理団体等13団体で構成される、韓国の国際標準名称識別子(ISNI)コンソーシアム“ISNI-KOREA”がウェブサイトを公開しました。

ウェブサイトでは加盟各団体が保有する著作者情報が提供されるとともに、図書目録や著作物使用の際の問い合わせ先といった著作物関連情報も掲載されています。

피겨여왕 김연아’와 관련된 전세계 창작물을 한눈에(NLK,2018/1/26)
http://www.nl.go.kr/nl/commu/libnews/article_view.jsp?board_no=9444&site_code=nl&notice_type_code=3&currentPage=0&srch=&searchWord=&cate_no=0

【イベント】アジア圏文化資源研究開拓プロジェクト国際ワークショップ「東アジア木版文化研究とデジタル・ヒューマニティーズの可能性」(2/28-3/1・京都)

2018年2月28日と3月1日、京都市の立命館大学アート・リサーチセンターにおいて、同センターのアジア圏文化資源研究開拓プロジェクト等主催の国際ワークショップ「東アジア木版文化研究とデジタル・ヒューマニティーズの可能性」が開催されます。

同センターの日本文化デジタルアーカイブの手法や技術を、アジア圏の様々な文化・芸術研究に応用することで研究を進展させることを目的としたアジア圏文化資源研究開拓プロジェクトの一環です。

シンポジウムは、「東アジアの木版文化」をテーマに、日本・中国・韓国・ベトナムの研究者が各国の研究状況を報告するとともに、各国間でどのような研究交流が可能か、いかにその基盤を構築するか、現在および今後の研究においてデジタル・ヒューマニティーズ手法がどのように作用するかを議論し、研究交流のレベルを進歩させることを目的に開催されます。

参加には、事前の申し込みは不要で、参加費も無料です。

内容は以下の通りです。

2月28日
session1 
立命館大学ARCにおける東アジア文化資源研究とデジタルアーカイブ活動

西林孝浩氏(立命館大学教授)
「アジア圏文化資源研究開拓プロジェクトの概要」

韓国国立中央図書館(NLK)・韓国科学技術情報院(KISTI)、公共図書館660館の2017年の貸出しデータの分析結果を公表

2018年2月7日、韓国国立中央図書館(NLK)と韓国科学技術情報院(KISTI)が共同で、全国の公共図書館660館の2017年の貸出しデータ約5,700万件分の分析結果を公開しました。

公共図書館用のビックデータ分析プラットフォーム“도서관 정보나루”(図書館情報の渡し場)を用いて分析されたもので、NLKからの2月8日付けの発表では、結果概要が以下のように紹介されています。

・最も貸出された図書は、ブッカー賞を受賞した韓江氏の『菜食主義者』。
※上位10冊のなかに東野圭吾氏の『ナミヤ雑貨店の奇蹟』が含まれています。

・作品・作家のテレビ等のメディアでの露出度や、フェミニズムや大統領の弾劾・選挙といった社会的・政治的問題が貸出冊数の増加に影響。

・性別では6対4の割合で女性による貸出しが多く、40代女性(22.3%)、40代男性(12.2%)、30代女性(11.3%)、小学生女子(8.9%)、小学生男子(8.7%)の順で貸出し冊数が多い。

ページ