電子資料保存

Internet Archive(IA)・Code for Science & Society(CSS)・カリフォルニア電子図書館(CDL)、分散協調型ネットワークによるデータ共有及び保存に関するパイロットプロジェクトを実施

2018年6月5日、Internet Archive(IA)は、Code for Science & Society(CSS)及びカリフォルニア電子図書館(CDL)と共同で、データ共有及び保存に関するパイロットプロジェクトを実施すると発表しました。

分散協調型のネットワークによるデータ共有サービスの促進が、データの保存、ストレージコストの抑制、複製回数の増進を確かにすることを示す事が目的で、CSSが開発したDat ProtocolやCDLが提供するオープンデータを用いて、分散技術が既存の基盤を強化する可能性を実証する概念実証(proof-of-concept)等が行われます。

国際図書館連盟(IFLA)、デジタル遺産の長期保存のためのガイドラインのフランス語・ドイツ語・アラビア語・リトアニア語・スペイン語版を公開

2018年2月21日、国際図書館連盟(IFLA)は、デジタル遺産の長期保存のためのイニシアチブであるUNESCO PERSISTプロジェクトが2016年3月に公開したガイドライン“The UNESCO/PERSIST Guidelines for the selection of digital heritage for long-term preservation”のフランス語版、ドイツ語版、アラビア語版、リトアニア語版、スペイン語版を公開しました。

PERSIST Guidelines for digital heritage available in six languages(IFLA,2018/2/21)
https://www.ifla.org/node/28961

参考:
ユネスコ等の"UNESCO PERSIST"プロジェクトが、MLA向けデジタル遺産保存のガイドラインを公開
Posted 2016年3月15日
http://current.ndl.go.jp/node/31009

北米研究図書館協会(ARL)、ソフトウェアの保存とフェアユースに関する報告書を公開

2018年2月9日、北米研究図書館協会(ARL)が、報告書“The Copyright Permissions Culture in Software Preservation and Its Implications for the Cultural Record”を公開しました。

ソフトウェアの保存とアクセスを実現するためのフェアユースの採用についてのベストプラクティスに関する保存専門家間の共通理解を展開させることを目的に作成されたもので、フェアユースの合意的な見解を示すことで法的な不明瞭な点を解消することを目的に2018年秋に公開予定の“Code of Best Practices in Fair Use for Software Preservation”に関する情報を提供しています。

国際図書館連盟(IFLA)、欧州文化遺産年(2018年)を受けて、図書館での取り組み方をまとめたブリーフィングペーパーを公開

2018年2月8日、国際図書館連盟(IFLA)が、2018年が欧州文化遺産年(European Year of Cultural Heritage)であることを受けて、図書館での取り組み方をまとめたブリーフィングペーパーを公開しました。

欧州各国の図書館が日々行なっている、手稿類からボーンデジタル資料までの文化遺産保存の取組や、文化遺産の利用に関する新しい方法の開発に関する取組を理解してもらい、法的にも財政的にもこの取組を効果的に実行し続けるための支援を受けるための好機であるとし、“Engagement”、“ Sustainability”、“Protection”、“Innovation”という欧州文化遺産年の4つのテーマと図書館の諸活動の関係について示すとともに、この好機を生かすための5つの事項を提案しています。

European Year of Cultural Heritage - Briefing for Libraries(IFLA,2018/2/8)
https://www.ifla.org/node/27027

国際図書館連盟(IFLA)、資料保存のために各機関が用いている基準・ガイドライン等のアンケート調査の分析結果を公表

2018年2月5日、国際図書館連盟(IFLA)が、所蔵資料の保存のために各機関が基準・ガイドライン・ベストプラクティスに関するアンケート調査の分析結果の報告書を公表しました。

調査は2016年に実施され、寄せられた400以上の回答は2017年にIFLAのウェブサイトで公開されましたが、今回、寄せられた情報を分析し公表したものです。

IFLA survey on preservation standards, guidelines, and best practices(IFLA,2018/2/5)
https://www.ifla.org/node/26414

国際音声・視聴覚アーカイブ協会(IASA)、視聴覚資料の保存に関するガイド“The Safeguarding of the Audiovisual Heritage”(IASA-TC 03)の第4版を公開

2018年1月30日、国際音声・視聴覚アーカイブ協会(IASA)が、視聴覚資料の保存の専門的方法についての、視聴覚資料のアーキビスト向けのガイド“The Safeguarding of the Audiovisual Heritage: Ethics, Principles and Preservation Strategy” (IASA-TC 03)の改定版を公開しました。

視聴覚資料の保存に関するコミュニティにおいて重要な資料として国際的に認められているものの第4版です。今回の改定では、ボーンデジタル資料の拡大や動画の保存について取り扱っています。

Landmark AV preservation document revised and republished(IASA,2018/1/30)
https://www.iasa-web.org/notice_board/landmark-av-preservation-document-revised-and-republished

【イベント】国際シンポジウム「不可能への挑戦 形のないアートを保存する ー博物館におけるパフォーミングアーツとメディアアーツのアーカイブと展示を巡ってー」(2/22・東京)

2018年2月22日、早稲田大学において、早稲田大学演劇博物館等主催の国際シンポジウム「不可能への挑戦 形のないアートを保存する ー博物館におけるパフォーミングアーツとメディアアーツのアーカイブと展示を巡ってー」が開催されます。

近年、博物館で問題となっているパフォーミングアーツやメディアアーツの分野におけるオリジナルの作品の保存方法について、国内外の博物館などから専門家を招き、保存の困難なアートをどのようにアーカイブし、展示していくかについて検討するものです。

参加費は無料ですが、定員は90人(先着順)で、事前の申し込みが必要です。

内容は以下の通りです。

・司会 岡室美奈子氏(早稲田大学演劇博物館館長)

【第一部 各館における取組みについて ―発表―】
・「パフォーマンスを保存する ―演劇をアーカイブするためのストラテジー―」
エリックコリアリー(Eric Colleary)氏(テキサス大学オースティン校ハリーランサムセンター 演劇&パフォーミングアーツ・キュレーター)

2017年11月30日は、“International Digital Preservation Day”

英国の電子情報保存連合(DPC)が、2017年11月30日に、“International Digital Preservation Day”を実施すると発表しています。

今回が初開催で、デジタル保存の課題を構成する戦略的・文化的・技術的課題への理解を高めるための1つの方法として、電子資料の長期保存を目指す非営利団体“Open Preservation Foundation”(OPF)やICPSR等のデジタル保存関係団体の支援を受けて実施されます。

デジタル保存関係者が、DPCのブログ記事へのコメントの投稿や、Twitterやinstagramへのハッシュタグ“#IDPD17”を用いての投稿等を通じて、各々の“Digital Preservation Day”を紹介するよう呼びかけられています。

Save the Date: International Digital Preservation Day - 30th November 2017(DPC,2017/8/3)
http://www.dpconline.org/news/save-the-date-idpd-2017

国際図書館連盟(IFLA)、IFLAの資料保存関連の業務を紹介するパンフレット“Preserving Cultural Heritage”を公開

2017年8月23日、国際図書館連盟(IFLA)が、IFLAの資料保存関連の業務を紹介するパンフレット“Preserving Cultural Heritage”を公開しました。

図書館内外にIFLAの資料保存関連の業務を知ってもらうために作成されたもので、現在、英語版、フランス語版、スペイン語版、ドイツ語版、ロシア語版、中国語版、アラビア語版が公開されています。

Preserving, Protecting, Promoting: IFLA launches new guide to its Cultural Heritage work(IFLA,2017/8/23)
https://www.ifla.org/node/11597

Internet Archive、マッキントッシュの初期モデルのソフトウェアをエミュレートしたコレクション“Software Library: Macintosh”を公開

2017年4月16日、Internet Archive(IA)が、アップル社のマッキントッシュの初期モデルのソフトウェアをエミュレートしたコレクション“Software Library: Macintosh”を公開しました。

1984年から1989年までに発表されたアプリケーション、ゲーム、OSから選定された43のソフトが公開されています。

Early Macintosh Emulation Comes to the Archive(IA,2017/4/16)
http://blog.archive.org/2017/04/16/early-macintosh-emulation-comes-to-the-archive/

Software Library: Macintosh(IA)
https://archive.org/details/softwarelibrary_mac

ページ