公立図書館

島根県立図書館、「キラキラしまね笑顔で読み聞かせフォトコンテスト」の作品募集中

2015年6月1日から10月31日まで、島根県立図書館が「キラキラしまね笑顔で読み聞かせフォトコンテスト」の作品を以下の2部門で募集しています。

・一般部門
読み聞かせをしてもらっている子どもが被写体となる作品、または子どもとその周りの大人が被写体となる作品

・読みメン部門
お父さん、おじいさんといった男性と、読み聞かせをしてもらっている子どもが被写体となっている作品

応募資格が島根県在住者に限るとのことです。

最優秀賞、優秀賞、審査員特別賞、佳作の各賞があり、12月頃、入賞された方に直接連絡するとともに、入賞作品については、島根県立図書館ホーム
ページ、子育て情報誌等で公表するとのことです。

キラキラしまね笑顔で読み聞かせフォトコンテスト 作品募集!(島根県立図書館)
http://www.library.pref.shimane.lg.jp/?page_id=477#photo
http://www.library.pref.shimane.lg.jp/?action=common_download_main&upload_id=1684
※チラシ
http://www.library.pref.shimane.lg.jp/?action=common_download_main&upload_id=1685
※ポスター

千葉市中央図書館×そごう千葉店三省堂書店「夏休み大作戦~自由研究課題解決と古代組みひも作り~」を実施(8/1)

2015年8月1日、千葉市中央図書館と、そごう千葉店三省堂書店が、千葉そごう2階パルパティオにおいて、「夏休み大作戦~自由研究課題解決と古代組みひも作り~」を実施するとのことです。

対象は小学生で、料金は無料、定員は午前・午後の各回15名(当日先着順)とのことです。

内容は、自由研究のテーマ設定のヒントやまとめについて、千葉市小学校の理科の教諭が小学生の相談に答える自由研究相談会と、古代くみひも作りとのことです。

千葉市中央図書館×そごう千葉店三省堂書店「夏休み大作戦~自由研究課題解決と古代組みひも作り~」(2015/7/30)
http://www.library.city.chiba.jp/news/news855.html

イングラント芸術評議会、2016年3月までに英国の全ての公共図書館での無料Wifi接続を可能とするために710万ポンドを提供

イングラント芸術評議会(Arts Council England:ACE)が2016年3月までに英国の全ての公共図書館での無料Wifi接続のために710万ポンドを提供すると発表しています。

地方自治体は専用のポータルサイトから申し込むことで、現在無料のWifiを提供していない図書館は優先的に、古い技術仕様で提供しているところではアップグレードの機会が与えられるとのことです。

今回の業績は、英国文化・メディア・スポーツ省と地方自治体協会によって設立された、Libraries TaskForceによるものとのこです。

Libraries Taskforce secures further funding to roll out free wifi in public libraries across England(GOV.UK,2015/7/28)
https://www.gov.uk/government/news/libraries-taskforce-secures-further-funding-to-roll-out-free-wifi-in-public-libraries-across-england

参考:
公共図書館における無線LAN導入状況(英国)
Posted 2006年9月25日

伊那市立伊那図書館、キニナルあの人のキニナル本「私の本箱×Ina Public Library」を実施

2015年7月15日、伊那市立伊那図書館、キニナルあの人のキニナル本「私の本箱×Ina Public Library」を実施すると発表しています。

伊那市市内で、各々の分野で活躍されている人が作る本箱を展示(本との関わりの作文付き)していくもの、本を通して「人」を知り、「仕事」を知り、「地域」のことを考えるきっかけになればと思い開始するとのことです。

リレー形式でつないでいくとのことで、第1回は「山の日」にちなんで、西駒山荘管理人・宮下拓也氏の本箱ということです。

キニナルあの人のキニナル本「私の本箱×Ina Public Library」本が人と人をつなげていきます。(伊那市教育委員会,2015/7/15)
http://www.city.ina.nagano.jp/koho/pressrelease/pressrelease_201507/PR270717.files/PR27071702.pdf

県内図書館情報 伊那市立伊那図書館「私の本箱×Ina Public Library」(県立長野図書館,2015/7/30)
http://www.library.pref.nagano.jp/event_1507ina

西駒山荘
http://www.ina-city-kankou.co.jp/nkss/

参考:

恵庭市立図書館、図書館利用サービス向上のため、コーヒー販売の実証実験を実施

恵庭市立図書館では、図書館利用サービス向上のため、2015年7月25日、29日、8月2日、8月9日にコーヒー販売の実証実験を実施するとのことです。

図書館での物販事業の事業化の検討材料のための実証実験との位置づけで、移動販売車が来館し、ホットコーヒー・アイスコーヒーやクッキーなどを販売するとのことです。

コーヒーの移動販売車が来ます(恵庭市)
http://www.city.eniwa.hokkaido.jp/www/contents/1437440638273/index.html

恵庭市立図書館で限定試行 コーヒー販売車登場(苫小牧民報,2015/7/28)
http://www.tomamin.co.jp/20150728384

参照:
本を通じて交流を図る「本de恋活❤恋の本咲かせましょ」が恵庭市立図書館で開催
Posted 2015年6月26日
http://current.ndl.go.jp/node/28765

恵庭市立図書館、本の冒頭部分(まくら)のみを印刷した紙で本を包む、特別展示「本の枕(まくら)」を開催
Posted 2015年5月25日
http://current.ndl.go.jp/node/28534

Library of the Year 2008優秀賞の恵庭市立図書館の活動

岐阜県産業経済振興センター、ビジネスチャレンジ相談窓口を岐阜市立中央図書館に開設

岐阜県産業経済振興センターは、岐阜県内に立地する中小企業・小規模事業者の方が抱える経営課題の解決と夢の実現について、相談利用時の利便性を向上させるため、岐阜市と共催し、サテライト相談所「ビジネスチャレンジ相談窓口」を岐阜市立中央図書館レファレンスカウンターに開設するとのことです。

開設日は8月6日(木)で、以後、毎週木曜日の14:00から19:30まで利用可能とのことです。

【ビジネスチャレンジ支援相談窓口 開設のご案内】岐阜市立中央図書館に8月6日(木)開設!(岐阜県産業経済振興センター)
http://www.gpc-gifu.or.jp/topics/2015072901/index.asp

【イベント】十勝東部の4町の図書館(4館)、合同で「図書館たなばたまつり」を開催(8/1-9・北海道)

2015年8月1日から9日まで、北海道十勝地方の浦幌町立図書館、幕別町図書館、池田町立図書館、豊頃町図書館の4館が合同で、「図書館たなばたまつり」が開催されます。

共同で開催されるイベントは、

・ストレスチェック
 ストレス測定器を設置し、ストレス度を測定。ストレスに関する本なども展示。
・七夕プレゼント
 浴衣や甚平、もしくは星がモチーフになっているものを持参すれば、この期間だけのプレゼントを贈呈。
 また、期間中の一部の日に図書館職員が浴衣を着用。
・「にゃんともかんとも すごろく」
 猫がテーマの、すごろくになった図書館クイズに答えると達成カード、4館すべてをまわるとさらにプレゼントを贈呈。

で、期間中のみならず、期間の前後にも一部イベントや、各館独自のイベントが開催されます。

七夕の8月7日は浦幌町立図書館が主な会場となり、20時まで開館時間が延長されるようです。

なお、落語家・瀧川鯉朝の「七夕落語会」も各館で開催され、これは「ストレスチェック」とあわせ、図書館を核にした地域づくりについて提案し、地域のための図書館づくりをサポートする「図書館と地域をむすぶ協議会」のモデル事業として開催されるものとのことです。

図書館たなばたまつり開催(東部4町合同イベント)(浦幌町立図書館, 2015/8/7)

子ども向けの学校図書館・地域の図書館の使い方、夏休みならではの図書館の楽しみ方について(記事紹介)

ベネッセ教育総合研究所は、「教育ニュース」で、「本を借りるだけではもったいない! 図書館の使い方」と題した前後編の記事を、2015年7月14日と28日付で配信しています。

筆者は帝京大学の鎌田和宏教授で、前編では、学校の図書館や地域の図書館の上手な利用のしかたについて、学校の図書館と地域の図書館の違いとともに解説されています。また、後編では、夏休みならではの図書館の楽しみ方について、紹介されています。

本を借りるだけではもったいない! 図書館の使い方【前編】(Benesse教育情報サイト, 2015/7/14)
http://benesse.jp/blog/20150714/p1.html

本を借りるだけではもったいない! 図書館の使い方【後編】(Benesse教育情報サイト, 2015/7/28)
http://benesse.jp/blog/20150728/p1.html

参考:
国立国会図書館、キッズページに新コンテンツ「しらべもの」を追加
Posted 2011年8月10日
http://current.ndl.go.jp/node/18847

E1253 - 小学生の“調べる”をお手伝い―国際子ども図書館子どもOPAC
カレントアウェアネス-E No.208 2012年1月19日

大阪市立図書館、第5回One Book One OSAKAの出張投票を実施

大阪市民が選ぶ「大阪市の1冊の絵本」を決定する取組みである第5回“One Book One OSAKA”では、インターネット又は大阪市立図書館全館に置かれた投票用紙を通じて投票を受付中ですが、以下の通り、出張投票を実施するとのことです。

・「文紙MESSE2015 文具ワンダーランドⅥ」
2015年8月6日・7日、マイドームおおさかにて開催。会場2階に図書館コーナーが開かれ、イベントに出展されるメーカーさんの楽しい文房具や新製品などを使って投票することができるとのことです。入場無料とのことです。

・「明治安田生命J2リーグ 第29節 FC岐阜戦」
2015年年8月15日、19時キックオフ。
セレッソ大阪のホームゲーム、キンチョウスタジアム内で投票ができるとのことです。試合の観戦には、別途チケット(有料)が必要です。

・「夏休み!こども冒険博Ⅱ」
2015年8月1日から16日まで、インテックス大阪にて開催。
会場内のえほんのひろばで投票ができるとのことです。別途入場料が必要とのことです。

出張!OneBookOneOSAKA投票コーナーのご案内(大阪市立図書館,2015/7/28)
http://www.oml.city.osaka.lg.jp/?page_id=878

文紙MESSE2015 文具ワンダーランドⅥ

【イベント】京都府など、国際京都学シンポジウム「時の詩(うた)―京都の記憶を世界へ―」を開催(9/19・京都)

2015年9月19日、京都府、舞鶴市、京都府立大学、京都新聞などが主催する国際京都学シンポジウムの第1回、「時の詩(うた)―京都の記憶を世界へ―」が京都劇場を会場に開催されます。

国宝「東寺百合文書」と「シベリア抑留や引き揚げに関する資料」がユネスコ世界記憶遺産の登録候補となっていることをうけ、歴史資料が語り継ぐ記憶に焦点をあて、価値や意義を問い、資料群の保存や活用の未来像などについても迫るものとのことです。

講師とプログラムは以下予定されています。
●能『屋島』(観世流能楽師・河村晴久氏)
●基調講演「世界と京都の記憶遺産」(近藤外交・文化研究所代表、前文化庁長官・近藤誠一氏)
●記念講演「人間の暮らしと記憶」(直木賞作家・髙村薫氏)
●鼎談「歴史を刻む、未来へ伝える」(司会:京都府特別参与、京都大学名誉教授・金田章裕氏と上記3名)

定員は600名で、事前申込制、8月10日まで受付けているとのことです。

また、10月12日には第2回として「東寺百合文書の現在と未来」、第3回として「港を行き交う記憶― 舞鶴引き揚げ資料から ―(仮)」が開催する予定とのことです。

文化スポーツ部 文化政策課(京都府 ※2015/7/14付で「新着情報」に「国際京都学シンポジウム『時の詩(うた)―京都の記憶を世界へ―』9月開催のお知らせ」とあります。)

ページ