公立図書館

神奈川県立図書館、『神奈川県立図書館60年の歩み』の本編とビジュアル版をホームページで公開

神奈川県立図書館が2014年10月に発行した『神奈川県立図書館60年の歩み』の本編と、画像や写真を中心とした『神奈川県立図書館 60年の歩み ビジュアル版』がホームページで公開されたようです。

本編には、最近10年間のトピックス等が掲載され、電子版のみ発行のビジュアル版には、約150点の写真とコメント付画像で見る県立図書館の歴史、特色あるコレクション、展示・イベントポスター等が見やすく掲載されているそうです。

神奈川県立図書館 60年の歩み:本編/ビジュアル版(神奈川県立の図書館)
http://www.klnet.pref.kanagawa.jp/information/60aniv.htm

神奈川県立図書館 60年の歩み:本編(PDF:1.93MB)
http://www.klnet.pref.kanagawa.jp/information/pdf/60kinenshi.pdf

神奈川県立図書館 60年の歩み:ビジュアル版(PDF:11.83MB)
http://www.klnet.pref.kanagawa.jp/information/pdf/60kinenshi_visual.pdf

参考:
神奈川県立図書館、「写真・家具・図書館用品が語る60年の歴史」を開催
Posted 2014年10月24日

歴史資料検索閲覧システム“ADEAC”で、デジタル化した浜松市の地域資料を公開

2014年10月30日、TRC-ADEAC株式会社の歴史資料検索閲覧システムADEACで『浜松市文化遺産デジタルアーカイブ』が公開されました。

浜松市立図書館・博物館・美術館が所蔵する浜松市に関連する歴史資料を中心にデジタル化したようです。

今後、『浜松市史』(通史編)全5巻をすべてテキスト化して公開する予定もあるようです。

ADEACで『浜松市文化遺産デジタルアーカイブ』が公開されました(TRC、2014/10/30)
http://www.trc.co.jp/information/141030_hamamatsu.html

浜松市文化遺産デジタルアーカイブ
https://trc-adeac.trc.co.jp/WJ11C0/WJJS02U/2213005100

カーリルとNPO法人共同保存図書館・多摩が共同研究の協定を締結

公立図書館が処分する本の中から、多摩地域で1冊だけは残して保存し、地域の図書館を通じて提供する仕組みづくりをすすめている共同保存図書館・多摩(多摩デポ)とカーリルが2014年10月29日に共同研究の協定を締結したと発表しています。

多摩デポで、どの本が多摩地区で最後の一冊なのかを調査したりする際に、カーリルのデータを活用するなど、様々な共同研究を進めていくようです。

共同保存図書館・多摩との共同研究に取り組みます(カーリルのブログ、2014/10/30)
http://blog.calil.jp/2014/10/blog-post.html

NPO法人共同保存図書館・多摩
http://www.tamadepo.org/

岩手県立図書館が郷土雑誌の震災関連記事索引を公開

2014年10月28日、岩手県立図書館が震災関連の雑誌記事索引を公開しました。

岩手県立図書館が郷土資料として所蔵する雑誌のうち、平成23年3月から平成25年3月に発行された巻号を対象に、東日本大震災に関連する記事を中心にして採録を行なったものだそうです。

雑誌記事索引を掲載しました(岩手県立図書館東日本大震災情報ポータル、2014/10/28)
https://www.library.pref.iwate.jp/0311jisin/index.html

雑誌別記事索引
https://www.library.pref.iwate.jp/0311jisin/magindex/index.html

鳥取県立図書館「ホンとに役立つ鳥取県立図書館活用術~手話・字幕付図書館紹介DVD」を作成・公開

2014年10月28日、鳥取県立図書館が作成した「ホンとに役立つ鳥取県立図書館活用術~手話・字幕付図書館紹介DVD」が、同図書館のホームページでも公開されました。

図書館の様々なサービスや機能、コーナーなどを手話と字幕付きの映像で紹介しているようです。

【ニュース】「ホンとに役立つ鳥取県立図書館活用術~手話・字幕付図書館紹介DVD」を作成しました!(H26.10.28)(鳥取県立図書館、2014年10月28日)
http://www.library.pref.tottori.jp/hp/menu000002900/hpg000002888.htm

静岡県立中央図書館、『静岡県の絵葉書目録』(第1期)改訂版を公開

2014年10月、静岡県立中央図書館が、所蔵する絵葉書コレクション『静岡県の絵葉書』の目録『静岡県の絵葉書目録』(第1期)の改訂版を公開したようです。

1992年に発行した目録の改訂版で、検索をより便利にするため以下のような改定がされているそうです。

・全体的なレイアウト変更
・外袋・シリーズ名・アルバム名の追加
・記載事項の表記の見直し
・平成26年10月現在の自治体名に対応
・『静岡県の絵葉書〔付〕静岡県外の絵葉書等』を削除

『静岡県の絵葉書』は主に戦前に発行された同図書館で所蔵する静岡県内の絵葉書のコレクションだそうです。

静岡県の絵葉書目録(第1期)を改訂しました(静岡県立中央図書館)
http://www.tosyokan.pref.shizuoka.jp/contents/t-search/ehagakimokuroku.html

PDF版(2.1MB)
http://www.tosyokan.pref.shizuoka.jp/data/open/cnt/3/2692/1/ehagakimokuroku.pdf

EXCEL版(500KB)
http://www.tosyokan.pref.shizuoka.jp/data/open/cnt/3/2692/1/ehagaki_koukai.xlsx

参考:

アジア歴史資料センター、英国図書館(BL)と共同でインターネット特別展「描かれた日清戦争」を公開

2014年5月27日、国立公文書館アジア歴史資料センターと英国図書館が共同で企画・制作した、インターネット特別展「描かれた日清戦争 錦絵・年画と公文書」が公開されました。英国図書館が所蔵する日清戦争関係の版画コレクションとアジア歴史資料センターの公開する日清戦争の関係資料とをあわせて紹介し、日清戦争という出来事を、当時の人々がどのように描き、どのように記したのかをみていくものとのことです。

この共同企画の試みは、EAJRS(European Association of Japanese Resource Specialists:日本資料専門家欧州協会)での両機関の交流から生まれたものとのことです。

描かれた日清戦争 ~錦絵・年画と公文書~(アジア歴史資料センター)
http://www.jacar.go.jp/jacarbl-fsjwar-j/index.html

イントロダクション
http://www.jacar.go.jp/jacarbl-fsjwar-j/intro/index.html

大英図書館所蔵日清戦争関係版画類
http://www.jacar.go.jp/jacarbl-fsjwar-j/gallery/index.html

参考:

「日本のMLA連携の方向性を探るラウンドテーブルII」開催(2010年6月・東京)

NPO法人「知的資源イニシアティブ(IRI)」が主催する「日本のMLA連携の方向性を探るラウンドテーブル」の第2回が、2010年6月に開催されます。ミュージアム(Museum)・図書館(Library)・文書館(Archives)の連携に関し、2009年10月の第1回で提示された論点を整理し、具体的な改善・振興策を論議することで、現実の連携促進に向けた政策的提言を行うとのことです。資源管理、人材養成、資金獲得、資源活用等の具体的な促進政策案の提示を目指すとのことです。

日本のMLA連携の方向性を探るラウンドテーブル II
http://www.iri-net.org/forum/mlart02.html

参考:
「日本のMLA連携の方向性を探るラウンドテーブル」開催(10月・東京)
http://current.ndl.go.jp/node/14501

Googleがフランスのリヨン市立図書館の蔵書のデジタル化を開始

Google社が、フランスのリヨン市立図書館の蔵書のデジタル化作業を開始したと報じられています。フランス有数の規模である同図書館はGoogle社によるデジタル化について2008年に合意しており、16-19世紀の資料などのパブリックドメインの資料約50万冊が10年以内にデジタル化されるようです。なお、記事では先日サルコジ大統領が表明した「官民パートナーシップによるデジタル化」についても言及しており、その提携相手がGoogle社ではないかという識者の見解も紹介されています。

Google gets digital foothold in France(2009/12/20付けYahoo! News(AFP)の記事)
http://news.yahoo.com/s/afp/20091220/tc_afp/franceusinternetcompanygoogle

Google Begins Scanning Books from Municipal Library of Lyon, France(2009/12/22付けResourceShelfの記事)
http://www.resourceshelf.com/2009/12/22/google-begins-scanning-books-from-municipal-library-of-lyon-france/

米国の官報(Federal Register)、XMLフォーマットでの提供を開始

2009年10月5日から、米国国立公文書館(NARA)と米国政府印刷局(GPO)により、米国の官報(Federal Register)のXMLフォーマットでの提供が開始されています。GPOのサイトには、2000年以降分のバルクデータが掲載されています。

Federal Register 2.0: Opening a Window onto the Inner Workings of Government(2009/10/5付けホワイトハウスのブログの記事)
http://www.whitehouse.gov/blog/Federal-Register-20-Opening-a-Window-onto-the-Inner-Workings-of-Government/#TB_inline?height=220&width=370&inlineId=tb_external&linkId=11

The White House, National Archives And Government Printing Office Achieve Open Government Milestone(2009/10/5付けNARAのNewsRelease)

ページ