公立図書館

訓子府町図書館(北海道)、町営温水プールのロビーに絵本や水泳の本20冊を配置

2017年6月27日、北海道の訓子府町図書館が、町営温水プール「KAPPA」のロビーに絵本や水泳の本20冊を、利用案内パンフと共に配置したと発表しています。

Twitter(@kun_tosyo,2017/6/27)
https://twitter.com/kun_tosyo/status/879562310016057344

韓国・ソウル図書館、学習障害・発達障害者向けコンテンツ作成団体と業務協約を締結

2017年6月19日、韓国・ソウル図書館は、学習障害者や発達障害者向けのコンテンツを作成する団体peachmarketと、発達障害者の情報格差解消を目的とした業務協約を締結したと発表しています。

今回の協約に基づき、peachmarketは、作成した発達障害者向けの図書をソウル図書館に寄贈し、ソウル図書館では、専用の書架(桃の書架)を設けて、それらの図書を提供します。

同館では今回の協約を手始めに、発達障害者への情報サービス支援を行ない、発達障害者の読書環境づくりを推進する計画です。

県立長野図書館、「長野県南部を震源とする地震による県内図書館への影響について」を発表

2017年6月25日に発生した長野県南部を震源とする地震を受け、同日、県立長野図書館が、地震による影響について、県南部地域の図書館27館に照会をした結果を発表しています。

6月25日14時現在では、何らかの被害・影響のあった図書館はないとのことです。

平成29年6月25日(日)に発生した長野県南部を震源とする地震による県内図書館への影響について(県立長野図書館)
http://www.library.pref.nagano.jp/osirase_170625

参考:
鳥取県立図書館、2016年10月21日に鳥取県中部を震源として発生した地震による鳥取県内の公立図書館の被害状況等をウェブサイトで公開
Posted 2016年10月21日
http://current.ndl.go.jp/node/32776

高知県立図書館、Beaconを活用したスマホ向け図書館アプリ「びーこん館」の実証実験を開始:高知工業高等専門学校が開発

高知県立図書館が、2017年6月23日から12月にかけて、Beaconを活用したスマホ向け図書館アプリ「びーこん館」の実証実験を行うと発表しています。

高知工業高等専門学校・今井研究室が行っている、Beaconを活用したスマホアプリの開発の研究成果で、同館も2015年度から開発に協力していました。

アプリは、Android版のみで、同館の資料検索、検索した資料の近くへの誘導(同館2階開架書架のみ)、資料を借りた際の履歴を残せる読書通帳機能、借りている資料の返却期限日のプッシュ通知、等の機能があり、誰でも実験に参加できます。

2018年夏開館予定のオーテピア高知図書館での活用については、実証実験の状況等をふまえ検討するとのことです。

Beaconを活用したスマホ向け図書館アプリ「びーこん館」の実証実験の開始(高知県,2017/6/22)
http://www.pref.kochi.lg.jp/press2/2017061400036/

陸前高田市立図書館(岩手県)、2017年7月の新館オープンに向け、貸出カードの事前登録の受付開始

岩手県の陸前高田市立図書館が、2017年7月に予定されている新館オープンに向け、貸出カードの事前登録の受付を6月15日から7月14日まで実施しています。

既に貸出カードを所持している利用者は、そのまま新館でも利用可能です。

新館への移転作業のため、現在の仮設図書館は、6月30日に閉館されます。

新図書館 事前登録のご案内(陸前高田市立図書館)
http://www.city.rikuzentakata.iwate.jp/tosyokan/oshirase/2017/jizen-touroku.html

宇城市立中央図書館・宇城市不知火美術館(熊本県)、2017年7月に再開館

熊本地震による影響で休館していた、熊本県の宇城市立中央図書館と宇城市不知火美術館が、2017年7月に再開館すると発表しています。

宇城市立中央図書館の再開館日は7月7日で、当日には、以下の内容で、オープニングセレモニーが開催されます。

9:30 開館記念式典
9:45 くまモン体操
10:00 開館
10:15 七夕おはなし会
   パネルシアター
   わらべうた 他
11:00 DVD映写会

再開にあわせ、熊本地震に関連する資料を集めた「震災文庫」も公開されます。

また、宇城市不知火美術館の再開館日は7月20日で、再開にあわせ、8月20日まで「宇城市不知火美術館再開記念展」が開催されるほか、会期中には子ども向けのワークショップも多数開催する予定とのことです。

中央図書館を再開します!(宇城市立中央図書館)
http://www.library-city-uki.hinokuni-net.jp/Info/Center/exeInfo?id=4

絵本文化推進協会の設立総会が開催

2017年6月22日に、絵本文化推進協会の設立総会が開催されたことが報じられています。

絵本文化・読書推進にかかわる事業を行なうとされており、絵本作家・児童作家・朗読者などの活動を支援するために、絵本専門士や朗読指導者を講師として登録管理し、企業や地域、学校、図書館などへ派遣する活動を行なうとのことです。

2017年度は、絵本専門士や朗読指導者の技能を磨く再研修、出版社・書店と連携した「絵本を贈る」キャンペーンなどを実施すると報じられています。

絵本文化推進協会
http://www.ehon-bunka.jp/

子供たちに読書の習慣を 絵本文化推進協会設立総会(教育新聞,2017/6/22)
https://www.kyobun.co.jp/news/20170622_05/

E1923 - 大阪府立中央図書館の蔵書評価の取組みについて

大阪府立中央図書館(以下,当館)では,2013年度から2015年度にかけて「蔵書評価」に取り組み,その結果を2017年3月刊行の『大阪府立図書館紀要』第45号で報告した。

岡山県立図書館、岡山関連の放送番組を視聴できるサービス「OKAYAMA情報チャンネル」の提供開始:放送番組センターのサテライト・ライブラリー事業の一環

岡山県立図書館が、2017年6月24日から、岡山関連の放送番組を視聴できるサービス「OKAYAMA情報チャンネル」の提供を開始すると発表しています。

公益財団法人放送番組センターが収集・保存し、一般に公開しているNHK及び民放テレビ局の放送番組を、各地の図書館や博物館などの公共施設で公開するサテライト・ライブラリー事業によるもので、収集されている番組のうち、岡山に関する番組が視聴できます。

当初は、岡山県ゆかりの著名人に関するドキュメンタリー番組等22番組の利用が可能で、今後、随時更新されます。

図書館で、岡山関連の番組を視聴しよう!新サービス「OKAYAMA情報チャンネル」の提供を開始します!(岡山県,2017/6/16)
http://www.pref.okayama.jp/site/presssystem/519370.html

さいたま市図書館、中・高校生対象の図書館ボランティア「さいたま・ライブラリー・サポーターズ」(リブサポ)の2017年度の募集開始

2017年6月21日、さいたま市図書館が、中・高校生対象の図書館ボランティア「さいたま・ライブラリー・サポーターズ」(リブサポ)の2017年度の募集開始を発表しています。

夏休みの期間を利用して活動を行うボランティア活動で、本の修理、本を棚に戻す、本の紹介カード作り、予約本の回収・書架の整理、イベントのサポートなどのプログラムがあり、好みに応じてプログラム、日程、活動場所を選ぶことができます。

2017年度の実施図書館は、中央図書館、大宮図書館、春野図書館、与野図書館、桜図書館、武蔵浦和図書館の6館です。

中・高校生対象の図書館ボランティア「さいたま・ライブラリー・サポーターズ」(通称:リブサポ)の募集について(さいたま市図書館,2017/6/21)
http://www.lib.city.saitama.jp/infoevent?0&pid=1367

ページ