英国

BLの紛失資料

英国図書館(BL)が紛失資料のリストを公開したと、3月28日付けの英ガーディアン紙が報じています。BLのサイトにはまだ情報がありません。ガーディアン紙によれば、国際的窃盗団により最近5年間に10万ポンド(約2,050万円)相当の紛失・切り取りが行われたとのことです。このほか、排架ミス…

図書館へのRFID導入に関する検討会

NISOはこの度、図書館へのRFID導入に関連して、最適な利用方法のガイドラインを作成するための技術検討会を組織したそうです。また、英国CILIPは、2005年に続いて今年も「図書館におけるRFID」会議を11月に開催すると報じています。関連記事はこちらhttp://www.niso.org/news/releases/pr-RFID-3-06.htmlhttp://www.…

英国のNational Research Reserve、実現へ

12月の会議で提案された、使用頻度の低い学術雑誌を全英レベルでBLにコレクションするNational Research Reserveの構想に高等教育財政審議会(HFFC)から予算が付いたようです。National Research Reserve lays disaster fears to resthttp://www.iwr.co.uk/information-world-review/news/2152249/national-research-reserve-lays参照:■E417■ …

データとプライバシーの保護に対する英国主要企業の取り組み状況

Managing Information誌は、英国のFTSE100社(ロンドン株式市場に上場している主要企業100社)の3分の2が、電話による照会(telephone enquiries)を受けた際にそのデータや照会者のプライバシーを十分に保護できていないとの調査結果を報告しています。http://www.managinginformation.com/news/content_show_full.php?id=4764

Open University 講義資料のOA化計画

英国で、放送大学にあたるOpen Universityが、講義資料のオープンアクセス化を決定したそうです。OU to bring course content online http://education.guardian.co.uk/elearning/story/0,,1728283,00.html

CA1568 - 動向レビュー:英国の公共図書館政策への批判と提言 / 須賀千絵

英国の文化・メディア・スポーツ省(DCMS)は,2003年に今後10年で達成することをめざす公共図書館の戦略的ビジョン『将来への枠組み』(1)(E056参照)を発表し,続いて翌年に,図書館サービスの全国基準を改定(2)(3)(CA1475,E264参照)するなど,このところ公共図書館に関わる重要政策を次々と…

CA1567 - 大学における剽窃行為とその対策-英国・JISCPASを中心に- / 浅見文絵

筆者が現在受講している大学の通信教育で毎月送付されるお知らせに,以下のような注意が掲載されていた。 「最近,一部のインターネット上で合格済レポートの見本情報や合格済レポートが売買されているケースが見られ,これらを写しレポートを提出する学生の学習への取り組み姿勢に苦…

CA1550 - 経営戦略としての図書館ブランディング−英国図書館のリ・ブランディング事例から− / 南山宏之

はじめに−ブランド/ブランディングとは何か?「ブランド(brand)」の語源は,「焼き印(burned)」である。放牧する牛を識別するために施された。その後,12世紀の中世ヨーロッパはギルドの時代,自社製品の品質を保証するために,陶器やウイスキーといった製品に自社の「焼き印」を押すよ…

CA1545 - 動向レビュー:小特集:デジタル時代のドキュメント・デリバリー・サービス / 井上佐知子, 山岡規雄, 上田貴雪, 筑木一郎

近年,電子ジャーナルに代表される電子情報資源や,図書館を経由しない情報流通手段の出現が目立っている。これらがドキュメント・デリバリー・サービスにどのような影響を与えるのか,またこれらにどのように対応するかがこの先重要になるものと思われる。本稿では,電子的手段による…

CA1544 - 動向レビュー:英米両国議会における学術情報のオープンアクセス化勧告 / 筑木一郎

1. オープンアクセスの流れオープンアクセス(Open Access)の流れが加速している。オープンアクセスとは,インターネットなどを通して情報を誰にでも無料で利用可能にするという理念であり,近年,欧米の学術コミュニティを中心に,研究論文など学術情報をオープンアクセス化しようとする…

ページ