トルコ

“Cataloging & Classification Quarterly”誌で世界のRDAの適用状況を特集

“Cataloging & Classification Quarterly”誌の2014年52巻、6-7号で世界のResource Description and Access(RDA)の適用状況について紹介する記事を集めた特集が組まれています。

中国、フィリピン、シンガポール、イラン、トルコ、イスラエル、ドイツ語圏の諸国、メキシコ、カナダにおけるRDAの適応状況、フランス語、スペイン語への翻訳の活動について取り上げられているようです。

Cataloging & Classification Quarterly(Volume 52, Issue 6-7, 2014)
http://www.tandfonline.com/toc/wccq20/52/6-7

RDA Around the World(JSC, 2014/9/24)
http://www.rda-jsc.org/RDAaroundtheworld.html

トルコの灯台図書館(記事紹介)

トルコのAyvacık地方にあるSivrice灯台の中に設立された図書館についての記事が、トルコの新聞であるHurriyet Daily Newsに掲載されています。

記事によると、この灯台図書館は、Istanbul Medipol Universityの法学部に所属する教員であるYucel Sayman氏が、5年前にトルコのGeneral Directorate of Coastal Safety(沿岸の安全を守る行政組織)から10年契約で借り、図書館として改造したものとのことです。Sayman氏は世界中から灯台に関する図書や切手、絵葉書を収集し、現在約900冊の図書を所蔵しているとのことです。Sayman氏はこの灯台図書館は船員に関する重要なインフォメーションセンターであるとし、研究者が来ることを望んでいます。しかし、これまで研究者は数人しか訪れていないそうです。

また、Sayman氏は配偶者とこの図書館に夏の間に住んでおり、冬は閉館になっているようです。

Turkey’s first lighthouse-library sheds light for sailors and bookworms (Hurriyet Daily News 2013/8/16)

スペインの企業がトルコ国営放送のテレビ番組のデジタルアーカイブ化事業を実施へ

スペインのコンテンツマネージメント企業であるTedialが、トルコ国営放送(Türkiye Radyo-Televizyon Kurumu:TRT)との間で、TRTの歴史的テレビ番組のデジタルアーカイブを行うことで合意したようです。2012年5月16日付けのスペイン紙El Mundoによると、今後TedialはTRTの過去50年間、10万時間におよぶテレビアーカイブ全てをデジタル化するようです。

TRT digitises historical archive with file-based Tedial workflow (Tedial 2012/4/30付けの記事)
http://www.tedial.com/en/news/latest-news/139-trt-historical-archive-digitalization

トルコ国立図書館がEuropeanaに参加か

トルコの各紙が、トルコ国立図書館が欧州デジタル図書館“Europeana”に参加すると報じています。それによると、同館の参加は、トルコからの参加としては初とのことで、約27,000件の手稿資料のほか、アラビア文字で書かれたオスマントルコ語の雑誌、およそ10,000誌が、Europeanaを通じて利用できるようになるとのことです。

Milli Kütüphane, Avrupa Birliği'nin dijital kütüphanesi “Europeana”ya Türkiye'den giren ilk kurum oldu (2011/1/24付け Internet Haberの記事)
http://www.internethaber.com/milli-kutuphane,-abnin-dijital-kutuphanesine-girdi-323318h.htm

Part Of Turkish National Library Archives In European Digital Database (2011/1/24付け Turkish Weeklyの記事)

経済協力機構(ECO)加盟国の国立図書館長による会議が開催

経済協力機構(Economic Cooperation Organization:ECO)の加盟国の国立図書館長らによる会議が、トルコの首都アンカラにあるトルコ国立図書館で開かれたようです。イラン国立図書館長からは、協力関係の強化のために国際図書館連盟(IFLA)に対して会議の承認を要請することや、同館が構築した共通データベースとポータルサイトの充実化を図ることなどが提案されたようです。次回の会議は2012年に行われる予定とのことです。

Heads of ECO National Libraries Meet in Ankara(Journal of Turkish Weekly 2010/10/16付けの記事)
http://www.turkishweekly.net/news/108647/heads-of-eco-national-libraries-meet-in-ankara.html

トルコ国立図書館、ボランティア45名で視覚障害者向け録音図書を作成・オンライン提供中

トルコ国立図書館が、45名のボランティアにより視覚障害者向けの録音図書を作成し、オンラインで提供しています。同国の健康調査からは、視覚障害者の40%がインターネットでの登録・利用ができるだろうと推計されており、今後も利用は拡大していくと目されています。

Ankara’s National Library project helps the visually impaired - Today's Zaman
http://www.todayszaman.com/tz-web/detaylar.do?load=detay&link=148360&bolum=101

Milli Kütüphane Başkanlığı Konuşan Kitaplık Sesli Kitap Arşivi
http://www.mkutup.gov.tr/mkp/Default.aspx

ページ