米国

CA1232 - 「適切なバランス」を確保した米国著作権法 / 川西晶大

米国では,1998年10月末にデジタル新時代著作権法案(Digital Millennium Copyright Act:DMCA)と著作権保護期間延長法案が相次いで成立した。後者の法案は,著作権の保護期間を延長するものである(例:個人の著作物については現在の著作者の死後50年から70年とする)。ただし,保護期間の最後の20年…

CA1231 - 米国第105議会第2会期の状況 / 眞子ゆかり

米国の第105議会第2会期で審議された図書館に関連する法案の成立状況等を紹介する。WIPO(世界知的所有権機関)著作権条約施行法《成立》データベース保護法案《廃案》著作権保護期間延長法《成立》以上3法(案)についてはCA1232を参照。一括予算法案のフィルタリングソフト・ブロッキング…

CA1223 - 「デジタル資料のマイクロ化」と「マイクロ資料のデジタル化」 / 早川進

コーネル大学図書館のケニー(Anne R. Kenney)は,米国人文基金への最終報告書において,Digital to Microfilm Projectの報告ならびにイエール大学図書館のProject Open Bookとの比較研究を行った。Digital to Microfilm Projectは,オリジナルの紙からデジタル画像を作成し,それをマイクロフィルム化する試み(scan…

CA1220 - アメリカにおける政府情報の電子化に対する取り組み / 古賀崇

アメリカ政府印刷局(Government Printing Office: GPO)は19世紀後半以来,政府刊行物の刊行・販売や全米の寄託図書館への提供を行ってきた。しかし,CD-ROMやインターネットといった電子媒体の普及を反映し,現在のGPOは「印刷」に関わる業務から電子的環境への移行を進めている。“GPO Access”[http:/…

CA1219 - RLIN、TRCMARCを採用 / 図書館研究所

1998年6月,アメリカの研究図書館グループ(Research Libraries Group: RLG)は,書誌ユーティリティRLIN(Research Libraries Information Network)の総合目録データベースに取り込む日本語文献の書誌情報として,図書館流通センター(TRC)のMARCを使用すると発表した。TRCMARCの速報性と収録件数の多さが評価され…

カレントアウェアネス
No.230 1998.10.20

 

CA1216 - 岐路に立つ米国の刑務所図書館 / 中根憲一

米国の刑務所図書館と刑務所図書館員は,いま,苦しい試練のさなかに立たされている。増加する犯罪に対する厳罰化政策によって全米の刑務所人口は1980年代当時に比べ180万人へと倍増(刑務所図書館員も1,000人以上へと倍増したが),その拘禁費用の負担増が図書館,教育,医療などの処遇予…

CA1215 - 相互に連携を図る米国の地域保存センター / 竹内秀樹

米国では,図書館や文書館の資料保存業務を支援する地域保存センターが各地に設置され,活発な活動を展開している。劣化資料に対して本格的な保存修復処置を施すには,特別な施設と設備を整備し専門的な技術者を配置することが不可欠であるが,これらを個々の図書館や文書館で確保する…

CA1206 - 地図の保存状況調査 / 小澤知子

蔵書の保存計画をたてる際には,保管される蔵書の物質的状態を評価することが不可欠の要素である。しかし,これまで評価について論ずるときは主に図書が対象で,地図資料については保存方法や取扱い方にのみ注意が向けられ,評価の問題は取り上げられなかった。地図には特別な扱いが必…

CA1197 - アメリカ合衆国の図書館における男女の賃金格差 / 星野絵里子

アメリカ合衆国において,図書館情報分野で男女間の賃金格差が拡大してきている,との指摘がなされている。ヒルデンブランドによるこの記事は,具体的なデータを用いて格差の拡大を指摘するとともに,その背景として,この分野への市場原理の導入をあげていて興味深い。格差の拡大を示…

CA1196 - 学位論文の電子的提供−英国・米国の試み− / 松山美智代

学位論文は,その資料的価値は認められているものの,通常の流通経路に乗らず,検索や入手がしづらい,いわゆる「灰色文献」とされる。その解決策の一つとなりうる学位論文の電子的蓄積とインターネット上での提供システムの開発状況を,英国,米国の動向を中心に紹介する。英国のUTOG(…

ページ