米国

CA894 - 図書館におけるビデオ資料サービスをめぐって:米国におけるセミナー報告 / 奥山裕之

ビデオをはじめとする視聴覚資料を図書館のサービスに組み込むことの重要性については,日本でも既に多くの議論がなされている。しかし具体的なサービスの方法論は,米国においても必ずしも確立しているとは言えないようだ。1992年6月フロリダ州タラハッシーで,ビデオ資料の収集と利用…

CA893 - レファレンス・ローバー:電子資源のためのフロアサービス / 松村千穂子

1989年秋,ボストン大学のオニール図書館で,「レファレンス・ローバー」なるものが創設された。レファレンス・ローバーとは,多彩な電子資源のまわりを見回って,利用者に使い方のポイントを助言するスタッフのことである。電子資源の爆発的な増加により,図書館とその職員は参考業務の…

CA888 - 米国における法律情報提供サービス / 藤巻正人

法律情報の提供に関する米国の最近の動向をいくつか取り上げてみる。公共図書館において法律情報の提供は,多様な図書館サービスの一つに過ぎない。しかしレファレンス全体の8%に達する図書館もある。公共図書館に法律情報を調べに来る理由は,働いている人にとり開館時間の都合のいい…

CA885 - 軍艦の中の図書館−超大型航空母艦における図書館の発達状況− / 田中嘉彦

アメリカ合衆国には,空軍137,陸軍194,海軍154,合計485の「軍隊図書館」がある。軍隊図書館の各館はそれぞれ,総合図書館,専門図書館,科学技術研究図書館,医学研究図書館,法律学術図書館として図書館サービスを提供している。各館は独立してサービスを行うが,国防総省図書館小委員…

E274 - NISO,デジタル・コレクション構築のための指針を改訂

今回の改訂では,デジタル資料の収集が実験的な段階から新たな段階へ移ってきたとの認識を踏まえて,相互運用性や永続性,真正性,知的財産権などに配慮し,ワンストップ・ショップへの需要に対応したガイドラインとなっている。Ref:http://www.niso.org/framework/Framework2.html

CA875 - Native Americansのための図書館サービス:居留地図書館の報告から / 柳下み咲

英国人が入植する以前よりアメリカに住んでいたインディアンや,ハワイ諸島のハワイアンは,アメリカでは一般的にNative Americansと呼ばれている。彼らへの図書館サービスのあり方が問題となったのは,1970年代以降である。それまでは,論じられることもほとんどなく,特に居留地に住むイン…

E259 - 米国におけるインターネット利用の現状

報告書によると,この10年で見られた傾向には,例えば以下のようなものがある。米国におけるデジタル・デバイドは,インターネットへのアクセス確保という点では縮小しつつあるが,ブロードバンド環境の有無など,新たな格差が生じている。インターネットは,情報収集や調べ物をする際…

CA864 - ALAが医学、法律、ビジネスに関するレファレンス・ガイドラインを作成 / 中村規子

ALA Standards and Guidelines Committee,Reference and Adult Services Divisionは昨年,医学,法律,ビジネスに関するレファレンス・サービスのガイドラインを作成した。このガイドラインの概要を述べると,第一に,レファレンス・ライブラリアンの役割は情報の提供,利用者教育であって,情報を解釈したり,…

CA863 - 米国連邦政府情報への公共アクセスの動き / 富田美樹子

米国議会で,2つの法案(HR2772,S2813)に関する合同公聴会が開かれた('92. 7. 23)。これはGPO(政府印刷局)がGateway/WINDOと呼ばれるサービスを通して,連邦政府に存在する電子情報に対する公共アクセスを,電話回線やコンピュータ・ネットワークを通して,安価に簡便に提供しようというも…

ページ