米国

E085 - 歴史ある米フランクリン公共図書館,閉鎖の危機

(注)1731年に,米初の会員制図書館であるフィラデルフィア図書館会社を設立したベンジャミン・フランクリンから蔵書の寄贈を受けて開館した。1790年から,すべての住民に対し無料で本を貸し出すという図書館サービスを実施してきた。Ref: http://www.franklin.ma.us/town/library/http://libraryjournal.reviews

CA676 - LCがニューメディア化史料のプロデューサーに / 坂本博

米国議会図書館(LC)が自館のコレクションの中からアメリカ史を彩る史料を編集し,電子媒体(光ディスク)で「復刻」して頒布するAmerican Memory Projectを公表した。このAMPは,LCのコレクション中のアメリカ史に関する生資料(写真,手稿,楽譜,映画,録音,図書)を時代,地域等ごとにまと…

CA675 - アメリカ公共図書館の苦闘 / 千代正明

来年末シカゴにアメリカ最大の公共図書館がオープンする。建設費1億7,500万ドル,ワンブロック四方,10階建てのこの本の殿堂の悩みは,資料の少ないことである。しかしそれ以上に,シカゴ市にある88の分館は,荒れ放題の小さな建物,劣化する資料,盗まれるコレクション,少なすぎる職員な…

E081 - 米公共図書館,ネットショッピングの仲介に着手

規模の大きな公共図書館であれば図書館ショップの売上から収入を得ることが可能であるが,多くの図書館ではそのためのスペースも人員も用意できない。しかしウェブベースであれば少ない投資で図書館ショップが展開できる。今回の試みが成功すれば,他の公共図書館にも影響を与えること…

E077 - 米国教育省,ERIC改革案を公表

同改革案に対しては,ERICデータベース以外のサービスの存続を危ぶむ声などが多くあがっている。米国図書館協会(ALA)は,主題知識をもつ専門家による幅広い支援や,レファレンスサービス(CA1323参照)およびレフェラルサービス,情報発信サービスの維持,利用者の混乱を避けるための十分に時…

E073 - 「E-rateプログラム」再検討の動き(米国)

なお,2000年12月に成立した「子どもをインターネットから保護する法律(CIPA)」(CA1473,E030参照)はE-rateの取得条件としてフィルターソフトの導入を挙げている。E-rateの議論の行方は,現在その合憲性が問われて裁判となっているCIPAにも波紋を広げそうだ。(注)一定の条件を満たす学校や図書館…

E069 - 米カリフォルニア大学が学術論文のオンライン出版に着手

査読,編集作業を電子メールで行い,ウェブ上で頒布するというこの新モデルにより,研究成果を早く安く,そして広く提供することが可能になる。印刷物として刊行する場合には費用が高く出版できなかった研究成果も,この仕組みを用いることによって,安価な出版が可能になるとともに,…

E066 - 図書館サービスおよび技術法の延長へ向けた動き(米国)

図書館および情報学に関する国家委員会(NCLIS,注)が昨年5月に発表した報告書(The Impact of Federal Funding on State Library Agencies)によれば,LSTAによって,連邦補助金が増額されただけでなく,それが呼び水となって州の補助金等も増えたほか,公共図書館に限らず学術図書館,学校図書館等への補助も…

E059 - 米図書館界の10大ニュース

9.11同時多発テロ追悼プログラム [S005]図書館の財政悪化 [E010]「子どもをインターネットから保護する法律」をめぐる裁判[E030,CA1473]デジタル・ミレニアム著作権法をめぐる動き [CA1478]米国愛国者法と図書館の利用記録の保護 [CA1474]24時間対応のデジタルレファレンスサービスの進展 [CA1476…

E049 - 雑誌購読代理店のサービス停止に広がる波紋(米国)

2003年1月25日には,EBSCO社がRoweCom社の買収に同意したと発表している。また,RoweCom社は,1月27日に破産申請を行うとともに,親会社であるdivine社を詐欺で告訴した。この事件は「図書館界のエンロン事件」とも呼ばれており,今後の展開が注目される。(注)Faxon社を1999年に買収したRoweCom社は,200…

ページ