米国

CA705 - 米国における日本情報の需要と供給 / 福田理

1987年9月,英国のWarwickで開催された「第1回科学技術と商業に関する日本情報国際会議」は日本情報への欧米での関心の高まりを改めて認識させる出来事であった。2年後の第2回会議(1989. 10, Berlin)では第1回以降の問題の広がりと深化の跡を覗かせる報告が聞かれた。欧米での日本情報マーケテ…

カレントアウェアネス
No.136 1990.12.20

 

CA704 - アメリカにおける未発表文献の公正利用問題――4語の挿入をめぐる著作権法の攻防 / 坂本博

ことの始まりは1つの判例であった。Harper & Row社はフォード元大統領の回想録出版の契約を同氏と結ぶとともに,その抄報をTime誌に連載させる契約をした。ところが回想録の出版も抄報の連載もされないうちにNation誌がニクソン元大統領恩赦の内情を回想録の引用を交えてスクープとして報道…

E110 - 米国愛国者法をめぐる最近の動き

また訴訟と並行して,ニューメキシコとフロリダのACLUの地方支部は,自由の女神の写真を背景にしたポスターを作製して図書館に配布し,愛国者法のもとでFBIによって図書館の利用記録が秘密裡に捜査される危険性を図書館の利用者に訴えかけるキャンペーンを展開している。一方,連邦議会で…

E108 - 情報専門家は情報収集者から情報コンサルタントへ(米調査)

情報専門家は,社内情報システムなどの情報技術やツールの採用,運営に携わっている。情報専門家は自分の属する組織のビジネスを十分に理解し,そのビジネスに合致した成果を提供するべく挑戦している。つまり,組織の目標を満たすような付加価値を提供することで,情報専門家は自らの…

E099 - 21世紀の目録作成者教育に向けた提言(米国)

今回の提言は,米国議会図書館が策定した「ウェブ情報資源の書誌コントロールに関するアクションプラン」(CA1431参照)中の課題(電子情報資源の書誌コントロールの向上につながる目録作成者の養成教育と専門職研修の提供)を受けたもので,ALCTSはその担当機関となっていた。なお,養成教育…

E098 - 合衆国最高裁がCIPAを合憲と判決

判決を受けてALAは,フィルターソフト製作会社との会合を8月に開くことを予定している。ALAは同会合で,フィルターソフトがどのようなサイトを遮断するのか,それを決定するのは誰か,遮断する基準は何かを図書館側に明確にすること,図書館員による容易なフィルターソフトの解除を保証す…

CA684 - 多民族共同体に奉仕する―ロスアンゼルス公共図書館に新館長― / 佐藤泰幸

60年代の公民権運動や,その後の公平雇用政策などの後にも,黒人やラテン系などの少数民族を図書館職員に採用し,白人と同等の昇進機会を与えようとする運動は,米国で根強く続けられているが,今度は,年間総額3,500万ドルの予算と63の分館および5台の自動車図書館とをかかえるロスアンゼ…

E085 - 歴史ある米フランクリン公共図書館,閉鎖の危機

(注)1731年に,米初の会員制図書館であるフィラデルフィア図書館会社を設立したベンジャミン・フランクリンから蔵書の寄贈を受けて開館した。1790年から,すべての住民に対し無料で本を貸し出すという図書館サービスを実施してきた。Ref: http://www.franklin.ma.us/town/library/http://libraryjournal.reviews

CA676 - LCがニューメディア化史料のプロデューサーに / 坂本博

米国議会図書館(LC)が自館のコレクションの中からアメリカ史を彩る史料を編集し,電子媒体(光ディスク)で「復刻」して頒布するAmerican Memory Projectを公表した。このAMPは,LCのコレクション中のアメリカ史に関する生資料(写真,手稿,楽譜,映画,録音,図書)を時代,地域等ごとにまと…

CA675 - アメリカ公共図書館の苦闘 / 千代正明

来年末シカゴにアメリカ最大の公共図書館がオープンする。建設費1億7,500万ドル,ワンブロック四方,10階建てのこの本の殿堂の悩みは,資料の少ないことである。しかしそれ以上に,シカゴ市にある88の分館は,荒れ放題の小さな建物,劣化する資料,盗まれるコレクション,少なすぎる職員な…

ページ