米国

CA1277 - データベースの検索エラー / 石氏将之

近年,図書館における検索ツールは,従来の冊子体やカードによる検索からオンライン閲覧目録(Online Public Access Catalog: OPAC)やデータベースによる機械検索へと移行しつつある。OPACはその名の通り,利用者が介助なしに検索できる書誌・目録検索システムである。図書館としては当然のことな…

CA1274 - 米加共通MARCフォーマット「MARC21」 / 飯倉忍

主な国々の国立図書館では,それぞれの国の全国書誌を機械可読目録(MARC)として作成,頒布している。しかしそのフォーマットは必ずしも完全に一致したものとなってはいない。しかし,米国とカナダとでは少々事情が異なる。両国にはそれぞれUSMARC,CAN/MARCと呼ばれるMARCがあるが,両者のフ…

CA1271 - 日本語のオンライン書誌情報−日本関係情報の現状(10)− / Robert Britt

背景マリアン・グールド・ギャラガー法律図書館(Marian Gould Gallagher Law Library: MGGL)は,米国ワシントン大学の法学部に所属し,特に東アジア地域(中国,台湾,南北朝鮮および日本)の法律関係文献については国内有数のコレクションを所蔵している。これらの資料の選書,目録作成,レファレ…

カレントアウェアネス
No.240 1999.08.20

 

CA1271

日本語のオンライン書誌情報
−日本関係情報の現状 (10)−

背景

マリアン・グールド・ギャラガー法律図書館(Marian Gould Gallagher Law Library: MGGL)は,米国ワシントン大学の法学部に所属し,特に東アジア地域(中国,台湾,南北朝鮮および日本)の法律関係文献については国内有数のコレクションを所蔵している。これらの資料の選書,目録作成,レファレンスを担当しているのは東アジア法律部(East Asian Law Department: EALD)である。

RLIN, III, Marian

CA1269 - 館種を超えた米国の共同保存事業 / 鈴木三智子

ニューヨーク近郊のニューヨーク公共図書館,プリンストン大学図書館,コロンビア大学図書館は,ハイテク機能を備えた共同保存書庫を建設すると発表した。この3館は,それぞれ蔵書数1,330万冊,600万冊,700万冊の大規模図書館である。この書庫は,ニュージャージー州のプリンストン大学キ…

CA1268 - 米国の政府情報電子化をめぐる協力の動き / 幡谷祐子

つい2,3年前まで,アメリカの政府情報は紙,マイクロ,CD-ROMといった媒体で発表されており,これらは政府印刷局(Government Printing Office: GPO)から各寄託図書館に無償送付され,他の資料と同じように受入・整理されてきた。しかし,1993年の「政府印刷局における電子情報アクセス促進法(Govern…

CA1265 - 図書館の怪談 / 大場利康

夏向きの話題を一つ。真新しい,完成したばかりの図書館に,資料が次々と搬入されていく。本は書架に並べられていき,開館への準備は着々と進行しつつあった。だが,その時,信じられないことが起こった!何と,図書館の建物が徐々に地面に沈みはじめたのである!かろうじて建物から脱…

CA1259 - 図書館と書店の関係 / 吉川博史

人々の読書活動に関わる点で,図書館と書店とは共通している。しかし,両者が競合関係にあると見なされることは,日本ではそう多くない。両者の「棲み分け」が確立しているためであろうか。昨年米国の図書館雑誌上で,両者の競合について意見が交わされた。口火を切ったのはニューヨー…

CA1258 - リソースシェアリングに関する仮説検証 / 塩塚理絵

図書館が自館の蔵書だけで提供できるサービスには限界がある。そのため,相互貸借は利用者サービスにとって必要不可欠なものとなっている。近年,日本では大学図書館間でNACSIS-ILLによる相互貸借サービスが発展し,公共図書館では各地域や県域での相互貸借が進展している。また,平成10年…

CA1255 - アメリカの図書館におけるコミック事情 / 古野朋子

日本のマンガは,一時期は悪書よばわりされたこともあったが,多くの人に愛好されるだけでなく,すぐれた内容のものが多いことなどから,一定の社会的評価を得てきていると言えよう。しかし,図書館においてはそうではない。ごく少数の専門図書館があるほかは,公共図書館では人気のあ…

CA1236 - 情報社会におけるユニバーサルサービスは可能か?−情報をもつ者・もたざる者のギャップが拡大− / 清水悦子

アメリカのテレコミュニケーション政策における「ユニバーサルサービス」は,伝統的に,全ての国民に懐を痛めない電話サービスを提供することを目指してきた。しかしながら,アメリカがますます情報社会になるに従い,この概念は情報サービスをも包含するべく拡大した。今日のビジネス…

ページ