米国

E047 - 米公共図書館,新方式による電子本の貸出を3月から開始

同館では同サービスの本年3月からの実施を予定しており,当初はマイケル・クライトンなどベストセラー作家の作品を含む1,000冊程度が利用に供される。このような貸出方式による電子本サービスは,米国の公共図書館においても初めての試みであり,違法コピーに対するセキュリティなどの面…

E044 - ICDLプロトタイプ完成とシンポジウム(米国)

翌21日,「ICDLの国際的側面の構築(Creating the International Aspect of the International Children’s Digital Library) 」と題するシンポジウムが米国議会図書館において行われ,各国の児童図書館関係者,児童文学作家,関係各分野の研究者等約30名が参加した。日本からは国際子ども図書館が参加した。資料の収集…

E039 - フィルターソフトは有害情報遮断に有益か?−米調査報告−

現在米国では,学校や公共図書館にフィルターソフトの導入を求めた「子どもをインターネットから保護する法律(CIPA)」が論議を呼んでおり(CA1473,E030参照),今回の調査結果についても大きな反響が寄せられている。Ref: http://www.kff.org/content/2002/20021210a/CA1473E030

E036 - PubSCIENCE廃止される(米国)

1999年10月のサービス開始以来,利用者や図書館員からは好評を博してきたサービスであったが,エルゼビア社のScirusなど民間出版社の類似サービスとの競合が業界団体であるソフトウェア・情報産業協会(SIIA)から強く批判されていた。SIIAのロビー活動などの影響もあり,民間事業との競合を…

CA625 - WLNも民営化

Washington Library NetworkからWestern Library Networkへと発展しながらも,ワシントン州立図書館の一部であったWLNを非営利の民間法人とする法律が発効した。このことにより,WLNはより柔軟に利用者のニーズに対応できるようになる。WLNの利用者にとっては,大きな変更はない。WLNはワシントン州とも今後…

E025 - 電子政府法案 米国連邦議会を通過

この法案は,連邦政府のサービスや情報の提供に情報通信技術を活用することを目指したもので,その中には,米国議会図書館(LC)が他の関係諸機関と共同でオンライン国立図書館の設立を進める旨も盛り込まれている( CA1398 参照)。Ref: http://www.ala.org/alonline/news/2002/021125.htmlhttp://www.washingtonpost.com/wp

CA615 - アメリカで読書への消費は1993年に294億ドルになる!? / 石山洋

ニューヨークの投資銀行業Veronis, Suhler & Associatesの第3次5年間コミュニケーション産業予測によると,1988年に184億ドルであったすべての図書に関する消費が1993年には294億ドルになるという(参照:表1)表1 米国における図書への消費の成長 一般専門・教育計1988消費額83-88年率88-93年率1993目…

E022 - ウェブを用いた資料保存学習プログラムを開発(米国)

自館の資料保存への取り組みの現状をチェックするための自己点検ツールと, 「管理と計画」「保存」「能力の育成」「取り組みへの支援」という4つのセクションからなる解説部分で構成されている。それぞれテーマごとに図表,絵入りで説明がなされているほか,用語集,資材の入手先リス…

E020 - 英米豪の公共図書館が協力し,24時間レファレンスを提供

本年10月から始められたこのサービスは,各図書館がそれぞれ24時間のうちの8時間を受け持つことで, クリスマスなどの数日を除く毎日24時間のサービスを実現している。これにより,各図書館の利用者は図書館のウェブページを通じて担当の図書館員と24時間リアルタイムでやりとりしながらレ…

ページ