分類

日本交通公社の「旅の図書館」がリニューアルオープンへ(10/3)

2016年10月3日、公益財団法人日本交通公社が運営する、旅行・観光に関する研究書、実務書、ガイドブック、雑誌などを所蔵する「旅の図書館」が、リニューアルオープンします。

リニューアルのコンセプト・特徴は、
・観光の研究や実務に役立つ図書館
・独自の図書分類の構築と専門性・希少性の高い蔵書の公開
・知見やネットワークを共有する観光の研究・情報プラットフォーム

とのことで、日本十進分類法(NDC)を用いつつ専門分野に対応した分類の構築、ビル内に100名規模のシンポジウムが開催可能な「ライブラリーホール」を設けることなどが発表されています。また、蔵書は約6万冊です。

なお、同館のリニューアルは、日本交通公社の「'22ビジョン」に基づくもので、また、日本交通公社は2016年4月に文部科学省から「学術研究機関」に指定されています。

「旅の図書館」がリニューアルオープンします(10月3日) - 観光の研究・情報プラットフォームをめざして -(日本交通公社, 2016/9/15)
https://www.jtb.or.jp/news/release-renewal-open-library
https://www.jtb.or.jp/wp-content/uploads/2016/09/release-library-0915.pdf

「旅の図書館」における観光研究図書の独自分類(記事紹介)

2016年7月11日付の、公益財団法人日本交通公社の「研究員コラム」のVol.308として、「観光研究図書の独自分類から見えてきたこと」と題した記事が掲載されています。

同財団の、旅の図書館副館長である大隅一志氏が、旅行・観光に関する研究書、実務書、ガイドブック、雑誌などを所蔵する旅の図書館において、観光研究資料を分類する際の独自分類について、紹介・説明したコラムとなっています。

歴史学や地理学、社会学など様々な学問領域を用いて観光の諸事象を分析する観光学において、観光研究資料を日本十進分類法(NDC)のみで分類することは難しいとし、同館の収蔵図書・資料を「財団コレクション資料(F分類)」、「観光研究資料(T分類)」及び「基礎資料(NDC資料)」に分けていることが紹介され、「観光研究資料(T分類)」について、図表を用いて解説されています。

観光研究図書の独自分類から見えてきたこと(日本交通公社)
https://www.jtb.or.jp/researcher/column-tourism-library-oosumi

【イベント】国立国会図書館と日本図書館協会による「日本十進分類法のLinked Data形式化に係る共同研究」成果報告会(7/4・東京)

2016年7月4日、東京都千代田区の国立国会図書館(NDL)東京本館で、「日本十進分類法のLinked Data形式化に係る共同研究」の成果報告会を開催します。

「日本十進分類法のLinked Data形式化に係る共同研究」はNDLと日本図書館協会(JLA)分類委員会が共同で、2015年4月から行ってきたものです。

プログラムは、
・日本十進分類法の概要及び今後の予定について(JLA分類委員会)
・共同研究の実施及びLinked Data化で直面した諸課題について(NDL電子情報部)
・NDC-LDのRDFモデルについて(ゼノン・リミテッド・パートナーズ・神崎正英氏)

を予定しており、定員は40名(先着順)で参加費は無料ですが、事前申込が必要です。

日本十進分類法のLinked Data形式化に係る共同研究(国立国会図書館)
http://lab.ndl.go.jp/cms/?q=ndcld2016

関連:
分類委員会(日本図書館協会)
http://www.jla.or.jp/committees/bunrui/tabid/187/Default.aspx

参考:
国立国会図書館、日本図書館協会と共同で日本十進分類法(NDC)のLinked Data形式化に係る研究を実施
Posted 2015年4月27日

【イベント】福井県立図書館、エイプリルフール企画「へんてこりん図書館なう」を開催:本のタイトルから連想して「へんてこりん分類」を(4/1・福井)

2016年4月1日、福井県立図書館は、エイプリルフール企画として「へんてこりん図書館なう」を開催します。

同館のTwitterやFacebookによると、図書館の本来の分類(日本十進分類法(NDC))とはちがう、本のタイトルからだけで連想される内容から「へんてこりん分類」を施し、本来の並びとは異なる「へんてこりん」な分類で書棚にある本をリストを見ながら並んだ本を30冊さがすというゲームのようで、『ノルウェイの森』を「へんてこ分類」して293.89(北ヨーロッパの地理・地誌・紀行)にするという例が挙げられています。

当日の模様などは、FacebookやTwitterで実況されるようです。

また「へんてこりん分類」はSNS上でも募集されており、ハッシュタグ「#へんてこりん図書館」を用いたツイートや、メールでの応募(メールで応募された内容は同館が代理でツイートするとのこと)が呼びかけられています。

4月のイベントカレンダー(福井県立図書館)
http://www.library-archives.pref.fukui.jp/index.php?action=pages_view_main&block_id=6869&page_id=846&active_action=announcement_view_main_init#_6869

日本図書館協会、「日本十進分類法のLinked Data形式化に係る国立国会図書館との共同研究」の成果について、NDC-LDの提供等の検討のため、専門委員3名を委嘱

2016年3月1日、日本図書館協会分類委員会は、「日本十進分類法のLinked Data形式化に係る国立国会図書館との共同研究」について、その成果に基づいたNDC-LDの提供等の検討をおこなうため、専門委員3名を委嘱したことを発表しました。

委嘱された専門委員は次の3名です。

国立情報学研究所・大向一輝氏
筑波大学図書館情報メディア系・杉本重雄氏
筑波大学図書館情報メディア系・永森光晴氏

専門委員は、NDC-LDの技術的な調査・検討、提供に向けた調査・検討、その他NDCの電子的利用に関する調査・検討を、分類委員会と連携しながら行います。任期は2016年2月から2017年3月です。

分類委員会からのお知らせ(日本図書館協会, 2016/3/1)
http://www.jla.or.jp/committees/bunrui//tabid/602/Default.aspx

参考:
国立国会図書館と日本図書館協会による日本十進分類法(NDC)のLinked Data形式化に係る共同研究の中間報告版を試験公開(9/5-13)
Posted 2015年9月7日
http://current.ndl.go.jp/node/29382

国立国会図書館、日本図書館協会と共同で日本十進分類法(NDC)のLinked Data形式化に係る研究を実施

特許庁、米国特許商標庁と知的財産分野(特許及び意匠)における分類の協力に関する覚書を締結

2016年2月23日、特許庁が、米国特許商標庁と知的財産分野(特許及び意匠)における分類の協力に関する覚書を締結したと発表しています。

今回の協力では、日本が採用する特許分類と、米国が採用する特許分類とが一致する技術分野において、日本独自の検索インデックスを米国の特許分類に組み込むもので、これにより、米国特許商標庁の審査官が特許庁の審査官と同様の検索インデックスを用いて、特許庁発行の特許文献の検索を行うことが可能となるとのことです。

また、意匠分類体系の使用・運用についての情報共有をさらに推進し、日米の意匠分類間の対照表の作成等を行うとのことです。

米国との特許・意匠分類に関する協力を推進します ~我が国出願人が米国で一層安定した権利を取得できます~(経済産業省,2016/2/25)
http://www.meti.go.jp/press/2015/02/20160225002/20160225002.html

米イリノイ州トロイ学区の学校図書館、デューイ十進分類を廃しより「理解しやすい」分類法を採用

2016年1月16日付けのThe Herald-News誌オンライン版記事で、デューイ十進分類を廃し、より「理解しやすい」と考えられる分類法を採用したイリノイ州トロイ学区の学校図書館の取り組みが紹介されています。

同記事はデューイ十進分類の廃止を主導したトロイ学区のLearning resource director、Brenda Bertino氏への聞き取りを中心に構成されています。Bertino氏は十進分類ではキーワード検索に慣れた子どもたちは図書を探せないと考え、各学校でのブレインストーミング等を経て、学区内のカリキュラムも勘案した、十進記号を用いない、より「理解しやすい」分類を構築したとのことです。

Libraries at Troy School District 30-C adopt Common Sense Categories(The Herald-News、2016/1/16付け)
http://www.theherald-news.com/2016/01/14/libraries-at-troy-school-district-30-c-adopt-common-sense-categories/alzgka4/

参考:
デューイ十進分類法を使用しない図書館の取り組みとは?−米国アリゾナ州の2図書館
Posted 2007年7月25日

E1721 - Code4Lib JAPANカンファレンス2015,東京にて開催<報告>

 2015年9月5日から6日にかけて,リクルート本社アカデミーホールにてCode4Lib JAPANカンファレンス2015が開催された。同カンファレンスは,「図書館と技術,Web,ITをむすぶ,図書館員や技術者,その他すべての関係者が集い,アイデアやツールを紹介しあい,先進的な試みを共有し,関係者が出会い,つながるイベント」である(E1486参照)。3度目の開催となる今回は91名が参加し,基調講演1件,通常発表10件,ライトニングトーク21件が行われた。本稿では,今回初めて参加し,発表を行った筆者の視点から,当日の様子および印象に残ったことを中心に報告したい。

国立国会図書館と日本図書館協会による日本十進分類法(NDC)のLinked Data形式化に係る共同研究の中間報告版を試験公開(9/5-13)

国立国会図書館と日本図書館協会による日本十進分類法(NDC)のLinked Data形式化に係る共同研究の中間報告版として、ユーザーからのフィードバックを得ることを目的として、期間(2015年9月5日から13日)、範囲(NDC新訂9版第1次~第3区分表、0~4および9類細目表)、利用条件を限定してSPARQLエンドポイントを提供しています。

エンドポイントはブラウザなどで対話的にSPARQL 1.1クエリによる照会ができるほか、query、formatを指定してRESTによる問い合わせも可能です。

日本図書館協会分類委員会お知らせ(日本図書館協会,2015/9/7)
http://www.jla.or.jp/committees/bunrui/tabid/187/Default.aspx
※「共同研究による「NDC-LD中間報告版」を試験公開(2015年9月5日~13日)しました。(9/7)」とあります。

日本十進分類法のLinked Data形式化に係る国立国会図書館との共同研究について(日本図書館協会,2015/6/18)
http://www.jla.or.jp/committees/bunrui/tabid/578/Default.aspx

NDC-LD中間報告版

米BISG、教育資源のための分類法を公開

米国の書籍産業研究グループ(BISG:Book Industry Study Group)が、教育資源のための分類法を公開しています。

教育者や図書館員からの広範な調査とフィードバックに基づいて、BISGの教育分類法ワーキンググループと主題コード・メタデータ委員会によって開発されたとのことで、書籍やその他資料のなかで教育に関しての記述に使用される主要な標語の組織化されたリストを提供することで適切な教育資源の発見可能性を高めることを意図しているようです。

開発にあたっては、最も一貫して使用される標語を識別するための詳細な調査を通して出版社・問屋・サービスプロバイダ・教育者・図書館員などから意見が求められたとのことです。

分類法は教育資源のメタデータを作成し維持する責任や、流通や開発を支援する教育や商業出版社、図書館、材料供給者等に有用であろうとのことです。

via;
Book Industry Study Group (BISG) Releases Taxonomy For Educational Materials(infoDOCKET,2015/7/6)

ページ