写真

全米人文科学基金(NEH)、人文学に関する215件のプロジェクトに総額2,900万ドルの助成を実施

2019年8月14日、全米人文科学基金(NEH)は人文学に関する215件のプロジェクトに総額2,900万ドルの助成を実施することを発表しました。

助成されるプロジェクトには、米国南部の食習慣・歴史・文化に関するテレビシリーズを制作する“South by Somewhere”プロジェクト、著名な映画製作者Ric Burns氏によるアラスカの歴史とアイデンティティに関する3部構成のドキュメンタリー製作、進歩主義時代の女性の第一人者に関するアニメ映画シリーズの製作、『オズの魔法使い』や『風と共に去りぬ』のオリジナルネガを含むジョージ・イーストマン博物館の硝酸塩をベースにしたフィルム・写真コレクションの保護などが含まれています。

助成は以下の分野に分類されています。

情報・システム研究機構、国立極地研究所が所蔵する写真のデジタルアーカイブを公開

2019年8月19日、情報・システム研究機構は、2019年8月1日に同機構の国立極地研究所が所蔵する写真のデジタルアーカイブを公開したことを発表しました。主に国立極地研究所アーカイブ室が所蔵してきた画像のうち約14,000枚を収録しています。

画像の内訳は、南極の画像約12,000枚、北極の画像約1,500枚、極地研究所の活動に関する写真となっており、第1次南極地域観測隊以来の記録写真や、北極の動植物、過去の研究プロジェクトに関する記録画像等が含まれています。

今回公開されたデジタルアーカイブは、同機構データサイエンス共同利用基盤施設極域環境データサイエンスセンター(PEDSC)がアーカイブし、データベース化したものです。IIIF(トリプルアイエフ)に対応しており、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスによる利用条件の表示も行われています。

国立極地研究所アーカイブ室では、今回の公開分以外にも多数の写真を所蔵しており、PEDSCとの協力によりデータベース化、公開を進めるとしています。

大和郡山市立図書館(奈良県)、「旅する少女歌劇団 日本少女歌劇座展―大和郡山発 元祖ローカルアイドルの群像―」を開催

奈良県の大和郡山市立図書館が、2019年8月24日から9月1日まで、「DMG MORIやまと郡山城ホール 展示室」において、「旅する少女歌劇団 日本少女歌劇座展―大和郡山発 元祖ローカルアイドルの群像―」を開催します。

新聞記事、関係者の証言などとともに、当時の絵はがきやチラシなどの資料約200点を展示して、同市に本拠地を置おいて全国を巡演していた日本少女歌劇座の全貌を紹介するとしています。

市のプレスリリースでは、同館が所蔵する絵はがきが紹介されています。

旅する少女歌劇団 日本少女歌劇座展―大和郡山発 元祖ローカルアイドルの群像―(大和郡山市立図書館)
https://www.city.yamatokoriyama.nara.jp/facilities/main/library/004950.html#syouzyokageki

米国議会図書館(LC)、リンカーン大統領の写真に焦点を当てたリサーチガイドを公開

2019年8月1日、米国議会図書館(LC)は、リンカーン大統領の写真に焦点を当てたリサーチガイドを公開しました。

本人や家族の写真22枚を掲載した“Abraham Lincoln (1809-1865)” 、リンカーン大統領の暗殺事件に関係する場所や人物に関する画像を掲載した“The Assassination of Abraham Lincoln”、リンカーン大統領がどのように描かれ、彼の印象を形成してきたかについて考察した出版物を紹介する“Major Reference Works”等で構成されています。

Looking at Abraham Lincoln: New Guide Available(LC Picture This,2019/8/1)
https://blogs.loc.gov/picturethis/2019/08/looking-at-abraham-lincoln-new-guide-available/

日本の風景を記録・保存するデジタルアーカイブ「ピース・ニッポン・プロジェクト デジタルアーカイブ・システム」が公開される

2019年7月24日、東京大学大学院情報学環の渡邉英徳研究室が、一般社団法人ピース・ニッポン・プロジェクトと共同で、日本の風景を記録・保存するデジタルアーカイブ「ピース・ニッポン・プロジェクト デジタルアーカイブ・システム」を公開したことを発表しました。

デジタルアース上に日本の風景に関する写真を表示しており、Twitter及びInstagramによる写真の投稿も受け付けています。また、地名や文字列による検索機能も提供しています。

美しい風景は写真家や観光客により日常的に撮影・記録される一方、「日常のなかにある風景」は注目されず災害等により失われるものもあることから、「日常のなかにある風景」の投稿を広く募集するため、簡単に写真を投稿できるシステムを構築したとあります。また、写真の撮影地が自動的にデジタルアース上にマッピングされ、個別の写真の撮影場所を確認できるインターフェイスも備えています。

あわせて、映画『ピース・ニッポン』(2018年)の監督であり、一般社団法人ピース・ニッポン・プロジェクトの理事を務める中野裕之氏らの協力のもと、美しい風景のアーカイブも進めていくとしています。

愛知県図書館、企画展示「伊勢湾台風60年 あいちの災害と防災のこれから」を開催中

愛知県図書館が、2019年7月12日から10月9日まで、企画展示「伊勢湾台風60年 あいちの災害と防災のこれから」を開催しています。

被災から60年がたつ伊勢湾台風の記録写真や、伊勢湾台風など愛知県で起きた災害の地域資料、様々な立場に応じた防災の本やチラシなどが展示されるほか、映画上映会も開催されるとあります。

企画展示「伊勢湾台風60年あいちの災害と防災のこれから」を開催中です(愛知県図書館, 2019/7/11)
https://www.aichi-pref-library.jp/index.php?key=bbjg1di03-219#_219

豊中市立岡町図書館(大阪府)、活動10周年記念「北摂アーカイブス写真展」を開催

大阪府の豊中市立岡町図書館が、市民が中心となって地域の様々な写真を収集・発信する「北摂アーカイブス」事業の活動10周年を記念して写真展を開催します。

市民サポーター・地域フォトエディターがつくった100枚をこえる写真パネルの中から選んだ42枚を3回に分けて展示するものです。

開催期間は以下の通りで期間ごとに違うパネルが展示されます。

・2019年6月22日から7月5日

・2019年7月6日から7月14日

・2019年7月15日から7月25日

北摂アーカイブス写真展 活動10周年を記念して写真展をおこないます(豊中市立図書館)
http://www.lib.toyonaka.osaka.jp/information/okamachi/archives-hokusetsu/hokusetsu_archive_201906.html

【イベント】写真史料をめぐる国際研究集会「在外写真史料の研究と歴史学」(6/27・東京)

2019年6月27日、東京都文京区の東京大学史料編纂所において、同所の古写真研究プロジェクト主催による、写真史料をめぐる国際研究集会「在外写真史料の研究と歴史学」が開催されます。

同所が進めている、国内外の写真史料(古写真)を対象とした調査・研究に係わって、在外日本関係写真史料の調査・研究成果を発表するとともに、来日中の写真史研究者ルーク・ガートラン氏による講演が行われます。

参加費は無料ですが、事前の申し込みが必要です。

内容は以下の通りです。

報告1
保谷 徹氏(東京大学史料編纂所)
「高精細画像でみる幕末・明治初期日本―ブルガー&モーザーのガラス原板コレクション」

報告2
谷 昭佳氏(東京大学史料編纂所)
「写真による幕末維新期の日本イメージの形成-英・仏・独・瑞・伊・墺・露のオリジナルコレクションから」

【イベント】シンポジウム「地域コミュニティのメディアテーク」(5/25・東京)

2019年5月25日、国立情報学研究所学術総合センター(東京都千代田区)において、シンポジウム「地域コミュニティのメディアテーク」が開催されます。

国立民族学博物館を中心とする「地域研究に関する学術写真・動画資料情報の統合と高度化」プロジェクト(略称DiPLAS)の関連企画であり、個人が撮影した写真を地域デジタルアーカイブとして蓄積することの意義を考えるシンポジウムです。

入場無料、定員100名(先着順)であり、事前申し込みが必要です。
主なプログラムは次のとおりです。

・発表1「研究者と地域住民は、日常生活の何を写し何を写さないのか?」
原田健一氏(新潟大学/DiPLAS研究支援協力者)

・発表2「地域の博物館や図書館などは「地方(じかた)写真」の拠点たりえるか?」
福島幸宏氏(東京大学大学院/DiPLAS研究支援協力者)

・発表3「地域研究写真のデジタル化・データベース化と研究への活用──DiPLASプロジェクトの経験」
石山俊氏(国立民族学博物館/DiPLAS技術支援員)

・総合討論

写真・映像の撮影場所の情報を募る「どこコレ?」、各地の図書館等で同時開催中

NPO法人20世紀アーカイブ仙台が行っている、収集した写真・8ミリフィルムの撮影場所が不明なものを展示し来場者に情報提供を募るプロジェクト「どこコレ?」が、2019年4月27日から、各地の図書館等で同時開催されています。

実施機関・会場は以下の通りです。

・市立小樽図書館(北海道小樽市)
・せんだいメディアテーク(仙台市)
・お茶ナビゲート(東京都)
・新宿区立四谷図書館(東京都)
・県立長野図書館
・伊那市立図書館(長野県)
・情報通信交流館e‐とぴあ・かがわ(高松市)
・くまもと森都心プラザ図書館(熊本市)
・赤井仮設団地 みんなの家(熊本県益城町)

ページ