日本

愛知県立大学学術情報センター図書館、目録3大ツールに関する展示を開催

愛知県立大学学術情報センター図書館が、2009年3月19日まで展示「三大ツールの誕生 日本十進分類法・日本目録規則・日本件名標目表の昭和史」を開催しています。ポスターと解説リーフレットは、ウェブサイトでも公開されています。

「三大ツールの誕生 日本十進分類法・日本目録規則・日本件名標目表の昭和史」を開催します。 - 愛知県立大学学術情報センター図書館
http://www.aichi-pu.ac.jp/library/oshirase.html#090116_1

文部科学省、「子どもの携帯電話等の利用に関する調査」の結果速報を公表

文部科学省が2009年2月25日、2008年11月~12月に実施した委託調査「子どもの携帯電話等の利用に関する調査」の結果速報を公表しています。

「子どもの携帯電話等の利用に関する調査」の結果(速報)について:文部科学省
http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/21/02/1246177.htm

JLA図書館利用教育委員会のセミナー「指導サービス専門家としての能力開発を!図書館員のメディア活用力を問う-アニメ世代にどう教えるか-」

日本図書館協会(JLA)図書館利用教育委員会が、3月14日に、図書館利用教育実践セミナー「指導サービス専門家としての能力開発を!図書館員のメディア活用力を問う-アニメ世代にどう教えるか-」を京都で開催します。

第13回「図書館利用教育実践セミナー」(in京都)のお知らせ
指導サービス専門家としての能力開発を!
図書館員のメディア活用力を問う-アニメ世代にどう教えるか-
http://www.jla.or.jp/cue/friday13.html

創価大学図書館、全学読書運動「SOKA BOOK WAVE」を展開

創価大学図書館が、学生を中心とした全学読書運動「SOKA BOOK WAVE」を展開しています。

本を読み、読書感想文を提出、ウェブに掲載されることでポイントが貯まり、図書券と交換できるようになっています。また、独自の読書力認定制度も設けています。

学生を中心としたプロジェクト主催組織"Soka Reading Project"も結成されており、3月には学外で読書展「Have a Nice Book!~あなたの横に本はありますか?~」を開催するとしています。

SOKA BOOK WAVE~全学読書運動~ - 創価大学図書館
http://www.soka.ac.jp/Library/general/sbw/

創価大生が八王子市学園都市センターで「読書展」を開催 - 大学プレスセンター

島根県、「島根県立図書館振興計画(素案)」「島根県子ども読書活動推進計画(素案)」を発表

島根県教育委員会が、平成21年度から5年間の「島根県立図書館振興計画(素案)」および「島根県子ども読書活動推進計画(素案)」を発表し、意見募集しています。

島根県立図書館振興計画(素案)に関するご意見募集
http://www.pref.shimane.lg.jp/shogaigakushuu/toshokansinkoukeikaku-an-ikenboshuu.html

島根県子ども読書活動推進計画(素案)に関するご意見募集
http://www.pref.shimane.lg.jp/shogaigakushuu/kodomodokusho-suisinnkeikaku-soan-ikennboshuu.html

NDL、「総合目録ネットワーク参加館フォーラム」を3月に公開開催

国立国会図書館(NDL)が2009年3月19日、京都(関西館)で「総合目録ネットワーク参加館フォーラム」を開催します。根本彰・東京大学教授による講演「地域資料と総合目録」(仮題)、和中幹雄・NDL関西館長による講演「デジタル時代における総合目録ネットワークの可能性」(仮題)などが行われます。総合目録ネットワーク事業の参加館の職員だけでなく、参加を検討している図書館の職員や、他の図書館関係者、研究者など当事業に関心のある方の参加も可能(定員に達した場合は参加館職員が優先)となっています。

開催概要
http://somoku.ndl.go.jp/forum.html#forum

申込方法
http://current.ndl.go.jp/files/unicanet.txt

日本書籍出版協会、Googleブック検索和解契約に関する説明文書等を公開

日本書籍出版協会が2009年2月20日、Googleブック検索和解契約に関する会員出版社向けの説明文書を公開しています。内容は、和解合意の概要と、著者・出版者・権利者がこの和解に対しどのような選択肢を有しているかを説明するものとなっています。あわせて、国際出版連合(IPA)による和解合意に関する報告書の日本語訳も公開しています。

Google とアメリカ作家組合、アメリカ出版協会会員社との和解について - 2009.2.20 日本書籍出版協会
http://www.jbpa.or.jp/pdf/documents/google-wakai1.pdf

IPA報告書
国際出版連合(IPA)
GOOGLE/著作者団体/米国出版社協会その他
和解合意(2008年)
http://www.jbpa.or.jp/pdf/documents/google-ipa.pdf

総務省「インターネット政策懇談会」が最終報告書を発表

総務省が2008年2月から設置している「インターネット政策懇談会」が最終報告をまとめ、公表しています。

「インターネット政策懇談会」最終報告書の公表(総務省のプレスリリース)
http://www.soumu.go.jp/s-news/2009/090223_4.html

総務省の「インターネット政策懇談会」が最終報告書を公表
- CNET Japan 2009/2/24付けの記事
http://japan.cnet.com/news/com/story/0,2000056021,20388753,00.htm

参考:
「インターネット政策懇談会」報告書素案
http://current.ndl.go.jp/node/10077

NDL-OPACの書誌データ検索結果がダウンロード可能に

国立国会図書館(NDL)が作成した書誌データについて、NDL-OPACの検索結果からダウンロード可能になりました。ダウンロードしたデータの利用には特に制限を設けていないため、幅広く利用することができます。

NDL-OPACの検索結果がダウンロードできるようになりました
http://www.ndl.go.jp/jp/data/opac_syoshiqa_teikyo.html#a5

お茶の水女子大学附属図書館、「ライブラリカフェ in キャリアカフェ」を開催

お茶の水女子大学附属図書館が2009年3月13日、館内のキャリアカフェで、「人々がオープンに会話を行い、自由にネットワークを築くことができる」イベント「ライブラリカフェ in キャリアカフェ」を開催すると発表しています。

お茶の水女子大学附属図書館LiSA活動日誌  ライブラリカフェinキャリアカフェをやります
http://ochadailisa.blog32.fc2.com/blog-entry-166.html

参考:
お茶の水女子大学附属図書館のキャリアカフェ
http://current.ndl.go.jp/node/7733
東京大学図書館情報学研究室、学園祭で“Libook cafe”を開店
http://current.ndl.go.jp/node/7707

Library2.0時代の図書館:会話のファシリテーターとしての図書館像(米国)

ページ