日本

図書館でマンガを読もう−ロサンゼルス公共図書館

米国の青少年に人気のある日本のマンガを通して、読書の楽しみを知ってもらおうというイベント“Manga Madness Summer Reading Club”が、6月から米国ロサンゼルス公共図書館で開催されています。Manga Madness Summer Reading Clubhttp://www.lapl.org/ya/events/summerclub/index.htmlLos Angeles Public Library and Manga Leader TOKYOPOP to A…

日本の基金によるアジア・太平洋地域の情報専門家向け遠隔研修プログラム

ユネスコの掲げる「すべての人に情報を」(Information for All)プログラムのもと、日本のユネスコ人的資源開発信託基金(The Japanese Funds-in-Trust for the Capacity-building of Human Resources)によるアジア・太平洋地域の情報専門家向けの遠隔研修プログラムが開始されると発表されました。ユネスコでは2000…

ソウル大学図書館、人皮装丁本など貴重書を展示

ソウル大学附属図書館が開館60周年を記念した展示会を、2006年8月8日から約2か月、開催します。この展示では、17世紀に刊行された「人皮装丁本」やレオナルド・ダ・ヴィンチの研究書、イエズス会神父の中国探訪記など、国宝を含む貴重書が数多く公開されます。この中には、第一次世界大戦…

ホームムービーデーとLC

第4回 Home Movie Day が8月12日に、全米を中心に、日本を含む世界各地で開催されます。家庭が所蔵するホームムービーを持ち寄り上映会をおこなったり、フィルムのメンテナンスについて学ぶイベントが行われるとのことですが、ワシントンでは米国議会図書館(LC)の後援で、LCのジェームス・マ…

日本図書館情報学会誌 52(1)

日本図書館情報学会誌Vol.52 No.1 (通巻165号) 2006.31990年代における四庫全書関連叢書の刊行およびその文化的意味李常慶公共図書館長を対象にした図書館学教育に関するアンケート調査(1989年実施)の集計結果小田光宏, 大谷康晴, 大庭一郎, 野末俊比古, 朝比奈大作糸賀雅児, 根本彰, 薬袋秀樹http:/…

オープンコースウェアが本格始動(日本)

インターネット上で大学の講義資料などを無償公開する「オープンコースウェア」(OCW)が本格的に始動しつつあります。OCWは米マサチューセッツ工科大学(MIT)が提唱したシステムで、日本では2005年に東京大学・京都大学・慶應義塾大学・早稲田大学・東京工業大学・大阪大学が共同で設立し…

E522 - 法律情報に関するレファレンス・サービス(日本)

刑事訴訟への裁判員制度の導入やいわゆる知財高裁の創設など,司法制度改革と呼ばれる制度変更が現在すすめられている。事前規制・調整型から事後チェック・救済型と呼ばれる社会への移行がその背景にあるが,今後,法律的なトラブルに巻き込まれる可能性が高まり,国民の法律・裁判に…

朝鮮王朝実録の所蔵場所をめぐる争い(韓国)

7月14日に東京大学から韓国・ソウル大学に引き渡された朝鮮王朝実録・五台山史庫本47冊ですが、この所蔵場所をめぐって、争いが起きているようです。・李氏朝鮮時代の文書庫である五台山史庫を当時管理しており、返還運動の中心的な役割を行ってきた月精寺・文化・独立の象徴を保管する…

E514 - よくわかる公文書講座−国立公文書館の子ども向けウェブサイト

公文書というと,大人でさえ「難しい」「よくわからない」と思いがちである。そんな公文書,特に歴史資料として重要な「歴史公文書」について子どもにもわかりやすく解説するウェブサイトを,国立公文書館が7月3日に開設した。名称は「ぶん蔵」,公文書の研究者「ぶん蔵博士」や公文書…

E517 - 図書館界への影響は?−「公共サービス改革基本方針」作成に向けた意見募集

世間から非効率,高コストの横綱格としてゆるぎない評価を頂戴している公共サービスであるが,簡素で効率的な政府の実現が至上命題となっている今日,民間 事業者によって適切なサービスを提供できるのであれば,そのような事業は積極的に民間事業者に開放し,公共サービスの質の向上と経費の削減を図ることが強 く求められている。こうしたなか,「競争の導入による公共サービスの改革に関する法律」,いわゆる「公共サービス改革法」(平成18年法律第51号)が 2006年7月7日に施行された。...  

ページ