日本

JLA、図書館における指定管理者制度導入の検討結果調査結果を発表

日本図書館協会(JLA)が、2008年4月に全国の都道府県立図書館を対象に行った、各都道府県、市区町村立図書館における指定管理者制度の導入の検討結果調査の結果を発表しています。44の都道府県から回答があり、その集計結果と、現段階で指定管理者制度を導入している図書館名(JLAが把握しているものも含む)とその指定管理者の性格の別(民間企業、NPO、公社財団、その他)の一覧表が掲載されています。

図書館における指定管理者制度の導入の検討結果について 2008年調査(報告)
http://www.jla.or.jp/sitei2008.pdf

参考:
CA1589 - 研究文献レビュー:図書館の様々な運営形態 / 柴田正美
http://current.ndl.go.jp/ca1589

宮城県図書館振興基本計画(2008-2012年)

宮城県図書館が、「宮城県図書館振興基本計画(2008-2012年)」を策定しています。

宮城県図書館振興基本計画(2008-2012年)
http://www.library.pref.miyagi.jp/oshirase/img/shinkou.pdf

琉球大学附属図書館、在学する学生を対象とした文学賞を実施

琉球大学では2007年度から、在学する学生を対象とした「びぶりお文学賞」を実施しており、附属図書館がその事業主管となっています。現在、2008年度の作品が募集されています。

なお、2007年度の第1回は、31作品の応募があったとのことで、受賞作品・佳作3作品と講評・選考経過からなる作品集が図書館から刊行され、ウェブサイトでも公開されています。

第2回琉球大学びぶりお文学賞
http://www.lib.u-ryukyu.ac.jp/prize/2008/index.htm

第1回 琉球大学びぶりお文学賞 受賞作品集
-発掘された琉大文学の水脈-
http://www.lib.u-ryukyu.ac.jp/prize/2007/sakuhinshu.htm

宮崎大学附属図書館のリザーブブック制度の試行に関するアンケート結果報告書

宮崎大学附属図書館が、教員が指定した授業やレポートの関連図書を、専用の棚に一定期間展示し、館内のみで閲覧できるようにするリザーブブック制度についてアンケートを行い、その結果を公表しています。

リザーブブック制度の試行に関するアンケート結果報告書
http://www.lib.miyazaki-u.ac.jp/gaiyo/reservebook_enquetekekka.pdf

リザーブブック制度について
http://www.lib.miyazaki-u.ac.jp/honkan/reservebook.htm

内閣府、インターネット青少年有害情報対策・環境整備推進準備室を設置

「青少年が安全に安心してインターネットを利用できる環境の整備等に関する法律」の施行準備のため、内閣府が2008年7月4日、インターネット青少年有害情報対策・環境整備推進準備室を設置しています。

インターネット青少年有害情報対策・環境整備推進準備室の設置について - 内閣府共生社会政策統括官
http://www8.cao.go.jp/souki/houdou/2008070401.html

参考:
「青少年が安全に安心してインターネットを利用できる環境の整備等に関する法律案」が可決・成立
http://current.ndl.go.jp/node/8021

教育振興基本計画が閣議決定される

2008年7月1日、教育の振興に関する施策の総合的かつ計画的な推進を図るため「教育振興基本計画」が閣議決定されました。図書館に関する施策としては、

・図書館・博物館の活用を通じた住民の学習活動や個人と地域の自立支援の推進
・体験活動・読書活動等の推進
・学校図書館の整備の推進

が上がっています。

教育振興基本計画 - 文部科学省
http://www.mext.go.jp/a_menu/keikaku/index.htm

ニンテンドーDS向けのコンテンツ配信サービスがスタート

電子書籍専用端末へのコンテンツ配信サービスが終了する一方で、携帯用ゲーム機「ニンテンドーDS」向けのコンテンツ配信サービス“DSVision.jp”が、2008年7月2日に始まっています。PCからダウンロードした出版、映像、教育コンテンツを専用microSDカードに書き込み、DSで見るという視聴スタイルのサービスで、サービスを提供するam3社によると、1年間に1,000タイトルのコンテンツ提供を予定しているとのことです。コンテンツのジャンルは小説、コミック、映画・アニメなどの動画、の3つで、小説は新潮社の新潮文庫の作品を随時リリースしていく、とのことです。

DSvision.jp
http://www.dsvision.jp/

ニンテンドーDS® 向けコンテンツ配信事業『DSvision™』サービススタート - 株式会社am3

総務省情報通信政策研究所、「メディア・ソフトの制作及び流通の実態に関する調査研究」結果を発表

総務省情報通信政策研究所が、2007年度の「メディア・ソフトの制作及び流通の実態に関する調査研究」
の結果を公表しています。

「メディア・ソフトの制作及び流通の実態に関する調査研究」2007年度調査結果
http://www.soumu.go.jp/iicp/chousakenkyu/seika/houkoku.html#2008I03

「メディア・ソフトの制作及び流通の実態」調査結果の公表 - 総務省
http://www.soumu.go.jp/s-news/2008/080702_1.html
(プレスリリース)

参考:
2006年「メディア・ソフトの制作及び流通の実態」調査報告書(総務省)
http://current.ndl.go.jp/node/6088

E512 - 印刷物 vs ネットワーク−メディア・ソフトの流通動向は?<文献紹介>

経済産業省、産学連携による社会人基礎力の育成・評価事業のまとめを公表

経済産業省が、2007年度に実施した産学連携による社会人基礎力の育成・評価事業のまとめとして、社会人基礎力の育成方法、評価基準、大学での実践事例、学生の体験談などを収録した『今日から始める 社会人基礎力の育成と評価』を作成、公表しています。

「今日から始める 社会人基礎力の育成と評価」
http://www.meti.go.jp/policy/kisoryoku/h19reference.htm

「今日から始める 社会人基礎力の育成と評価」(リファレンスブック)の公表について
http://www.meti.go.jp/press/20080626003/20080626003.html

「公文書管理の在り方等に関する有識者会議」の中間報告『時を貫く記録としての公文書管理の在り方』が公表される

「公文書管理の在り方等に関する有識者会議」が、中間報告『時を貫く記録としての公文書管理の在り方~今、国家事業として取り組む~』をまとめ、公表しています。

時を貫く記録としての公文書管理の在り方~今、国家事業として取り組む~
http://www.cas.go.jp/jp/seisaku/koubun/chukan.pdf

ページ