日本

北大図書館、「博士論文のインターネット上での公開に関するアンケート調査報告書」を公開

HUSCAPで日本のリポジトリ事業をリードする北海道大学附属図書館が、「博士論文のインターネット上での公開に関するアンケート調査報告書」を公開しています。約700名の研究者からの回答がまとめられています。その結果の一端を雑駁に紹介すると、・他人の博士論文を読みたい場合がある …

REFORM、3年間の調査研究の成果報告会を開催

千葉大学の土屋俊教授を代表とする科研費プロジェクトREFORM(電子情報環境下における大学図書館機能の再検討)が、3月9日に筑波大学で、3年間の調査研究の成果報告会を開催するとのことです。REFORM:電子情報環境下における大学図書館機能の再検討成果報告会のご案内http://cogsci.l.chiba-u.ac.jp/R

日本図書館情報学会誌 52(4)

日本図書館情報学会誌Vol.52 No.4 (通巻168号)2006.12http://wwwsoc.nii.ac.jp/jslis/journal/journal52.html海野 敏、影浦 峡、戸田慎一近代的主体の成立と図書・図書館による近代の存立松戸宏予特別な教育的支援を必要とする児童生徒に対する学校司書の意識と対応 研究ノート藤谷幸弘、前田博子ソウルに…

よく引用される論文Hot Paper

Thomson社が、2003年以降に発表された論文のうち、引用数の多い論文(Hot Paper)103論文を発表しています。また、Thomson社が発行するScience Watchでは、臨床医学の分野で1995年〜2005年に引用の多かった研究者を発表しています。なお、Thomson社の図書館向け情報サイトKnowledgeLINK(日本語)やメールマガ…

JLA、「ハンセン病」の語の取り扱いについて見解を発表

すでにいくつかの新聞が報じているところですが、図書館における「ハンセン病」に関する件名(元の通知文書では「分類の項目名」)の変更を求める通知が、2007年2月1日、厚生労働省疾病対策課長名で出されています。

これに対し、日本図書館協会は2月5日、事務局長名で見解表明を行っています。

「公共機関、関係団体等における「ハンセン病」の語の取扱いについて」について
http://www.jla.or.jp/kenkai/20070205.pdf
「ハンセン病」の語の取扱いについて、厚生労働省に文書を提出 - JLAメールマガジン 第340号
http://www.jla.or.jp/archives/340.txt

国際目録原則覚書(2006年4月草案)の翻訳

NDLのホームページに、国際目録原則に関する翻訳が3点掲載されています。国際目録原則覚書(2006年4月草案)http://www.ndl.go.jp/jp/library/data/kokusaimokuroku2006.htmlIME ICCのための用語集(2005年版)http://www.ndl.go.jp/jp/library/data/ime_icc_yougosyu2005.htmlすばらしいFRBRの新世界(第4版)http://www.ndl.go.jp/jp/library/data/bn

JST、中国文献データベースを試験公開

科学技術振興機構(JST)が、中国国内で発行された主要な科学技術文献を日本語で無料で検索できる「中国文献データベース」を試験公開しています。2007年4月2日からは、本格サービスを開始するとのことです。中国文献データベース - JSThttp://crds.jst.go.jp/CRC/database.html

小学館が多元的な知の交流の場を目指してアレクサンドリア図書館の日本語公式サイトをオープン

株式会社小学館と株式会社ネットアドバンスが、アレクサンドリア図書館をシンボルとして多元的な知の交流の場を目指すビブリオテカ・アレクサンドリア・プロジェクト(Bibliotheca Alexandrina Project)というサイトを開設しています。・エジプトのアレクサンドリア図書館の公式日本語サイト・古…

Project Next-Lでメーリングリスト開始

慶應義塾大学の原田助教授を中心に進められているProject Next-Lで、情報交換のためのメーリングリストが開設されました。本プロジェクトに興味のある方は、どなたでも登録することができます。また、ホームページ全体も、Wikiに移行されたようです。登録案内;http://next-l.slis.keio.ac.jp/wiki/wiki.cgi

Google Book Search + Google Map

Google Book Searchのコンテンツに含まれている地理情報を、Google Map上に自動的に投影する機能が、Google Book Searchに加わったようです。(ただし、2007年1月29日現在、日本からは見られないようです。)Books: Mapped - Inside Google Book Searchhttp://booksearch.blogspot.com/2007/01/books-mapped.htmlExplore the world through books - Goo…

ページ