日本

総務省、「日本のICTインフラに関する国際比較評価レポート」を公表

総務省は2008年3月18日、「日本のICTインフラに関する国際比較評価レポート」を公表しました。このレポートによると、日本は、総合評価では第1位であるものの、ICTインフラの普及度、社会基盤性については低調な結果となっており、今後はこうした分野への集中的な資源配分の必要性があるということです。

「日本のICTインフラに関する国際比較評価レポート」の公表(総務省の報道資料)
http://www.soumu.go.jp/s-news/2008/080318_3.html

栃木県小山市立中央図書館で「としょかん朝市」開催

栃木県小山市立中央図書館では、文部科学省の「地域の図書館サービス充実支援事業」の一環として、図書館の入口で地元農産品を販売する「としょかん朝市」を開催しました。朝市を通じて、図書館利用の促進と農業振興を図っているということです。なお、「地域の図書館サービス充実支援事業」として、農業支援サービスを行っているのはこの図書館が初めてだということです。朝市の評判は上々で、次回の開催も検討されています。

図書館で朝市、地域農業PR/栃木・小山市【関東】
- 日本農業新聞 2007/3/17付けの記事
http://www.nougyou-shimbun.ne.jp/modules/bulletin8/article.php?storyid=5187

参考:
文部科学省、「地域の図書館サービス充実支援事業」を公募

「知的財産推進計画2007」の見直しに関する意見募集

内閣に設置された知的財産戦略本部が、「知的財産推進計画2007」の見直しに関する意見募集を行っています。期限は4月3日となっています。
なお、3月13日に開催された、知的財産戦略本部会合の配布資料も公開されています。著作権法の見直し、国立国会図書館(NDL)所蔵資料のデジタル化と図書館での利活用などの内容を含む、知的財産戦略本部コンテンツ・日本ブランド専門調査会による「デジタル時代におけるコンテンツ振興のための総合的な方策について」などが掲載されています。

「知的財産推進計画2007」の見直しに関する意見募集
http://www.kantei.go.jp/jp/singi/titeki2/pc/080313comment.html

知的財産戦略本部会合(第19回)議事次第

国際子ども図書館、「第1回児童サービス連絡会」の資料を公開

国際子ども図書館が、2007年11月19日に開催した「第1回児童サービス連絡会」の資料を公開しています。同連絡会に出席した都道府県立図書館9館及び国際子ども図書館に対し、事前に行ったアンケート(選書、催物、子ども向けホームページ等)の回答などが掲載されています。

平成19年度児童サービス連絡会-児童サービスの実際と課題-
http://www.kodomo.go.jp/event/evt/bnum/event2008-04.html

「公文書管理の在り方等に関する有識者会議」(第1回)開催

国の機関における文書の作成、国立公文書館への移管、廃棄についての統一的なルールなどを議論する「公文書管理の在り方等に関する有識者会議」の第1回会合が、2008年3月12日、開催されました。今後議論を重ね、2008年10月までに報告書をまとめる予定だということです。

公文書管理の在り方等に関する有識者会議
http://www.cas.go.jp/jp/seisaku/koubun/index.html

文部科学省、「子どもの読書活動推進に関する基本的な計画」(第二次)が閣議決定

文部科学省は、2008年2月28日までの期限で「子どもの読書活動に関する基本的な計画」(第二次)の案に対するパブリックコメントを受け付けていましたが、2008年3月11日、閣議決定され、国会へ報告されました。

「子どもの読書活動の推進に関する基本的な計画」の変更について
http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/20/03/08031005.htm

参考:
文部科学省、「子どもの読書活動の推進に関する基本的な計画【第二次】(案)」に関する意見募集を実施
http://current.ndl.go.jp/node/7332

SPARC Japan、ウェブサイトをリニューアル

国立情報学研究所(NII)の国際学術情報流通基盤整備事業・SPARC Japanが、ウェブサイトをリニューアルしています。ニュースのRSS配信、パートナー誌一覧、イベント情報の案内、関連ドキュメントなどがコンテンツとして掲載されています。

国際学術情報流通基盤整備事業
http://www.nii.ac.jp/sparc/

情報処理学会がSecond Life会場で招待講演をストリーミング中継

第70回情報処理学会全国大会が3月13-15日に開催されますが、このうち招待講演をセカンドライフ(Second Life)会場でストリーミング中継すると発表しています。

招待講演には、IEEE Computer Society会長、リンデンラボ社の副社長とともに、長尾真・国立国会図書館長が登壇する予定です。

第70回情報処理学会全国大会セカンドライフ会場について
http://www.image.esys.tsukuba.ac.jp/~kitahara/ipsj-sl/

第70回情報処理学会全国大会でセカンドライフ仮想会場が開設される - セカンドライフマガジン
http://sl.impressrd.jp/e/2008/03/03/688

参考:
慶應義塾大学、Second Lifeに進出

eラーニング等のICTを活用した教育に関する調査報告書(2007年度)

メディア教育開発センター(NIME)が、「eラーニング等のICTを活用した教育に関する調査報告書(2007年度)」を公開しています。ICT活用教育の導入状況、効果、課題(著作権許諾処理、個人情報の扱いなど)、教員の教育力向上のためのファカルティ・ディベロップメント(FD)、eラーニング/インターネットを用いた遠隔教育、ラーニング・マネジメント・システム(LMS)など、多岐に渡る調査がなされています。

eラーニング等のICTを活用した
教育に関する調査報告書
(2007年度)
http://www.nime.ac.jp/reports/001/main/eLearning07-jp.pdf

筑波大学附属図書館の使い方をアニメーションで解説"Tulips tutorial"

筑波大学図書館情報メディア研究科の宇陀則彦研究室が、筑波大学附属図書館のチュートリアルTulips tutorialを作成し、公開しています。

FlashとJavaScriptによるアニメーション仕立てで、OPACやMetaLib、SFXの使い方を解説しています。

Tulips tutorial
http://www.ipe.tsukuba.ac.jp/~s0412115/tutorial2/frame.htm

ページ