日本

関市立図書館(岐阜県)、『名刺代わりの「館長コンサート」』を開催

2017年7月15日、岐阜県の関市立図書館が、閉館後、『名刺代わりの「館長コンサート」』を開催します。

元音楽教師で就任1年に満たない館長が、挨拶代わりにフルートで、小学校で学習する曲や昔懐かしい曲を演奏するもので、2本のリコーダーを使った一人二重奏も行うとのことです。

『名刺代わりの「館長コンサート」』(関市立図書館)
http://ufinity08.jp.fujitsu.com/sekilib/index.php?key=jo8vab76i-359#_359

静岡市立図書館、夏休み期間中、中山間地域で「1日こかげ文庫」を実施

静岡市立図書館が、夏休み期間中(7月26日から8月4日まで)、市内の中山間地域で「1日こかげ文庫」を実施すると発表しています。

中山間地域の小・中学校に移動図書館車が巡回し、本の貸出・返却、絵本・紙芝居などのおはなし会、工作教室、講師によるレクリエーションなどの催し物が行われます。

科学研究費補助金、研究成果公開促進費と奨励研究の応募手続きを電子化 平成30年度公募分から

2017年6月27日、日本学術振興会は従来、応募書類の紙媒体での提出が必要であった、科学研究費補助金の研究成果公開促進費と奨励研究について、平成30年度公募分から科研費電子申請システムを用いて、応募手続きを電子化することを発表しました。

2017年9月中に科研費電子申請システム内に研究成果公開促進費と奨励研究の応募ページもリリースされる予定、とのことです。

○科学研究費助成事業(科学研究費補助金)(研究成果公開促進費)の応募手続きの電子化等について(日本学術振興会、2017/6/27付け)
http://www.jsps.go.jp/j-grantsinaid/06_jsps_info/g_170627_2/index.html

鹿嶋市立中央図書館、読書履歴を管理できる「マイ本棚」機能の提供を開始

茨城県の鹿嶋市立中央図書館が、図書館システムの更新にあわせて2017年6月からインターネットサービスを拡充しています。

貸出中ではない資料の予約、インターネットからの貸出延長に加え、読みたい本の整理や読書履歴の管理ができる「マイ本棚」機能も提供を開始したとのことです。借りた本の履歴が管理できるほか、読みたい本として登録したものについてそのまま予約すること等も可能とのことです。

インターネットサービスが拡がります。(2017年6月1日付け、鹿嶋市立中央図書館)
http://opac.city.kashima.ibaraki.jp/news/?id=8

借りた本の履歴がHPに 鹿嶋市立中央図書館、読書手帳も無料配布(茨城新聞、2017/6/29付け)
http://ibarakinews.jp/news/newsdetail.php?f_jun=14986512221341

国立情報学研究所、教職員や学生が利用可能なサービスを一覧できるポータル「クラウドゲートウェイサービス」の本運用を開始

2017年7月3日、国立情報学研究所(NII)が、教職員や学生が利用可能な各種クラウドサービスやインターネット上のサービスにワンストップでアクセスできるポータル「クラウドゲートウェイサービス」の本運用を開始したと発表しています。

教職員や学生が利用可能なサービスを一覧できるポータル/「クラウドゲートウェイサービス」の本運用を7月3日から開始(NII,2017/7/3)
http://www.nii.ac.jp/news/release/2017/0703.html
http://www.nii.ac.jp/news/2017/newsrelease20170703.pdf

早稲田大学図書館、中央図書館への子どもを連れての入館(一部利用)を可能に

2017年7月3日、早稲田大学図書館は、子育てをしている早稲田大学在籍中の教職員・学生を支援するため、中央図書館への子どもを連れての入館(一部利用)を可能にしたと発表しています。

対象は10歳までの子どもで、ベビーカーをインフォメーション・カウンターに預けることもできます。

中央図書館にお子さま連れでも入館できるようになりました!(早稲田大学図書館,2017/7/3)
https://www.waseda.jp/library/news/2017/07/03/3859/
https://www.waseda.jp/library/assets/uploads/2017/07/children_into_the_central_library_J.pdf

静岡県立中央図書館、閲覧室床にひび割れが発見され、安全対策実施のため臨時休館:休館期間は3か月から4か月程度を予定

2017年7月3日、静岡県立中央図書館が、閲覧室床のひび割れが発見されたことにより、安全対策のため臨時休館すると発表しています。

ひび割れは、2017年4月から6月にかけて実施した図書館施設の調査で見つかったもので、図書の増加により閲覧室の床に大きな加重がかかった状態での使用が長期に渡って続いたことが主な原因と考えられると説明されています。

この調査結果を受け、図書館を臨時休館として、図書の移動やひび割れの詳細な調査を実施するとのことです。休館期間は3か月から4か月程度が想定されていますが、閲覧室や書庫等への出入りが不要なサービスからの順次再開を予定しており、7月中旬には図書館ウェブサイトを通じて告知するとのことです。

返却や延長は可能ですが、来館貸出や県内市町村立図書館への協力貸出、予約、レファレンス、郵送複写、利用者登録などのサービスは休止されます。

山口県立山口図書館・高知県立図書館・佐賀県立図書館、明治維新をテーマに連携展示を実施中

山口県立山口図書館・高知県立図書館・佐賀県立図書館が、明治維新をテーマに連携展示を実施中です。

関連の所蔵資料を展示するほか、各県の観光パンフレットが配布されます。

各館の展示は以下の通りです。

〇山口県立山口図書館
・展示名  人物で読む 高知・佐賀の明治維新
・期間   2017年7月1日から8月30日まで

〇高知県立図書館
・展示名  維新ゆかりの地を巡る夏~明治維新150年記念展示~
・期間   2017年7月1日から8月24日まで

〇佐賀県立図書館 
・展示名  維新を感じる旅に出よう!!
・期間   2017年6月29日から7月25日まで

明治維新人物ギャラリー資料展示「人物で読む 高知・佐賀の明治維新」(山口県立山口図書館,2017/7/1)
https://library.pref.yamaguchi.lg.jp/ishin_jinbutsu/201707

大阪市立住之江図書館、近畿財務局と連携し、こども食堂で「ゲームでたのしく学ぼう!!おこづかいの使い方」を開催

2017年8月2日、大阪市立住之江図書館が、近畿財務局と連携し、こども食堂等を運営する「すみのえ育(はぐ)」において、「ゲームでたのしく学ぼう!!おこづかいの使い方」を開催します。

ゲームで遊んだり、貯金箱を作ったりしながら、お金の大切さを学ぶもので、財務省近畿財務局の職員が講師を務めます。

小学校1年生から4年生が対象で、保護者向けのお話もあります。
定員は16人(事前申込制、先着順)です。

【住之江】ゲームでたのしく学ぼう!!おこづかいの使い方(大阪市立住之江図書館)
http://www.oml.city.osaka.lg.jp/index.php?key=jok2zpxjf-510#_510

夏休み企画 / 親子で学ぶ「おこづかいの使い方講座」開催(すみのえ育)
http://suminoe-hug.org/?p=2857

国立国会図書館(NDL)、国立国会図書館デジタルコレクションの歴史的音源の書誌情報について、オープンデータセットの提供を開始

2017年7月3日、国立国会図書館(NDL)は、国立国会図書館デジタルコレクションに収録されている歴史的音源の書誌情報について、オープンデータセットの提供を開始しました。

2017年6月19日時点の歴史的音源の書誌情報について、インターネット公開分約2,000件と参加館配信・NDL館内限定分約4万7,000件を、それぞれxlsx形式とtsv形式で提供しています。

また、国立国会図書館デジタルコレクションのその他の書誌情報のオープンデータセットも、7月1日時点のものに更新しています。

新着情報(国立国会図書館)
http://www.ndl.go.jp/jp/news/index.html
※「2017年7月3日」に「国立国会図書館デジタルコレクションの歴史的音源の書誌情報についてオープンデータセットの提供を開始しました。また、その他の国立国会図書館デジタルコレクション書誌情報を更新しました。」とあります。

ページ