日本

第20回図書館サポートフォーラム賞の表彰者が発表される

2018年4月4日付で、図書館サポートフォーラムが、ユニークで社会的に意義のある各種図書館活動を表彰する「図書館サポートフォーラム賞」について第20回の結果を発表しました。

図書館サポートフォーラム賞
・奥泉和久氏(法政大学 非常勤講師/元・横浜女子短期大学図書館)
・小山 騰氏(元・ケンブリッジ大学図書館 日本部長)
・公益財団法人大宅壮一文庫

図書館サポートフォーラム賞特別賞
・前園主計氏(元・山梨英和大学教授)

が選ばれ、4月23日に東京都千代田区の喜山倶楽部で表彰式が開催されます。

★第20回 図書館サポートフォーラム賞表彰決定(図書館サポートフォーラム)
http://www.nichigai.co.jp/lib_support/index.html

文部科学省、「人口減少時代の新しい地域づくりに向けた社会教育の振興方策について(諮問)」をウェブサイトで公開

2018年4月4日、文部科学省が、同年3月2日に開催された中央教育審議会(中教審)で諮問した「人口減少時代の新しい地域づくりに向けた社会教育の振興方策について(諮問)」を同省のウェブサイトで公開しました。

公民館・図書館・博物館等の役割や機能強化方策を含め、人口減少社会において、関係者の連携と住民の主体的な参画のもと、新しい地域づくりを進めるための学習・活動の在り方を中心に、今後の社会教育の振興方策について審議を依頼したもので、「関係者の連携と住民の主体的な参画による新しい地域づくりに向けた学習・活動の在り方」「公民館,図書館,博物館等の社会教育施設に求められる役割」「社会教育施設が求められる役割を果たすために必要な具体的方策」を中心とした検討を要請しています。

新着情報(文部科学省)
http://www.mext.go.jp/b_menu/news/index.html
※平成30年04月04日欄に「人口減少時代の新しい地域づくりに向けた社会教育の振興方策について(諮問)」とあります。

公益財団法人交通文化振興財団、「交通文化振興財団デジタル資料館」を公開

2018年4月2日、公益財団法人交通文化振興財団が、「交通文化振興財団デジタル資料館」を公開しました。

同財団がデジタル化を進めてきた鉄道・船舶・航空機・車等といった同財団所蔵の交通関係資料が公開されており、2017年に実施したクラウドファンディングにより制作されたものです。

今後も不定期にこれまでデジタル化を進めてきた資料や新たにデジタル化した資料を追加していく予定としています。

@kotubunka(Facebook,2018/4/2)
https://www.facebook.com/kotubunka/photos/a.872589372888518.1073741828.870212343126221/1001932416620879/

統計数理研究所、医療健康データ科学研究センターを設立

2018年4月1日、情報・システム研究機構 統計数理研究所が、医療健康データ科学研究センターの設立を発表しています。

医学・健康科学の先進的なデータサイエンスの研究と人材育成の推進を設立目的としています。

同センターの設立記念シンポジウムが、2018年5月28日に開催されます。

医学・健康科学のデータサイエンスをリードする  ~ 統計数理研究所が新センター設立 ~(統計数理研究所,2018年4月吉日)
http://www.ism.ac.jp/ura/press/ISM2018-02.html

医療健康データ科学研究センター
http://www.ism.ac.jp/rcmhds/

元京都市立立誠小学校跡地に立誠図書館が開館

2018年4月1日、 元京都市立立誠小学校跡地に、立誠図書館が開館しました。

一般社団法人文まちによるもので、2017年11月に締結された「元京都市立立誠小学校跡地活用計画の合意」に基づいて2020年にオープン予定の複合施設内に設置される地域の歴史・文化を発信する図書館を、先行してオープンさせたものです。

ブックディレクターの幅允孝氏が監修を行なっており、「京都歩きの本棚」「立誠小学校DNAの本棚」「食べる本棚」に分類した約500冊の書籍を所蔵しているほか、敷地内各所にも実際の小学校の扉を用いた図書館BOXが配置されています。貸出業務は行っていませんが、カフェが併設されています。

「立誠図書館運営方針」では、「地域文化発信のための図書館運営に努め、資料の閲覧、相談、行事を通じて利用の拡大を図り、まちづくりに役立つ図書館の実現を目指します」と述べ3つの理念を掲げているほか、「図書館の基本方針」では「多様な周辺文化資源の情報の収集」、「図書館サービスの向上」(レファレンスサービス(相談・調査・照会)の充実)、「地域課題を解決する拠点となることにより、地域文化の発信と活性化に寄与」をあげています。

2020年開設予定の図書館では、テーマ・所蔵書籍とも拡大させるとしています。

国立映画アーカイブ、所蔵映画フィルム検索システムを公開

2018年4月1日、国立映画アーカイブは、所蔵映画フィルム検索システムを公開しました。

国立映画アーカイブが所蔵する日本劇映画を収録しており、映画の題名、スタッフ・キャスト、製作年代から検索できます。

国立映画アーカイブ「所蔵映画フィルム検索システム」開設のお知らせ(国立映画アーカイブ, 2018/4/1)
http://www.nfaj.go.jp/ge/topics/20180401-3/

所蔵映画フィルム検索システム(国立映画アーカイブ)
http://nfad.nfaj.go.jp/

参考:
独立行政法人国立美術館、2018年4月に「国立映画アーカイブ」を設置
Posted 2018年2月7日
http://current.ndl.go.jp/node/35440

文部科学省、「小学校プログラミング教育の手引(第一版)」を公表

2018年3月30日、文部科学省が、「小学校プログラミング教育の手引(第一版)」を公表しました。

新しい小学校学習指導要領において、プログラミング教育が必修化されたことを踏まえ、教師の不安を解消することを目的に、プログラミング教育の基本的な考え方、取組例、各教科等の目標や内容を踏まえた指導例、企業・団体や地域等との連携事例等についてわかりやすく解説したものです。

「小学校プログラミング教育の手引(第一版)」の公表について(文部科学省,2018/3/30)
http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/30/03/1403192.htm

小学校プログラミング教育の手引(第一版)(文部科学省)
http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/zyouhou/detail/1403162.htm

美術図書館連絡会(ALC)、「美術図書館横断検索」をリニューアル

2018年4月2日、国内美術図書館のコンソーシアムである美術図書館連絡会(ALC)が、「美術図書館横断検索」をリニューアルしました。

リニューアルの主な特徴として、

・横断検索の高速化。
・デザインの一新。
・全件検索に加え、美術図書館を特徴づける資料種別である「展覧会カタログ」などの切り口で検索対象を絞り込む「展覧会カタログ・図書」「雑誌」の画面を設置。
・検索結果に対し、「タイトル」「著者名」「出版年」などの項目ごとに表示順を操作する機能を追加。
・検索結果に対し、「展覧会カタログ」といったキーワードや所蔵館を切り口にした表示切替え機能を追加。

があげられています。

株式会社ブレインテックのサイト構築・管理体制のもと、バックグラウンドに株式会社カーリルの超高速横断検索API「カーリル Unitrad API」が採用されています。

宮内庁、「書陵部所蔵資料目録・画像公開システム」をリニューアル

2018年4月2日、宮内庁が、「書陵部所蔵資料目録・画像公開システム」をリニューアルしました。

ギャラリーバックナンバーページ、発行物一覧ページなどが新設されています。

書陵部所蔵資料目録・画像公開システム
https://shoryobu.kunaicho.go.jp/
※「H30.04.02 サイトをリニューアルしました。」とあります。

参考:
宮内庁、「書陵部所蔵資料目録・画像公開システム」に陵墓課が所蔵する考古品の資料を追加
Posted 2017年11月6日
http://current.ndl.go.jp/node/34950

デジタルアーカイブ「宮内庁書陵部収蔵漢籍集覧」が一般公開
Posted 2016年6月8日
http://current.ndl.go.jp/node/31763

佐賀県立佐賀城本丸歴史館、「佐賀県人名辞典」をオンラインで公開

2018年3月31日、佐賀県立佐賀城本丸歴史館が、「佐賀県人名辞典」をオンラインで無料で公開しました。

原始・古代から近代までの佐賀県に関わる人物の基礎情報を紹介するもので、収録人物の下限は明治期生まれとなっています。また、肥前・佐賀地域に与えた影響が大きいと見なした人物は、佐賀県出身者以外でも選抜して掲載されています。

公開時点では、約350人の人名項目及び約2,000人分の人名リストが公開されており、今後も補充・更新を行うとされています。

佐賀県人名辞典の電子版を公開しました(佐賀県立佐賀城本丸歴史館,2018/3/31)
http://saga-museum.jp/sagajou/news/2018/03/001841.html

佐賀県人名辞典
https://www.saga-ebooks.jp/jinmei/

ページ