日本

CiNiiから機関リポジトリへのリンク、運用開始

国立情報学研究所(NII)が、CiNiiの検索結果画面や詳細表示画面から学術機関リポジトリの論文詳細表示画面にリンクする運用を開始しました。

CiNiiから機関リポジトリの論文にリンクできるようになりました(2008/10/06) - CiNiiヘルプ
http://ci.nii.ac.jp/cinii/pages/index.html#20081006

CiNiiから機関リポジトリの論文にリンクできるようになりました - 学術機関リポジトリ構築連携支援事業
http://www.nii.ac.jp/irp/2008/10/cinii_3.html

CiNiiから京大リポジトリほか収録の論文が検索可能に - 京都大学図書館機構

湘北短期大学の「図書館を実践の場とする学科横断PBL教育」、教育GPに選定

文部科学省が2008年9月30日、2008年度の「質の高い大学教育推進プログラム」(教育GP)の選定結果を発表しました。

平成20年度「質の高い大学教育推進プログラム」の選定状況について - 文部科学省
http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/20/09/08092509.htm

日本数学会等、学術文献の引用に関する国際数学連合のレポートを日本語訳

国際数学連合(IMU)が応用数理国際会議(ICIAM)、数理統計研究所(IMS)と合同で、学術文献の引用を統計学的に分析したレポート“Citation Statistics”の日本語訳を、日本数学会・日本学術会議数理科学委員会が作成し、『数学通信』誌および日本数学会のウェブサイトで公開しています。

IMU-ICIAM-IMS 報告 Citation Statistics
http://mathsoc.jp/IMU/CitationStatisticsJp20080930.pdf

日本数学会(MSJ)・IMUからの情報
http://mathsoc.jp/IMU/

参考:
国際数学連合、学術文献の引用を統計学的に分析したレポートを発表
http://current.ndl.go.jp/node/8038

第10回図書館総合展のプログラム

2008年11月26~28日に横浜で開催される第10回図書館総合展/学術情報オープンサミット2008のフォーラム、プレゼンテーションのプログラムが発表されています。

第10回図書館総合展/学術情報オープンサミット2008
フォーラムプログラム及びプレゼンテーションプログラム
http://www.j-c-c.co.jp/li_forum/index.html

ちなみに、当サイト「カレントアウェアネス・ポータル」も、同フォーラムにて発表を行うことになりました。
詳しくはこちらをご参照ください。
どうぞよろしくお願い申し上げます。

SPARC Japan、10月14日「オープンアクセスの日」に特別セミナーを開催

2008年10月14日の「オープンアクセスの日」に、国立情報学研究所(NII)の国際学術情報流通基盤整備事業(SPARC Japan)が、特別セミナー「日本における最適なオープンアクセスとは何か?」を開催すると発表しています。

SPARC Japan セミナー2008 【Open Access Day 特別セミナー】
「日本における最適なオープンアクセスとは何か?」
http://www.nii.ac.jp/sparc/event/2008/20081014.html

参考:
10月14日は「オープンアクセスの日」
http://current.ndl.go.jp/node/8693

「情報管理Web」のアンケート調査

科学技術振興機構(JST)が運営している「情報管理Web」が2008年11月30日までの日程で、利用者アンケート調査を実施しています。

「情報管理Web」利用者アンケート調査へのご協力のお願い
http://johokanri.jp/enquete/index.html

NDL、アジア・オセアニア地域国立図書館長会議公開セミナーを開催

国立国会図書館(NDL)では2008年10月、東京本館にて第16回アジア・オセアニア地域国立図書館長会議(CDNLAO)を開催します。この会議と合わせ、10月21日に「アジア・オセアニアでは今−変わりゆく情報環境と図書館−」と題した公開セミナーを開催し、来日したアジア・オセアニア地域の国立図書館長が、電子情報環境下における国立図書館のとりくみについて、講演を行うことになっています。

アジア・オセアニア地域国立図書館長会議(CDNLAO) 公開セミナー
「アジア・オセアニアでは今−変わりゆく情報環境と図書館−」
(詳しい日程、参加申込み方法などが掲載されています。)
http://www.ndl.go.jp/jp/service/event/cdnlao.html

E841 - 図書館職員の研修の充実方策について(報告)<文献紹介>

本報告書は,2006年9月に発足し,2008年6月まで活動した2006~2008年度の「これからの図書館の在り方検討協力者会議」(以下,協力者会 議と略)による,図書館職員の研修の充実方策をまとめたものである。2004~2005年度の協力者会議では,2006年3月に「これからの図書館像―地 域を支える情報拠点を目指して―」をとりまとめている(E478参 照)が,本報告書は「これからの図書館像」を具体的に実現するための,次の一歩と位置づけられている。報告書は3章立ての構成となっている。その他に,資 料として別紙1「司書等の研修体系について」,別紙2「図書館職員のキャリアパスのための研修のモデル」,そして要旨をまとめた「概要」,「参考資 料」(注)も添えられている。...

CiNiiのサービスに関するアンケート

国立情報学研究所(NII)が、学術論文データベース“CiNii”のサービスに関するアンケート調査を実施しています。期間は2008年10月29日までとなっています。

CiNii のサービスに関するアンケート - 国立情報学研究所学術コンテンツ課
https://cattools.nii.ac.jp/cgi-bin/enq/enquete.cgi/cinii2008/

参考:
CiNiiのサービスに関するアンケート調査の結果(2007年度)
http://current.ndl.go.jp/node/7163

CiNiiのサービスに対する評価は?
http://current.ndl.go.jp/node/4922
(※2006年度アンケート調査結果)

図書館に関するウェブ上の議論の集約をめざすWikiサイト「LisBlogger」(日本)

図書館・図書館情報学に関するウェブ上の議論をまとめた記事を集約することをめざすWikiサイト「LisBlogger」が立ち上がっています。

LisBlogger - 図書館系ブログポータル
http://www20.atwiki.jp/lis-blogger/

008-09-28 (Sun)付けAcademic Resource Guideの記事
http://d.hatena.ne.jp/arg/20080928/1222609542

ページ