日本

丸善とTRC、共同持株会社を設立して経営統合へ

共に大日本印刷株式会社の子会社である丸善株式会社と株式会社図書館流通センター(TRC)とが、共同持株会社を設立して2009年8月3日(予定)に経営統合することで合意したと発表されています。

丸善株式会社及び株式会社図書館流通センターの共同持株会社設立による経営統合に関する基本合意についてのお知らせ - 丸善株式会社
http://www.maruzen.co.jp/ir/news/2008/release20081216_1.pdf

丸善、図書館流通センターの共同持株会社設立による経営統合に関する基本合意について - DNP 大日本印刷ニュースリリース
http://www.dnp.co.jp/jis/news/2008/081216_1.html

参考:
丸善、大日本印刷の子会社に - TRCとの提携も視野に

NII、平成20年度学術ポータル担当者研修の講義資料・成果物を公開

国立情報学研究所(NII)が、平成20年度学術ポータル担当者研修の講義資料および受講者のグループ討議発表資料を公開しています。

「機関リポジトリの導入戦略」「機関リポジトリのコンテンツ形成」「機関リポジトリと著作権」といった研修内容になっています。

学術ポータル担当者研修 - 過去のカリキュラムおよび講義資料 - 平成20年度 - 国立情報学研究所
http://www.nii.ac.jp/hrd/ja/portal/h20/curritxt.html

学術ポータル担当者研修 - 平成20年度 成果物 - 国立情報学研究所
http://www.nii.ac.jp/hrd/ja/portal/h20/report.html

参考:
NII、平成19年度学術ポータル担当者研修の「成果物」を公開

慶應義塾、ベートーヴェンの自筆資料などを含む南葵音楽文庫所蔵資料をデジタル化

慶應義塾大学デジタルメディア・コンテンツ統合研究機構が、ベートーヴェンの自筆資料をはじめ、希少性の高い音楽資料を含む南葵音楽文庫収蔵資料のうち貴重資料800点をデジタル化し、来年にも公開すると発表しています。

慶應義塾大学DMC機構・南葵音楽文庫貴重資料デジタル化報告会(12/9)
http://note.dmc.keio.ac.jp/topics/archives/519

「南葵音楽文庫貴重資料デジタル化報告会」開催
http://note.dmc.keio.ac.jp/topics/archives/521

ベートーベンの自筆楽譜をネットで公開へ…南葵音楽文庫 - 読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/national/culture/news/20081203-OYT1T00138.htm

参考:

SNSなどの双方向利用型サイトを子どもたちが安全に利用するために

子どもの心理・発達やメディアとの付き合い方を専門領域とする学識経験者、子どもの教育現場に深く関わっている実務者から成る「子どもたちのインターネット利用について考える研究会」(座長 坂本章・お茶の水女子大学教授)が第一期の活動内容を報告書にまとめ、公表しました。第一期研究会の調査研究のテーマは「双方向利用型サイトの運営実態と課題」で、SNS、ブログ、プロフ、掲示板などのコミュニケーション系のウェブサイトについて、その実態と子どもたちにとってのリスクを指摘するとともに、保護者がそのリスクをどのように評価すべきなのか、といったことが整理されています。

子どもたちのインターネット利用について考える研究会のプレスリリース
http://www.child-safenet.jp/activity/081215.html

そのSNSは子供にとって安全か? 保護者向けに判断基準を提示

国際原子力情報システム(INIS)への無料アクセスパイロットプロジェクトに日本も参加

原子力に関する各国の文献情報300万件(2008年11月時点)を集めたデータベース「国際原子力情報システム(INIS)」について、インターネットを通じて無料でアクセスできるようにするパイロットプロジェクト“INIS Database on Internet: Open Access Pilot Project”が進展中ですが、このほど、日本もこのプロジェクトに参加することになったと発表されています。同プロジェクトのサイトからユーザ登録(無料)することで、誰でも利用できるようになりました。

なお、INISは2003年から今日まで、原子力科学技術に関連した研究を実施する大学とその付置研究所に対しては、日本原子力研究開発機構(JAEA)が窓口となって、無料で提供されています。

INIS Database on Internet: Open Access Pilot Project

Library of the Year 2008の審査・投票結果

知的資源イニシアティブが、2008年11月26日に最終選考を行った“Library of the Year 2008”の審査・投票結果(1次選考通過機関・サービスの一覧、最終審査の投票の票数)が公開されています。

Library of the Year 2008 - IRI:知的資源イニシアティブ
http://www.iri-net.org/loy/loy2008.html

参考:
Library of the Year 2008大賞は千代田区立千代田図書館
http://current.ndl.go.jp/node/9510

Library of the Year 2008優秀賞の恵庭市立図書館の活動
http://current.ndl.go.jp/node/9732

UPKIシングルサインオン実証実験中間報告会の発表資料

国立情報学研究所(NII)が11月に開催した、シングルサインオン実証実験中間報告会の発表資料が公開されています。

「実証実験の状況とフェデレーション(UPKI-Fed)構築について」「図書館を対象としたSSOに関するアンケート調査結果について」「図書館におけるShibboleth利用の実現可能性~IP認証からID認証へのパラダイムシフト~」「海外の大学間認証連携とUPKI」のほか、参加各大学の状況が報告されています。

シングルサインオン実証実験中間報告会資料集
https://upki-portal.nii.ac.jp/item/idata/odatao/SSO_mid_session_ref/SSO_mid_session

参考:
NII、UPKIシングルサインオン実証実験中間報告会を開催
http://current.ndl.go.jp/node/9183

北海道大学附属図書館、HUSCAPのダウンロード数が200万回を超えたと発表

北海道大学附属図書館が、同大の機関リポジトリ"HUSCAP"の文献ダウンロード数が、2005年7月の試験公開から数え、200万回に達したと発表しています。

HUSCAPダウンロード数、200万回を超える - 北海道大学附属図書館
http://www.lib.hokudai.ac.jp/modules/bulletin/index.php?page=article&storyid=231

HUSCAP(北海道大学学術成果コレクション)
http://eprints.lib.hokudai.ac.jp/dspace/

参考:
CA1628 - 北海道大学の“果実”HUSCAP / 杉田茂樹
http://current.ndl.go.jp/ca1628
リポジトリ収録のマイルストーン(日本)

広島工業大学附属図書館、バーチャル本棚を公開

広島工業大学附属図書館が、特定のテーマの図書を集めて視覚的に表現した「バーチャル本棚」を公開しています。特定の本の画像をクリックすると、OPACの書誌レコードに飛ぶようになっています。

バーチャル本棚 - 広島工業大学附属図書館
http://www.it-hiroshima.ac.jp/library/virtual_towa.html

Library of the Year 2008優秀賞の恵庭市立図書館の活動

“Library of the Year”2008年(NPO法人知的資源イニシアティブ(IRI)主催)の大賞は千代田区立千代田図書館でしたが、優秀賞に輝いた北海道の恵庭市立図書館の取り組みも報じられています。

恵庭市立図書館は、赤ちゃんに絵本を贈るブックスタート事業、読み聞かせの会の結成など子どもの読書活動を推進する事業に取り組んでいます。

恵庭市立図書館にライブラリー優秀賞 - 千歳民報
http://www.tomamin.co.jp/2008/cp081201.htm

先駆的図書館を表彰 ライブラリーオブザイヤー 恵庭市立が優秀賞 「読書のまちづくり」高く評価 - 北海道新聞
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/sapporo/132839.html

恵庭市の取り組み

ページ