日本

石川県、新県立図書館の内部空間イメージを公表

石川県が、2018年1月4日の知事記者会見(年頭知事会見)において、移転・建替予定の新しい県立図書館の内部空間イメージを発表しています。

開架図書約30万冊、円形の大閲覧室、閲覧席500席、屋外空間と一体的な利用ができる屋内広場、様々な知的活動を行う研修室の設置などが紹介されています。

知事記者会見(年頭知事会見) - 平成30年1月4日 - 3 新県立図書館の整備(石川県,2018/1/10)
http://www.pref.ishikawa.lg.jp/chiji/kisya/h30_1_4/05.html

開放的な吹き抜けの読書空間:図9 [JPG:841KB]
http://www.pref.ishikawa.lg.jp/chiji/kisya/h30_1_4/documents/slide9.jpg

国際農林水産業研究センター(JIRCAS)、「JIRCASフォトアーカイブ」を公開:海外での研究活動で撮影・収集したスライド画像をflickrで公開

2018年1月15日、国立研究開発法人国際農林水産業研究センター(JIRCAS)が、「JIRCASフォトアーカイブ」を公開しました。

旧農林水産省熱帯農業研究センターおよび国際農林水産業研究センターの在外研究員等が世界各国での現地調査及び研究協力を通じて撮影・収集したスライド、約12,000枚をflickrで公開したもので、政府標準利用規約第2.0版(クリエイティブ・コモンズ 表示 4.0 国際 ライセンス(CC BY)互換)に基づいて公開されています。

海外での研究活動の歩みを画像で見る : JIRCASフォトアーカイブを公開(JIRCAS,2018/1/15)
https://www.jircas.go.jp/ja/reports/2017/r20180115

JIRCASフォトアーカイブ(flickr)
https://www.flickr.com/photos/jircas/sets/72157687418510445

千葉県、「千葉県立図書館基本構想」を公表

2018年1月17日、千葉県が「千葉県立図書館基本構想」を公表しています。

2017年12月21日から2018年1月11日まで行なっていた意見募集の結果を参考に、同案を一部修正して教育委員会会議で決定し、公表されたものです。

あわせて、市民、団体、市町村から寄せられた意見と県の考え方をまとめた資料も公開されています。

千葉県立図書館基本構想の策定(千葉県,2018/1/17)
https://www.pref.chiba.lg.jp/kyouiku/shougaku/shisetsu/tosyokan/kihonkeikaku-sakutei.html

福島県、「東日本大震災・原子力災害アーカイブ拠点施設」の概要を発表

2017年12月27日に開催された、福島イノベーション・コースト構想推進本部会議において、福島県が、「東日本大震災・原子力災害アーカイブ拠点施設整備事業」の概要について説明をしています。

説明資料によると、双葉郡双葉町中野地内に設置される「東日本大震災・原子力災害アーカイブ拠点施設」は地上2階建・延床面積約5,200平方メートルの建物で、展示エリア、サービス・収蔵エリア、管理・研究エリア、研修・会議エリア、共用エリア等を備えます。

また、震災の体験者による震災語りが行ないやすいスペースが設けられるほか、津波等の被害に備えるため、収蔵庫・展示室を2階に配置するなどの特徴があります。

福島イノベーション・コースト構想推進本部会議開催状況(福島県)
http://www.pref.fukushima.lg.jp/site/portal/innovationhonbu-kaisai.html
※「第5回(H29.12.27)」欄に資料が掲載されています。

大阪府立中央図書館、リフレッシュルームをリニューアル:ボードゲームや将棋・囲碁なども設置

2018年1月12日、大阪府立中央図書館が、リフレッシュルームをリニューアルしたことを発表しています。

自動販売機やパソコン・携帯電話・スマートフォンなどの充電が可能な電源があるほか、ボードゲームや将棋・囲碁なども設置されています。

大阪府立中央図書館 お知らせ
https://www.library.pref.osaka.jp/site/central/index-2.html
※「コミュニティスペースがリニューアルしました!! (2018年1月12日更新)」とあります。

リフレッシュルームについて(大阪府立中央図書館)
https://www.library.pref.osaka.jp/site/central/refleshroom.html

神戸芸術工科大学情報図書館、図書展示「災害とわたしたち~震災関連図書・写真展示~」を開催

神戸芸術工科大学情報図書館が、2018年1月5日から3月30日まで、図書展示「災害とわたしたち~震災関連図書・写真展示~」を開催しています。

展示されている写真は、同館が所蔵する写真と人と防災未来センターから提供を受けた写真です。

@KobeDU_M_Lib(Twitter,2018/1/5,2018/1/17)
https://twitter.com/KobeDU_M_Lib/status/949087703290724352
https://twitter.com/KobeDU_M_Lib/status/953427259678863361

関連:
阪神・淡路大震災資料(神戸芸術工科大学情報図書館)
http://www.lib.kobe-du.ac.jp/?page_id=362

大和市(神奈川県)、文化創造拠点「シリウス」の図書館での「自分史」の寄贈受付を開始

神奈川県の大和市が、2018年1月15日の市長の年頭記者会見において、文化創造拠点「シリウス」の図書館での「自分史」の寄贈受付を2月1日から開始すると発表しています。

市内在住者が対象で、寄贈者自身が執筆したものか、故人が自身について記したもので、100ページから300ページ程度の分量、長期保存が可能な紙質や製本であることが寄贈の条件となっています。

寄贈を受けた「自分史」は、貸出はされず、来館者が閲覧できるよう、同施設の開架の専用コーナーで所蔵されます。

平成29年度に実施する施策 ①寄贈された自分史をシリウスの図書館に配架(☆大和市平成30年市長年頭記者会見資料) [PDF:4ページ](大和市,2018/1/15)
http://www.city.yamato.lg.jp/web/content/000133050.pdf
※3ページ目に記載があります。

『デジタルプラクティス』誌2018年1月号が「オープンデータを活用した新しい社会」特集を掲載

情報処理学会が発行する、IT実践の成果発表を目的とする雑誌『デジタルプラクティス』の第9巻1号(33号、2018年1月15日刊行)において、特集「オープンデータを活用した新しい社会」が組まれています。特集にあわせた2本の解説記事、2本の招待論文、4本の投稿論文が掲載されており、いずれも無料で本文を閲覧できます。

デジタルプラクティス 33 INDEX-目次-
https://www.ipsj.or.jp/dp/contents/publication/33/S0901-index.html

【イベント】国立国会図書館関西館第23回小展示「犬も歩めば本になる ―歴史から研究・物語まで―」(2/22~3/20・京都)

2018年2月22日から3月20日まで、国立国会図書館関西館は、第23回小展示「犬も歩めば本になる ―歴史から研究・物語まで―」を開催します。

身近だけれど奥深い犬という生き物について、所蔵資料約100点を用いて、人と深く関わってきた犬の様々な側面を紹介します。

第23回 関西館小展示「犬も歩めば本になる ―歴史から研究・物語まで―」(国立国会図書館)
http://www.ndl.go.jp/jp/event/exhibitions/kansai_201802.html
http://www.ndl.go.jp/jp/event/exhibitions/kansai_201802.pdf
※2つ目のリンクはチラシ(PDF: 3.25MB)です。

神戸大学附属図書館、企画展「阪神・淡路大震災と地域の復興 ―23年目の神戸と地域・コミュニティの課題―」を開催

神戸大学附属図書館が、社会科学系図書館にて、2018年1月11日から2月1日まで、企画展「阪神・淡路大震災と地域の復興 ―23年目の神戸と地域・コミュニティの課題―」を開催しています。

展示概要は以下の通りです。

第1部 阪神・淡路大震災を見つめる―大木本美通氏追悼
第2部 災害と復興、23 年―阪神・淡路大震災と震災文庫
第3部 地域の復興とコミュニティ

企画展「阪神・淡路大震災と地域の復興 ―23年目の神戸と地域・コミュニティの課題―」【1/11(木)~2/1(木)】(神戸大学附属図書館,2018/1/11)
https://lib.kobe-u.ac.jp/libraries/9782/

企画展「阪神・淡路大震災と地域の復興 ―23年目の神戸と地域・コミュニティの課題―」(神戸大学,2018/1/11)
http://www.kobe-u.ac.jp/NEWS/event/2018_01_11_01.html

ページ