中国

CA1519 - 動向レビュー:中国図書館界におけるナレッジ・マネジメントの動向 / 李常慶

はじめに「ナレッジ・マネジメント」という言葉とその概念は1990年代の始めごろから,ビジネス界で流布するようになったと思われる。ビジネス界は早くから"ナレッジ時代"のグローバル経済におけるナレッジの重要性を認識してきた。図書館は情報を収集し整理および提供する重要な専門機関…

CA1507 - ネット上での合同レファレンスシステムと文献資源共有との関係-上海図書館と知識ナビゲーション合同ネット / 金紅亜,張軼

情報技術の飛躍的な発展と図書館業務の絶え間ない拡大によって,ネット上のレファレンスサービスは新しい図書館業務として発展しつつあり,国内外で広がりをみせている。海外で著名なネット上のレファレンスサービスには,米国のQuestionPoint,24/7,VRDがある。[中国]国内では,国家図書…

CA1472 - 中国の電子図書館「超星数字図書館」 / 安藤一博

紙媒体の資料を電子化し,ウェブ上で提供するサービスが1999年頃から中国で見られるようになった。米国の洋雑誌アーカイブサービス「JSTOR」( http://www.jstor.org/ )に相当する中国語雑誌のアーカイブサービス「中国期刊網(Chinese Journal Network)」( http://www.cnki.net/ )や,図書をウェブ上で閲読できる「超星数字図書館(Super Star Digital Library)」( http://www.ssreader.com/ )などである。前者は大学図書館など主に機関を対象として,定期刊行物を扱っているが,後者は個人利用者をサービス対象としている。本稿では後者「超星数字図書館」のサービスについて紹介する。…

CA1444 - 中国の出版学教育カリキュラム / 諸橋邦彦

中国では近年,出版業界の成長が著しい。1979年以来の「改革・開放」に伴う市場経済導入政策によるところが大きく,現在では出版業界が中国経済に占めるポジションも無視できなくなっている。出版業界を担う人材を養成するための教育・訓練の制度も,やはり1980年代から整備され始めた。…

CA1443 - 中国の図書館ネットワーク-CALISの現状- / 村上かおり

CALIS(China Academic Library and Information System:中国高等教育文献保障系統)とは中国の大学図書館ネットワークで,国家プロジェクトとして1998年11月にスタートした。70の大学が参加し,CERNET(中国教育・研究ネットワーク)を利用して図書館情報資源の共有化を図っている。利用者(学生)は70万人に及ぶ。…

CA1427 - 香港中央図書館の開館 / 鎌田文彦

2001年5月17日,香港中央図書館が開館した。同館は,ショッピング・レストラン街として有名な,香港島の銅鑼湾に面したヴィクトリア公園に隣接する場所に建設された。1993年に建設計画が決定し,その後8年を経て,総工費約9億5,000万香港ドル(約142億5,000万円)をかけ,ようやく開館の日を迎…

CA1246 - 中国のインターネット規制と政府情報の国際交換 / 渡邊幸秀

中国におけるインターネット利用者は99年に入って150万人を越え,その数は1年間で倍以上に増加した。北京,広州,上海などの大都市では若者やビジネスマンを中心にかなり普及・定着してきたようである。また99年2月に江沢民国家主席は対外宣伝工作会議での演説で,改革開放政策や民主化の…

CA1111 - 中国の情報規制、インターネットにも / 渡邊幸秀

高い経済成長を続ける中国では,95年パソコンの販売台数が100万台を超すなど,情報化社会突入の兆しが現れている。インターネットも中国科学院などの研究機関や大学,外資系企業などでの利用が始まり,95年には一般市民にも開放された。その利用者数は95年7月の段階で4万人に達し,96年11月…

CA1104 - 中国の女性図書館員 / 中村邦子

中国の女性図書館員(以下女性館員)の現状に関する包括的な調査の結果が報告された。これは国家図書館,大学図書館,科学図書館,公共図書館等61館に対して行った女性館員の人数,年齢構成,職称に関する調査と,大学図書館,科学図書館,公共図書館等に勤務する女性館員400人に対して…

CA1067 - 挑戦?むしろ好機である−中国における情報検索の情況− / 嶋田真智恵

中国は現在,情報検索(IR=Information Retrieval)の進歩にむけて,日々邁進しているように思われる。「中国での社会的流れは,IRの進歩・普及を促進する方向になっている」(Minzu, et al., p. 66)と述べられる様に中国では積極的にIRの開発を進めていこうという意気込みが感じられる。特に,第8次5…

ページ