ヤングアダルト

佐世保市立図書館(長崎県)、米軍基地内の学校の生徒と室内ゲームで交流する「第1回 英語 de 友活」を開催

2019年2月11日、長崎県の佐世保市立図書館が、米軍佐世保基地内にあるE.J.キングハイスクールの生徒と室内ゲーム(オセロ・ジェンガ)を通して英語で交流するイベント「第1回 英語 de 友活」を開催します。

対象は中学生・高校生で、定員は30人です(応募多数の場合は抽選)。

@sasebo.city.library(Facebook,2019/1/17)
https://www.facebook.com/sasebo.city.library/photos/a.2105705523031757/2309460629322911/

チラシ [PDF:1ページ]
https://www.library.city.sasebo.nagasaki.jp/c1/bib/pdf10756.pdf

中央大学・八王子市図書館部(東京都)、共同研究「読書感想文および図書館利用実態に関する研究」の2018年度中間報告会を開催

2018年1月29日、中央大学と東京都八王子市の図書館部による共同研究「読書感想文および図書館利用実態に関する研究」に関する2018年度中間報告会が、八王子市生涯学習センターで開催されます。

2017年4月に大学と市の間で締結された「包括連携協定」に基づき、文学部社会情報学専攻の研究チーム(代表者:教授・小山憲司氏)と八王子市図書館部(代表者:石黒みどり部長)により、2017年度から、八王子市における図書館整備および図書館教育の向上を測ることを目的とした共同研究が実施されています。

同報告会では、学生を中心とした研究成果の報告が以下の通り行われます。

・「図書館のデジタルコミュニケーション」
報告者:佐藤千夏氏(中央大学文学部人文社会学科社会情報学専攻4年)

・「中学生はどのように本を選んでいるのか ―八王子市読書感想文コンクール作品を参考に―」
 報告者:西澤美優氏(中央大学文学部人文社会学科社会情報学専攻4年)

・「八王子市図書館を対象とした図書館評価のためのデータ分析」
 報告者:青木優大氏(中央大学大学院文学研究科社会情報学専攻博士前期課程1年)

2018年度の“上伊那の高校生が選ぶ「読書大賞」”が決定

長野県・上伊那地域の情報を発信するブログ「い~な 上伊那」の2019年1月4日付けの記事で、2018年度の “上伊那の高校生が選ぶ「読書大賞」”の決定が紹介されています。

同賞は、上伊那地区の高校8校の生徒及び教職員で構成される上伊那高等学校図書館協議会(上伊那SLA)の生徒研究会が、フランスの「高校生ゴンクール賞」を参考に、2009年度から毎年度テーマを決めて実施しているものです。

2018年度読書大賞のテーマは「音楽」であり、各高校での投票の結果、恩田陸氏の『蜜蜂と遠雷』(幻冬舎)が受賞しました。

2018年度 “上伊那の高校生が選ぶ「読書大賞」” 決定!!(い~な 上伊那, 2019/1/4)
https://blog.nagano-ken.jp/kamiina/kamiinasla/35788.html

米国国立医学図書館(NLM)、特別展“Politics of Yellow Fever in Alexander Hamilton’s America”を開催:児童・生徒・学生向け教育コンテンツを含むオンライン展示も公開

2019年1月2日、米国国立医学図書館(NLM)が、1月11日から5月22日まで、特別展“Politics of Yellow Fever in Alexander Hamilton’s America”を開催すると発表しました。

1793年に黄熱病がフィラデルフィアで大流行した際に、住民が、科学と政治の不安定な協調のなかで、如何に黄熱病に対応したかを示す内容となっています。

K-12の児童・生徒の学習プランや大学の講義に対応した教育用コンテンツを含むオンライン展示もあわせて公開されます。

NLM Launches a New Banner Exhibition (NLM,2019/1/2)
https://www.nlm.nih.gov/news/NLM_Launches_Politics_of_Yellow_Fever_in_Hamiltons_America.html

CA1943 - 動向レビュー:デジタルアーカイブコンテンツの児童・生徒向け教育への活用をめぐって:米国・欧州の動向を中心に / 古賀 崇

 日本において、デジタルアーカイブを学校の児童・生徒向け教育に活用する取り組みはさまざまな形で見られるものの、個々の館やプロジェクトのレベルでの取り組みにとどまっている印象が強い(1)。一方、米国・欧州では、米国デジタル公共図書館(DPLA;CA1857参照)(2)、Europeana(CA1785CA1863参照)(3)という、それぞれの包括的ポータルサイトにおいて、児童・生徒向け教育を体系的に展開しようとする取り組みが認められる。本稿では、日本の関係方面への参考として、こうした米国・欧州の取り組みを紹介したい。

CA1942 - 動向レビュー:学校と公立図書館との複合施設 / 長澤 悟

 図書館と学校との複合について考えるに当たって、はじめに学校と地域の関りの変遷をたどってみたい。明治維新により近代学校がスタートした時、校舎建設は地域が担った。「おらが学校」とは「おらたちが作った学校」だったと言えるだろう。学校は単に教育施設という枠を超えて、地域の未来とともに捉えられてきた。学校が地域を支え、地域から頼られる存在となっているのは、日本がつくり上げてきた学校文化ということができる。

北九州市立子ども図書館がオープン

2018年12月22日、北九州市立子ども図書館が開館しました。同館は子どもの読書推進活動を推進する拠点として、北九州市内の図書館の児童部門の中心的役割を担うとしています。

2018年12月22日から27日まで、「開館記念ウィーク」として、世界の絵本の読み聞かせやライブラリーツアーなどのイベントが行われます。

子ども図書館が開館しました(北九州市,2018/12/22)
http://www.city.kitakyushu.lg.jp/kyouiku/k32300001.html
http://www.city.kitakyushu.lg.jp/newslist.html
※2つ目のURLに「2018年12月22日 子ども図書館が開館しました」とあります。

E2091 - あらゆる人が集う場所に:英・公共図書館建築の優良事例から

英国では,ユニバーサルデザインの考えが重視され,公共図書館(以下「図書館」)においても,「認知症にやさしい」「自閉症にやさしい」施設となるための職員向け研修の実施や,自閉症を抱える住民とその保護者等向けの図書館利用ガイドの作成(スコットランド),認知症を含めたメンタルヘルスの不調を抱える住民を対象とした読書療法の取組“Books on Prescription”への政府助成の開始(ウェールズ)等,数多くの施策が実施されている。

静岡県立静岡東高等学校図書館、「東高まんが祭り」を開催(記事紹介)

2018年12月20日付けの静岡新聞で、静岡県立静岡東高等学校図書館が12月末まで実施している「東高まんが祭り」が紹介されています。

記事によると、同取組は2018年度から実施され、約500冊のマンガが用意されており、教職員推薦のマンガも配置されているとのことです。

学校図書館の活用法を模索 静岡東高、まんが祭り(静岡新聞,2018/12/20)
http://www.at-s.com/news/article/education/579952.html

東高まんが祭り取材(静岡県立静岡東高等学校,2018/12/20)
http://www.shizuoka-east.jp/jotd0l6yk-9/#_9

国際図書館連盟(IFLA)、「児童図書館サービスの指針」の改訂版を公開

2018年12月7日、国際図書館連盟(IFLA)児童・ヤングアダルト図書館分科会が、2003年に公開された「児童図書館サービスの指針」(Guidelines for Children's Libraries Services)の改訂版である“IFLA Guidelines for Library Services to Children aged 0-18”の公開を発表しています。

デジタル時代における高品質な児童サービスの実施を支援するとともに、現代社会における図書館の役割の変化を認識することが目的とされています。

Revised Guidelines for Library Services to Children aged 0-18 years published(IFLA, 2018/12/7)
https://www.ifla.org/node/91750

ページ