ラテンアメリカ

国際図書館連盟、ラテンアメリカ・カリブ海地域事務所をアルゼンチンの国会図書館に移転

2017年3月6日、国際図書館連盟(IFLA)は、ラテンアメリカ・カリブ海地域事務所を、アルゼンチンの国会図書館((Biblioteca del Congreso de la Nación)に移転すると発表しています。

ラテンアメリカ・カリブ海地域事務所は、当初、ベネズエラに設置され、1990年から2011年まではブラジル、2011年から2016年まではメキシコに置かれていました。

IFLA Announces Host for LAC Regional Office(IFLA,2017/3/6)
http://www.ifla.org/node/11246

参考:
IFLAラテンアメリカ・カリブ海地域部会が進める、国連「持続可能な開発のための2030アジェンダ」への図書館の貢献を示すためのプロジェクト
Posted 2017年1月12日
http://current.ndl.go.jp/node/33241

ラテンアメリカのOAジャーナルプラットフォームSciELO、プレプリントサーバ“SciELO Preprints”の開発を計画

2017年2月22日、 ラテンアメリカにおけるオープンアクセスの電子ジャーナルプラットフォームSciELOは、プレプリントサーバ“SciELO Preprints”の開発を計画していることを発表しました。

SciELOに収録されている電子ジャーナルの掲載記事の編集・公開プロセスを効率化することを目的としています。2018年半ばまでに本格運用を開始する予定とのことで、それまでに効果が期待できそうな、プレプリントの普及、サーバの運用体制の明確化、サーバの実験的な運用、の3つの活動を計画しています。

SciELO Preprints on the way(SciELO, 2017/2/22)
http://blog.scielo.org/en/2017/02/22/scielo-preprints-on-the-way/

LA Referenciaのオープンアクセス出版物、OpenAIREのプラットフォームから検索可能に

LA Referenciaのオープンアクセス(OA)出版物が、OpenAIREのプラットフォームから検索できるようになりました。

2016年12月、OpenAIREは、LA Referenciaのメタデータのハーベストを開始しました。LA Referenciaには、アルゼンチン、ブラジル、チリなどラテンアメリカ9か国の、全分野にわたるピアレビュー誌の記事や学位論文など、120万件以上のメタデータが収録されています。

Europe and Latin America expand their collaboration for open science(OpenAIRE, 2017/1/18)
https://www.openaire.eu/europe-and-latin-america-expand-their-collaboration-for-open-science

参考:
OpenAIREとLA Referenciaがメタデータガイドライン等の共通化について合意
Posted 2015年12月8日
http://current.ndl.go.jp/node/30168

OpenAIRE、LA Referencia、SHAREがリポジトリのデータ交換等において協働へ
Posted 2015年7月17日

IFLAラテンアメリカ・カリブ海地域部会が進める、国連「持続可能な開発のための2030アジェンダ」への図書館の貢献を示すためのプロジェクト

国際図書館連盟(IFLA)のラテンアメリカ・カリブ海地域部会が、IFLAのウェブサイトで、同部会が推進しているプロジェクト“Mapping of Latin American and Caribbean libraries initiatives in support of the National Development Plan - Agenda 2030”を紹介しています。

同地域の図書館が、国際連合によって採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」に基づく達成目標や地域の開発ニーズに如何に図書館が貢献しているかを示すために、それぞれの国において行っているプロジェクトやイニシアチブを確認し、記録するためのプロジェクトで、同地域の全ての図書館協会等の参加が呼びかけられています。

参加にあたっては以下のことが求められています。

・自国の全ての専門家に対して、図書館が達成目標に関するプロジェクトに関与することを知らせるための戦略を計画し開発する
・自国で開発中のプロジェクトについてのデータを集め、同部会によって開発されたプラットフォームに提供する
・今年ポーランドで開催される世界図書館情報会議(WLIC):IFLA年次大会のラテンアメリカ・カリブ海地域部会のセッションで、データ収集と分析の結果を発表する

ラテンアメリカにおけるオープンアクセスの電子ジャーナルプラットフォームSciELOと研究・出版ネットワークScienceOpenが連携へ

2016年6月1日、ラテンアメリカなどで、オープンアクセスで電子ジャーナルを提供するSciELO(Scientific Electronic Library Online)と、2013年に設立されたドイツと米国に本拠をおく研究・出版ネットワークScienceOpenの連携開始について、ScienceOpenが発表しました。

SCiELOとの統合により、ScienceOpenは、PubMedCentralやarXivなどの220万件のオープンアクセスの研究論文及び1,500万件以上の記事のメタデータを含むことになります。

ScienceOpen helps to put scientific research in a global context with more than 15 million article records(ScienceOpen, 2016/6/1)
http://blog.scienceopen.com/2016/06/scienceopen-helps-to-put-scientific-research-in-a-global-context-with-more-than-15-million-article-records/

国際図書館連盟、ラテンアメリカ盲人連合と覚書を締結

2016年5月9日、国際図書館連盟(IFLA)が、ラテンアメリカ盲人連合(Latin American Blind Union)と覚書を締結したと発表しています。

この合意は、その地域において必要な法律制定のための協働、現場でのマラケシュ条約の目標達成のための基盤となるものであり、両機関は、図書館が、それらの業務を実施するための著作権の例外と制限を実装するための広範な取り組みを支援するとされています。

Partners for Accessibility - IFLA and Latin American Blind Union sign Memorandum of Understanding(IFLA,2016/5/9)
http://www.ifla.org/node/10445

ラテンアメリカ盲人連合
http://www.ulacdigital.org/inicio

EBSCO Information Services社が、ラテンアメリカ、スペイン、ポルトガルの学術雑誌の包括的な全文テキストデータベース“Fuente Académica™ Plus”を公開

2015年11月3日、EBSCO Information Services社が、ラテンアメリカ、スペイン、ポルトガルの学術雑誌の包括的なコレクションを含む非英語圏の全文テキスト資源であるデータベース“Fuente Académica™ Plus”を公開したと発表しています。

同データベースは、オンラインで利用できる他の非英語の学術資源よりもかなり大きなコンテンツのコレクションを提供するとのことです。

同データベースには1,500以上のフルテキスト出版物が含まれており、継続的にバックナンバーのファイルを増やしているとのことです。

分野としては「農学」「生物学」「経済学」「歴史学」「法学」「文学」「哲学」「心理学」「行政学」「宗教学」「社会学」が含まれるとのことです。

EBSCO Information Services Expands its Non-English Scholarly Resources with Fuente Académica™ Plus(EBSCO,2015/11/3)
https://www.ebsco.com/news-center/press-releases/ebsco-information-services-expands-its-non-english-scholarly-resources

SciELO、SciELOブラジルコレクションにおいて、プラットフォームにReadCube Connectを導入

2015年5月26日、SciELOは、SciELOブラジルコレクションにおいてReadCube ConnectのインタラクティブなPDFビューアを285以上の科学的なジャーナルと280,000以上の記事に組み入れたと発表しています。

ReadCubeは、注釈ツール、ハイパーリンクされたインラインでの引用、著者名からクリックできるといったようなインタラクティブ性と関連したコンテンツでpdfが強化されるものとのことです。

Open Access Collaborative Program SciELO Partners with ReadCube to Enhance Scholarly Articles(PRWEB, 2015/5/26)
http://www.prweb.com/releases/2015/05/prweb12735433.htm

SciELO Partners With ReadCube(Information Today,2015/5/28)
http://newsbreaks.infotoday.com/Digest/SciELO-Partners-With-ReadCube-104218.asp

ブラジルのSciELOの15年のオープンアクセスの取組みをまとめた書籍が刊行

オープンアクセスで電子ジャーナルを提供するSciELO(Scientific Electronic Library Online)が、開始から15年を迎え、その経緯や意義をまとめた書籍“SciELO - 15 years of Open Access”がユネスコから刊行されました。Epub形式で無料で全文のダウンロードが可能です。

SciELOは、現在では、ブラジルを中心に、ラテンアメリカの国々の電子ジャーナル約1,200タイトルをオープンアクセスで提供しています。

UNESCO and SciELO launch a new publication on 15 years of Open Access(UNESCO, 2015/1/27)
http://www.unesco.org/new/en/communication-and-information/resources/news-and-in-focus-articles/all-news/news/unesco_and_scielo_launch_a_new_publication_on_15_years_of_open_access/

SPARC、ラテンアメリカのオープンアクセスに関するウェブセミナーを開催

SPARCが2014年1月14日の12時から13時(米国東部時間)、“Open Access Developments in Latin America”と題したウェブセミナーを実施するとのことです。視聴には、無料の登録が必要になるとのことです。

ラテンアメリカでは、例えばアルゼンチンにおける公的支援を受けた研究成果のオープンアクセス化の義務化など、パブリックアクセスについてのアドボカシーに目覚ましい発展がみられるとのことです。

このウェブセミナーでは、ラテンアメリカにおけるオープンアクセスの背景と最新動向、および、Scientific Electronic Library Online (SciELO)の取り組みについて紹介されるとのことです。

Webcast Invitation: Open Access Developments in Latin America with Nicholas Cop January 14, 2014
http://www.sparc.arl.org/events/webcast-open-access-developments-latin-america-nicholas-cop

参考:
Web of KnowledgeにブラジルのSciELOの引用文献データベースが追加
Posted 2013年10月25日

ページ