NISO(米国情報標準化機構)

NISOがInformation Standards Quarterly刊行、今号は書誌データ相互利用の展開がテーマ

2013年12月16日、米国情報標準化機構(NISO)が、季刊誌“Information Standards Quarterly”(2013, vol.25, no. 4)を刊行しました。今号は書誌データ相互利用の展開(Evolution of Bibliographic Data Exchange)がテーマとなっています。

Information Standards Quarterly (ISQ) Winter 2013 Volume 25, no. 4
http://www.niso.org/publications/isq/2013/v25no4/

米国情報標準化機構(NISO)、Altmetricsに関するウェブセミナーの発表スライド等を公開

米国情報標準化機構(NISO)が2013年11月13日に開催した、Altmetricsに関するウェブセミナー“New Perspectives on Assessment How Altmetrics Measure Scholarly Impact”の発表スライドや質疑応答の記録が公開されています。

NISO Webinar: New Perspectives on Assessment How Altmetrics Measure Scholarly Impact
http://www.niso.org/news/events/2013/webinars/altmetrics

NISOの"Information Standards Quarterly"でデータキュレーション特集

米国情報標準化機構(NISO)が発行するOA誌"Information Standards Quarterly(ISQ)"の2013 Fall Volume25, no.3で、データキュレーション特集が組まれています。

Colin L. Bird氏らによる"Data Curation in the OpenAIRE Scholarly Communication Infrastructure"などの記事が収録されています。

Information Standards Quarterly (ISQ) Fall 2013, volume 25, no. 3
http://www.niso.org/publications/isq/2013/v25no3/

NISO
http://www.niso.org/home/

NISOとUKSG、KBART改訂版の原案を公表しパブリックコメントを募集

2013年9月5日、米国情報標準化機構(NISO)と英国逐次刊行物グループ(UKSG)は、2010年に公開した電子リソースのメタデータ交換に関する推奨指針Knowledge Bases and Related Tools (KBART) Recommended Practiceの改訂に関するパブリックコメントを求め、改訂版の原案を公表しました。パブリックコメントは2013年10月4日まで受け付けられているとのことです。

NISO and UKSG Release Draft Revised Recommendations for Knowledge Bases and Related Tools (KBART) for Public Comment (NISO 2013/9/5)
http://www.niso.org/news/pr/view?item_key=cdf0874485c7edadb85e38ceb0fb2a393de44d6b

NISO RP-9-201x, KBART Phase II Recommended Practice, Draft for Comments (NISO)

NISOがInformation Standards Quarterly刊行、今号はAltmetricsがテーマ

2013年7月30日、米国情報標準化機構(NISO)が、季刊誌“Information Standards Quarterly”(2013, vol.25, no. 3)を刊行しました。今号はAltmetricsが特集テーマとなっています。

Information Standards Quarterly (ISQ) Volume 25, 2013
http://www.niso.org/publications/isq/2013/

NISO Publishes Themed Issue of Information Standards Quarterly on Altmetrics (NISO 2013/7/30付けの記事)
http://www.niso.org/news/pr/view?item_key=5140ef81a9c28218ee14e6da76bc20392bd1593f

NISO、図書館統計基準(Z39.7)の第5版をウェブに公開

米国情報標準化機構(NISO)が、図書館統計基準の第5版となるANSI/NISO Z39.7-2013, Information Services and Use: Metrics & Statistics for Libraries and Information Providers – Data Dictionaryを公開しています。

NISO Publishes Update to Metrics Data Dictionary for Libraries and Information Providers(NISO, 2013/7/29付け)
http://www.niso.org/news/pr/view?item_key=4bab6c0503ed5d9f392f862e9d32ce346eef6c69

ANSI/NISO Z39.7-2013, Information Services and Use: Metrics & Statistics for Libraries and Information Providers – Data Dictionary
http://z39-7.niso.org/
※HTML版、PDF版を掲載

参考:
NISO、図書館統計基準(Z39.7)の新しいウェブ版を公開 Posted 2008年7月11日

米国情報標準化機構(NISO)、Altmetricsに関する研究開発プロジェクトを開始

2013年6月20日、 米国情報標準化機構(NISO)は、スローン財団からの助成を得て、Altmetricsに関する研究開発プロジェクトを開始すると発表しました。プロジェクトは2段階に分けて行われ、2年後に最終報告書の刊行を予定しているとのことです。

NISO to Develop Standards and Recommended Practices for Altmetrics (NISO 2013/6/20付けの記事)
http://www.niso.org/news/pr/view?item_key=72efc1097d4caf7b7b5bdf9c54a165818399ec86

NISO、OpenURLの品質向上に関する推奨基準を公表

米国情報標準化機構(NISO)が、2013年6月3日、OpenURLに関する新しい推奨基準“Improving OpenURLs Through Analytics (IOTA): Recommendations for Link Resolver Providers (NISO RP-21-2013)”を公表しています。NISOのIOTAワーキンググループでは、3年間にわたり、OpenURLの分析を行いその品質を評価する方法について研究をすすめてきており、今回の推奨基準はその成果に基づくものとのことです。

NISO Publishes Recommended Practice and Technical Report on Improving OpenURLs Through Analytics(NISO, 2013/6/3付け)
http://www.niso.org/news/pr/view?item_key=fe8b912cba59e733b9af26960fa9389fbb74b8db

NISO RP-21-2013, Improving OpenURLs Through Analytics (IOTA): Recommendations for Link Resolver Providers

“EPUB3と相互運用可能な電子書籍の将来について図書館が知っておくべきこと” NISOのバーチャルカンファレンス資料

2013年4月17日に、米国情報標準化機構(NISO)が“EPUB3 and the Future of Interoperable E-books: What Libraries Need to Know”と題したバーチャルカンファレンスを開催しました。その一部のスライドが公開されています。

NISO Virtual Conference: EPUB3 and the Future of Interoperable E-books: What Libraries Need to Know (NISO)
http://www.niso.org/news/events/2013/virtual/epub3

Slides From: NISO’s “EPUB3 and the Future of Interoperable E-books: What Libraries Need to Know” Virtual Conference (INFOdocket 2013/4/18付けの記事)

NISO、電子ジャーナルの表示・識別に関する推奨指針“PIE-J: Presentation & Identification of E-Journals”を公表

2013年3月27日、米国情報標準化機構(NISO)が、電子ジャーナルの表示・識別に関する推奨指針“PIE-J: Presentation & Identification of E-Journals”を公表しました。電子ジャーナルのタイトルや出版社が変更された際のアクセシビリティを保証するため、出版社やプラットフォーム提供者に対して、タイトルや引用情報の表示、変遷タイトルの扱い、ISSNの正確な利用などについての指針を示すものです。付録Aでは、スクリーンショットを用いて模範例が紹介されています。

PIE-J: Presentation & Identification of E-Journals(PDF:67ページ)
http://www.niso.org/apps/group_public/download.php/10368/rp-16-2013_pie-j.pdf

ページ