ゲーム

E2073 - 第29回日本資料専門家欧州協会(EAJRS)年次大会<報告>

2018年9月12日から15日まで,リトアニアの第2の都市カウナスに所在するヴィータウタス・マグヌス大学にて,第29回日本資料専門家欧州協会(EAJRS;E1969ほか参照)年次大会が開催された。欧州で活動する日本資料専門家グループにより毎年のこの時期に開催される集会で,本年度は「(グ)ローカル化する日本資料 (G)localizing Japanese Studies Resources」をテーマとして,14のセッションで構成され,31の発表(英語22,日本語9)をメインに,リソース・プロバイダー・ワークショップ,EAJRS和古書保存ワーキンググループの活動報告やEAJRS事務会議,エクスカーションが実施された。参加者は82人にのぼり,その内訳は欧州から44人,アジアから34人(日本33人),北米から4人であった。発表は大別すると概ね以下に分類される。(1)在外日本資料の研究・施設紹介,(2)欧州における日本学研究に関する活動やデータベースの紹介,(3)欧州での日本語教育の状況,その分析,(4)日本機関による日本資料に関する国外向けの活動やサービスの紹介,である。また本大会の大きな特徴としては開催の地リトアニア,とりわけ第二次世界大戦中にこの国で外交官として多くのユダヤ難民を救った杉原千畝に関する発表が複数あったことが挙げられるだろう。以下,筆者の発表および,関心を持った発表について紹介する。

大津町立おおづ図書館(熊本県)でゲーム部が発足

2018年11月1日、熊本県の大津町立おおづ図書館が、ゲーム部を発足させると発表しました。

ゲーム部には、町内の小学5年生から高校3年生が入部可能で、ゲームをとおして年齢や学校の違う様々な人と交流し、子どもの自ら考える力やコミュニケーション能力を高め、豊かな感性や夢の芽生えを促すことが目的とされています。

活動は1年に4回程度で、部費は無料です。入部・退部はいつでもできることになっています。

おおづ図書館ゲーム部発足します(大津町立おおづ図書館,2018/11/1)
http://www.ozu-lib.jp/news/2018/3832/

参考:
大津町立おおづ図書館(熊本県)、ボードゲームの館外貸出しを開始へ
Posted 2018年3月20日
http://current.ndl.go.jp/node/35675

Internet Archive(IA)、“Internet Arcade”にアーケードゲーム約1,100点を追加

2018年9月21日、Internet Archive(IA)は、アーケードゲームをプレイできる“Internet Arcade”に、1990年代から2000年代のアーケードゲーム約1,100点を追加したと発表しました。

Over 1,100 New Arcade Machines Added to the Internet Arcade(IA,2018/9/21)
http://blog.archive.org/2018/09/21/over-1100-new-arcade-machines-added-to-the-internet-arcade/

Internet Arcade
https://archive.org/details/internetarcade

美馬市立図書館(徳島県)、毎月第1・第3日曜日に将棋サロンを開設

徳島県の美馬市立図書館が、2018年9月から、世代や性別を超えた交流の場とすることを目的に、毎月第1・第3日曜日に将棋サロンを開設します。

対象は、小学生から一般の人で、参加費は無料、事前の申込も不要です。

美馬市は十二世名人・小野五平氏の出身地とのことです。

美馬市立図書館(Facebook,2018/8/24)
https://www.facebook.com/permalink.php?story_fbid=914782842055510&id=170181613182307

小中学生ら大人と勝負 美馬市立図書館が将棋サロン開設(徳島新聞,2018/9/3)
http://www.topics.or.jp/articles/-/94797

韓国・漢拏図書館、ゲームに対する保護者と子どもの間の認識の差を解消し、適切なゲーム文化を促進すること目的とした「2018年グッドゲーマーファミリー」プログラムを実施

2018年8月25日、韓国・済州特別自治道の漢拏図書館が、「2018年グッドゲーマーファミリー」プログラムを実施しました。

小学3年生から小学6年生までの子どもとその保護者からなる4人以内の家族30組を対象に、ゲームに対する保護者と子どもの間の認識のギャップを解消し、適切なゲーム文化を促進すること目的に、ゲーム物管理委員会・ゲーム利用者保護センターとの共催で実施されました。

プログラムは、適切なゲーム利用法(保護者と子どもは別教室)、家族全員でのゲーム体験、健康なゲーム利用のための時間管理法などといった内容で構成されています。

한라도서관 ‘2018 굿 게이머 패밀리’ 개최(済州特別自治道,2018/8/20)
http://www.jeju.go.kr/news/bodo/list.htm?qType=title&q=%EB%8F%84%EC%84%9C%EA%B4%80&act=view&seq=1113313

E2042 - 独・ライプツィヒ大学におけるゲーム保存・学術利用

2018年4月27日,ライプツィヒ大学図書館にて,ドイツ語圏の日本関係図書館員が定期的に集まり情報交換をする日本資料図書館連絡会(Arbeitskreis Japan-Bibliotheken)の定期会議があった。その会議の午前の部で同館における日本のゲーム保存・学術利用とそれに伴ったプロジェクト“Diggr (Databased Infrastructure for Global Games Culture Research)”の紹介があったので,その内容を報告する。

北見市立中央図書館(北海道)、本のあるくらし講座「初心者向け~麻雀教室」を開催

2018年7月5日、北海道の北見市立中央図書館が、本のあるくらし講座として「初心者向け~麻雀教室」を開催しました。

同館のTwitterで当日の様子(写真)が紹介されています。

@kitamilib(Twitter,2018/7/5)
https://twitter.com/kitamilib/status/1014680184509722624

『広報きたみ』2018年7月号
http://www.city.kitami.lg.jp/docs/2018061500016/files/18-21.pdf
※p.20に「中央図書館 7月の催し物」として記載があります。

CA1931 - 動向レビュー:ビデオゲームの目録作成とメタデータモデルを巡る研究動向 / 福田一史

 今や、ビデオゲームは世界中で幅広く受容される文化資源となった。さらには、ビデオゲームをテーマとするカンファレンスが多数開催され、専門的にビデオゲーム開発を教える教育機関も各地に設置されるなど、多くの教育・研究実践が展開されている(1)

米国図書館協会(ALA)図書館史ラウンドテーブル (LHRT) 、2018年度の論文賞を発表

2018年5月29日、米国図書館協会(ALA)の図書館史ラウンドテーブル (LHRT) が、2018年度の論文賞(Donald G. Davis Article Award)を発表しました。

選ばれたのは、米・アイオワ大学図書館情報学部の准教授・ピアース(Jennifer Burek Pierce)氏が2016年に発表した論文“The Reign of Children: The Role of Games and Toys in American Public Libraries, 1877-1925”です。

昔のおもちゃ・ゲームに関する詳しい描写を踏まえて、それらが19世紀後半から20世紀初頭の米国の公共図書館出現期の児童サービスの本質にかかわる図書館専門家の議論に如何に影響したのかを鋭く分析していることや、児童研究の学際的分野への貢献に加え、19世紀から20世紀初頭の米国の公共図書館でのおもちゃ・ゲームを使ったサービスが、今日の図書館の実践に与えることができるものについて考察していることが評価されています。

同賞は、偶数年に、米国・カナダの図書館史に関する英語で書かれた論文を対象として選ばれるものです。

ALAの年次総会開催中の6月24日に授賞式が行われます。

米・オークランド公共図書館(OPL)、若者が外装デザインや設計に参加した移動図書館車“Mobile Outreach Vehicle (MOVe)”を公開

米・カリフォルニア州のオークランド公共図書館(OPL)が、2018年5月11日、市役所前にて、新しい移動図書館車“Mobile Outreach Vehicle (MOVe)”の先行公開イベントを開催しました。

オークランドの東西で6回開催された若者対象のインタビュー調査も参考にして、地元企業により製造されました。外装デザインも、地元の高校生等によるものです。

同車には、書籍に加え、ノートパソコン、タブレット、充電スタンド、Wi-Fi、パラソル、簡易の椅子を搭載しており、ゲームや科学技術・プログラミングイベント、自転車修理、食育、夜間の映画上映会などに対応できます。  

サービスが不十分であった若者へのアウトリーチ、社会的結びつきの強化、読書や図書館利用の促進、OPLの認知度向上などを目的としており、学校や各種施設を訪問することとなっています。

ページ