展示

サッカー×温泉×図書館 愛媛県立図書館等10館で「バトルオブスパ2011~図書館で“温泉ダービー”!?~」を開催

サッカーと温泉をテーマにした図書館展示を合同で行うという「バトルオブスパ2011~図書館で“温泉ダービー”!?~」が行われたようです。これは2010年にスタートした取り組みで、プロサッカーリーグJ2のうちホームタウンに有名な温泉地があるクラブ同士の対戦が「温泉ダービー」と呼ばれることにちなんだものです。2011年は、ザスパ草津/草津温泉、ガイナーレ鳥取/三朝温泉、愛媛FC/道後温泉、サガン鳥栖/嬉野温泉、大分トリニータ/別府温泉という5つのチーム/温泉を対象として、愛媛県立図書館等の10図書館で、2011年3月から12月にかけて、対戦チームとそのホームタウンや温泉を紹介する展示を実施したそうです。

バトルオブスパ2011~図書館で“温泉ダービー”!?~(愛媛県立図書館)
http://www.ehimetosyokan.jp/contents/prosports/spa2011.htm

バトルオブスパ~図書館で“温泉ダービー”!?~(愛媛県立図書館)
http://www.ehimetosyokan.jp/contents/prosports/spa.htm

参考:
大分県内の図書館、展示でサッカーJ2の試合をPR
http://current.ndl.go.jp/node/16249

旭川医科大学図書館、小樽商科大学附属図書館から経営学分野の図書100冊を借りて展示会を開催へ

2011年12月2日、旭川医科大学図書館が小樽商科大学附属図書館から、同館ではカバーするのが難しい経営学分野の学生向け図書100冊を借りて、展示会を開催するようです。期間は12月6日から12月26日までで、貸出等も行なうようです。

「小樽商科大学から100冊の本がやってくる」展示会のお知らせ (旭川医科大学図書館 2011/12/2付けの記事)
http://acesv.asahikawa-med.ac.jp/info/news-2011-024.html

キハラ株式会社、Facebookで図書館展示についておしゃべりする“BIBLIO-LOOKS”を開始

2011年11月29日、キハラ株式会社が、Facebook上でユーザが図書館展示に対する考えや想いを語り合うことができるコミュニティサービス“BIBLIO-LOOKS”を開始しました。申込フォームから展示に関する情報や写真を送信すると、BIBLIO-LOOKSのFacebookページに掲載されるというしくみのようです。月に1度、人気のあった展示が選ばれるとのことです。

BIBLIO-LOOKS(Facebook)
http://www.facebook.com/pages/BIBLIO-LOOKS/183467918394655

申込フォーム(キハラ)
https://www.kihara-lib.co.jp/ssl/biblooks.htm

国立国会図書館(NDL)、電子展示「本の万華鏡」の第8回「津波―記録と文学―」を公開

2011年11月16日、国立国会図書館(NDL)は、2009年よりウェブサイト上で提供している電子展示「本の万華鏡」の第8回として、「津波―記録と文学―」を公開しました。1896(明治29)年の三陸地震津波と1933(昭和8)年の三陸沖地震の被災地で、災害の実態を後世に伝えるために作成された記録資料を、津波を題材とした文学作品とともに所蔵資料から紹介しています。

第8回本の万華鏡 津波―記録と文学―
http://rnavi.ndl.go.jp/kaleido/entry/post-135.php

本の万華鏡
http://rnavi.ndl.go.jp/kaleido/

大阪府立中之島図書館、「業界新聞案内展 食べる!飲む!編」を開催

大阪府立中之島図書館で、2011年11月8日から15日の間、「第1回業界新聞案内展~食べる!飲む!編」が開催されるとのことです。同館では400紙を超える業界新聞を提供しており、今回は、食品関連等の業界新聞社の協力を得て開催されるとのことです。

業界新聞案内展(大阪府立中之島図書館 2011/10/12付けの情報)
http://www.library.pref.osaka.jp/nakato/event/fair_lib_201111.html

参考:
大阪府立中之島図書館、「大阪府内図書館案内展」を開催
http://current.ndl.go.jp/node/18782

大阪市立図書館、同館の歴史を振り返るウェブ展示「大阪市立図書館のあゆみ」を公開

大阪市立図書館が、大阪市立図書館90年及び大阪市立中央図書館50年記念のウェブ展示として「大阪市立図書館のあゆみ」を公開したようです。

大阪市立図書館のあゆみ
http://www.oml.city.osaka.jp/pub/oml/oml_history1.html

大阪市立図書館 (図書館ニュースに「大阪市立図書館90年・大阪市立中央図書館50年記念WEB展示「大阪市立図書館のあゆみ」を公開しました!」の記事があります)
http://www.oml.city.osaka.jp/

福島県立図書館、福島大学附属図書館での展示を実施

福島県立図書館、福島大学附属図書館、福島県立医科大学附属学術情報センターの3館により試行中の連携事業「ふくふくネット」での交換展示の第1回目として、2011年10月から12月にかけて、福島県立図書館の貴重資料が福島大学附属図書館で展示されるとのことです。

『ふくしま 一目瞭然!』@福島大学附属図書館(福島県立図書館 2011/10/14付けの行事案内)
http://www.library.fks.ed.jp/ippan/gyoji/tenji/23fukushima_itimokuryouzen_fukudai.html

「ふくふくネット」(福島大学附属図書館の情報)
http://lib.fukushima-u.ac.jp/fukufuku/annai.htm

E1224 - 九州大学が開始した学生による本の紹介リレー“BookLink”

E1224 - 九州大学が開始した学生による本の紹介リレー“BookLink”

2011年9月,九州大学附属図書館が“BookLink”という取組みを開始した。学生に好きな本をおすすめする紹介文を書いてもらい,それを図書館とウェブ本棚サービス「ブクログ」(E1201参照)に展示し,学生には次の紹介者を指名してもらうというものである。このサービスを企画した同館利用支援課サービス企画係の井川友利子氏にお話を伺った。...

デジタル化博物館資料をスマートフォン等で共有する、Open Exhibitsの実験プロジェクト“Heist”

2011年10月11日に、米国科学財団(NSF)の支援を受けた、オープンソースのマルチタッチ・マルチユーザのソフトウェア開発を行うプロジェクト“Open Exhibits”等が、デジタル化した博物館資料を来館者のスマートフォンやタブレット端末で共有できるプロジェクトを紹介しています。現在は実験段階のこのプロジェクト“Heist”では、博物館の来館者がネットワークに接続して名前と好きな色を登録すると、設置してあるマルチタッチテーブルに自分のアバターが登場し、来館者はそれを使ってデジタル化資料をそのメタデータとともに自分のスマートフォンやタブレット端末にダウンロードすることができるようです。Open Exhibitsのウェブサイトでは実際の様子等が動画と写真等で紹介されています。今後Heistは2012年1月からテストを予定しており、10の博物館が参加するようです。

Heist! Museum Visitors Take Digital Objects (Open Exhibits 2011/10/11付けの記事)
http://openexhibits.org/heist

札幌市中央図書館、電子書籍体験展示を開催

電子図書館実証実験を行っている札幌市中央図書館が、2011年10月9日から10月16日までの期間、電子書籍体験展示を開催しているようです。展示コーナーには、タブレット端末による電子書籍の読書が体験できるコーナーと、館内のPCを利用して電子図書館サービスを体験するコーナーの二つが設置されているようです。

電子書籍体験展示(電子図書館体験コーナー)を開催しています (札幌市の図書館 2011/10/9付けの記事)
http://www.city.sapporo.jp/toshokan/info/system111009.html

参考:
札幌市中央図書館の電子図書館実証実験、パソコンモニターが始まる
http://current.ndl.go.jp/node/19250

ページ