展示

E1343 - 記念展示会「関西の図書館100年,関西館の10年」を企画して

E1343 - 記念展示会「関西の図書館100年,関西館の10年」を企画して

国立国会図書館関西館では,2012年10月1日から31日の期間,「関西の図書館100年,関西館の10年」と題する展示会を開催する。本展示会は関西館が開館10周年を迎えるにあたっての記念行事の一環で,筆者は企画の段階から関わった。...

米スミソニアン協会、学ぶ楽しさを伝える全米規模の広報キャンペーン“Seriously Amazing”を開始

2012年9月20日、米国スミソニアン協会は、初となる全米規模の広報キャンペーン“Seriously Amazing”を開始しました。このキャンペーンは、同名のキャンペーンサイトを通じて、スミソニアン協会とはなにか、何をしているのかについて理解を広めるとともに、そのウェブサイトを通じて発見と学習を楽しめるリソースを提供しています。キャンペーンサイトは、芸術、文化、歴史、科学等のカテゴリに分けられており、例えば「米国を始めて車で横断した犬は?」といった様々な質問とその答えが用意されています。

Seriously Amazing
http://seriouslyamazing.si.edu/

What Is the Smithsonian? (Smithsonian Newsdesk 2012/9/20付けの記事)
http://newsdesk.si.edu/releases/what-smithsonian

“ドラえもん”誕生100年前記念展示 富山県立図書館、大阪府立中央図書館等で開催

2012年9月3日は“ドラえもん”の誕生100年前にあたるとして、富山県立図書館や大阪府立中央図書館等で、これを記念した資料展示が開催されています。

富山県立図書館では、2012年8月28日から9月9日まで、企画展示「ドラえもん生誕前100年 未来をソウゾウしてみよう」を開催しており、約100年前の人々が想像した未来について書かれている資料や100年後(未来)について考える資料もあわせて展示しています。大阪府立中央図書館では、7月3日から9月30日まで、ドラえもんの生みの親である漫画家藤子・F・不二雄氏の代表的な作品を所蔵資料から集めて展示しているとのことです。

企画展示「ドラえもん生誕前100年 未来をソウゾウしてみよう」 期間:8月28日(火)~9月9日(日) (富山県立図書館 2012/8/22付けの記事)
http://www.lib.pref.toyama.jp/info/svInfoDtl.aspx?servno=98

「ドラえもん」生誕前100年展:過去や未来、想像しよう 写真や本130点紹介--来月9日まで富山県立図書館 /北陸 (毎日jp 2012/8/31付けの記事)
http://mainichi.jp/area/ishikawa/news/20120831ddlk17040634000c.html

オンラインコミュニティをオフラインイベントへ 米国ウォーカーアートセンターがねこ動画フェスティバルを開催

2012年8月30日に、米国ミネソタ州にある美術館ウォーカーアートセンターが、一般市民から募集したネコに関する動画を、同センターのイベントスペースでスクリーン上映するイベントを開催するようです。

このイベント“Internet Cat Video Festival”は、オンラインのコミュニティを、オフラインの物理的な空間に集めて、リアルタイムで経験を共有してみようというコンセプトで行われるものとのことです。

イベント会場ではTwitterのハッシュタグを利用して最優秀ねこ(Golden Kitty)の選考が行われ、イベントで上映された動画は終了後にYouTubeで公開されます。なお、ノミネートされた動画の中には、“まる”の「特訓するねこ。」があるようです。

The cats have purred and the people have spoken! People’s choice award revealed at the first Internet Cat Video Festival, August 30, at the Walker Art Center’s Open Field. (Walker Art Museum 2012/8/16付けの記事)

慶應義塾図書館、「TEMPUS FUGIT -時は過ぎゆく- 慶應義塾図書館開館100年記念展」を開催中

2012年に開館100周年を迎えた慶應義塾図書館が、その記念展示会を開催しています。「TEMPUS FUGIT -時は過ぎゆく- 慶應義塾図書館開館100年記念展」と題したこの記念展示では、慶應義塾図書館の歴史を振り返るとともに、3期に分けて、同館がこれまで収集した貴重書のほか、荒俣宏博物誌コレクションや反町十郎氏収集の武家文書等の塾員・館長による収集コレクション、コペルニクスやガリレオなどの科学史コレクション、グーテンベルク聖書(零葉、断簡)などを展示するとのことです。展示会は8月29日から10月13日まで開催され、一般の方(高校生以上)も入場無料で見学可能となっています。なお、日曜祝日は休室とのことです。

「TEMPUS FUGIT -時は過ぎゆく- 慶應義塾図書館開館100年記念展」開催中 (慶應義塾図書館 2012/8/29付けの記事)
http://www.mita.lib.keio.ac.jp/news/news_20120828_130437

九都県市首脳会議の9都県市の公共図書館、同一テーマで企画展を開催

九都県市首脳会議の各都県市(埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、横浜市、川崎市、千葉市、さいたま市、相模原市)の公共図書館が、「自慢したい風景」をテーマとした企画展を、8月21日より順次開催するとのことです。この企画展は、第60回九都県市首脳会議において知識・情報資源としての図書館の活用について検討することが決定され、その一環として行われるものとのことです。

埼玉県立浦和図書館では、今回紹介した埼玉の「自慢したい風景」の投票を行い、ベスト10を後日発表するものとなっているようです。

Ref.
「九都県市立図書館「自慢したい風景」をテーマとした企画展」の実施について(報道発表)(2012/8/20付け 九都県市同時発表 報道発表資料)
http://www.metro.tokyo.jp/INET/EVENT/2012/08/21m8k201.htm
http://www.pref.chiba.lg.jp/kyouiku/shougaku/press/2012/kikakuten.html

九都県市立図書館企画展「自慢したい風景」各図書館の実施概要
http://www.metro.tokyo.jp/INET/EVENT/2012/08/DATA/21m8k201.pdf

関東の9図書館が企画展「自慢したい風景」を開催(ReseMom)

欧州テレビ放送アーカイブEUscreen、初のオンライン展示を公開

2012年8月21日に、欧州のテレビ放送アーカイブEUscreenが、初のオンライン展示を公開しました。欧州における歴史的な出来事、政治論争、日常生活等をカバーするものとして、現在のところ、「欧州人になること」や「欧州テレビの歴史」等といった10種類の展示が公開されているとのことです。

Exhibitions
http://www.euscreen.eu/exhibitions.html

EUscreen releases Online Exhibitions (EUscreen 2012/8/21付けの記事)
http://blog.euscreen.eu/?p=3324

震災によって茨城県桜川市へと移管された新治汲古館資料の企画展示が開催中

茨城県桜川市の真壁伝承館歴史資料館において、企画展「新治汲古館の継承~文化財レスキューの一事例~」が2012年10月31日まで開催されています。

新治汲古館(にいはりきゅうこかん)は、筑西市古郡に所在した私設の博物館です。同館には、在野の考古学者であった、故・藤田清氏が戦前から蒐集していた考古資料を収蔵されていましたが、東日本大震災で被災したため、資料は文化庁の行う「文化財レスキュー事業」を経て、桜川市へと一括寄託されました。なお、この移送作業については茨城史料ネットが全面的に支援して行われました。

今回の展示では、往時の新治汲古館の様子と、文化財レスキュー事業の紹介も行われるとのことです。さらに、8月12日には、茨城史料ネットのメンバーでもある田中裕氏(茨城大学准教授)による歴史講座も行われる予定となっています。

真壁伝承館歴史資料館 (桜川市教育委員会)
http://www.city.sakuragawa.lg.jp/index.php?code=2212

企画展「新治汲古館の継承~文化財レスキューの一事例~」 (茨城史料ネット)
http://ibarakishiryou.web.fc2.com/oshirase/0808niiharitennji.html

Europeana、欧州におけるスポーツ遺産を紹介するオンライン展示“European Sport Heritage”を公開

2012年7月24日、欧州のデジタル化文化遺産を提供する“Europeana”が、欧州のスポーツ遺産をテーマとしたオンライン展示“European Sport Heritage”を公開しました。

この展示では、オリンピックやパラリンピック、UEFAチャンピオンズリーグから、古代ローマの剣闘士競技やスコットランドの伝統的なスポーツであるスコティッシュハイランドゲームズ等にいたるまで、様々なスポーツ競技やイベントを紹介しているとのことです。

European Sport Heritage
http://exhibitions.europeana.eu/exhibits/show/european-sports-en

英国図書館、オリンピックの歴史を記念切手・記念品を通じて紹介する展示会開催

英国図書館(BL)は国際オリンピック委員会とともに、ロンドン五輪の開催に合わせ、近代五輪大会以降今大会までに発行された郵便切手や記念品約2500点の展示会を開催するとのことです。開催期間は7月25日から9月9日までとなっています。

今回展示されるコレクションはの多くは、個人の収集家から提供されたものであり、一人一人がオリンピックのストーリーの収集保管(curating)にどのように関わることができるのかを示すものとなっているとのことです。

Ref.
Olympex 2012: Collecting the Olympic Games(British Library ウェブサイト)
http://www.bl.uk/olympex2012

ページ