展示

山梨県立図書館と静岡県立中央図書館、富士山関係資料に関する連携展示を開催中

山梨県立図書館と静岡県立中央図書館が、2015年6月に両館間で締結された富士山関係資料に関する連携協定に基づき、富士山関係資料に関する連携展示を開催しています。

山梨県立図書館では、2017年1月27日から3月12日まで、「もっと知りたい!静岡県 ー富士山連携展示ー」と題し、静岡県立中央図書館が所蔵する富士山関係資料や静岡の歴史と文化、静岡と山梨の関係に関する資料等が、静岡県立中央図書館では、2017年2月4日から2月27日まで、「富士山資料展・写真展」と題し、山梨県立図書館から借り受けた資料30点と、富士山の写真が展示されています。

情報サテライト1 資料展示「もっと知りたい!静岡県 -富士山連携展示-」(山梨県立図書館)
https://www.lib.pref.yamanashi.jp/oshirase/2017/01/1----1.html

京丹後市(京都府)、丹後震災90年関係行事を開催:図書館や資料館でも関連展示を実施

京都府の京丹後市が、1927年3月7日の北丹後地震(丹後震災)発生から、今年で90年を迎えるにあたり、丹後震災90年関係行事を開催し、図書館や資料館でも関連展示が実施されます。

京丹後市立峰山図書館、あみの図書館、久美浜図書室、丹後図書室、弥栄図書室、大宮図書室では、震災・防災に関する図書展示が2017年2月から3月にかけて行われます。

丹後古代の里資料館では冬季企画展示「丹後震災90年」が開催され(2017年2月4日から4月16日)、火災で焼けたお金(峰山図書館震災関係資料)、丹後但馬震災画報、丹後大震災写真画報、峰山町大震災誌、峰山町報(小林善九郎関係資料)、丹後地震誌原稿、財団法人丹後震災記念館書類、震災画下絵(個人所蔵)などが展示されます。

その他、峰山地域公民館において、第5回京丹後市文化財セミナー「丹後震災90年」(2/25)、丹後震災パネル展(2/25から3/12)、第46回丹後震災記念展(3/4から3/7)などが行われるほか、京都府立峰山高等学校の生徒および教員の案内により丹後震災ゆかりの地をまわる「歩いて辿る丹後震災の記憶」(3/19)が行われます。

滋賀県、報道のあゆみ展 vol.12 Photo Exhibition「教えてください写真の3W」を開催:Facebookも活用し、写真に関する情報提供を呼びかけ

滋賀県が、2017年2月10日から5月15日まで、県庁3階記者クラブ前廊下にて、報道のあゆみ展 vol.12 Photo Exhibition「教えてください写真の3W」を開催します。

2012年に県庁の記者会見室から過去に撮影された多くの写真がみつかり、そのなかの、「いつ」、「どこで」、「何が」撮影されたか、はっきりとは分からない写真28点が展示されます。

展示ボードには、自由にこれらの情報を記載できるほか、時代背景や観覧者が当時の思い出を書き込むことができるようにもなっています。

あわせて、滋賀県公式Facebookでもこれらの写真を掲載し、情報提供を呼びかけています。

「教えてください写真の3W」 開始します(滋賀県,2017/2/9)
http://www.pref.shiga.lg.jp/a/hodo/e-shinbun/ab00/20170209-2.html

フランクリン・D・ルーズベルト大統領図書館・博物館、日系アメリカ人の強制収容に関する特別展を実施

米国のフランクリン・D・ルーズベルト大統領図書館・博物館が、日系アメリカ人の収容につながった「大統領令9066号」の署名・発令(1942年2月19日)から75年を迎えたことを受け、特別展“ IMAGES OF INTERNMENT: THE INCARCERATION OF JAPANESE AMERICANS DURING WORLD WAR II”を開催します。

署名の背景に関わる文書や、大統領に反対したファーストレディのエレノア・ルーズベルトの役割、200を超える強制収容に関する写真や動画、収容体験者のオーラルヒストリーのフィルム、1988年のレーガン大統領(当時)による「市民の自由法」署名時の映像等が展示されます。

展示は、2017年12月31日までです。

New Special Exhibit IMAGES OF INTERNMENT: THE INCARCERATION OF JAPANESE AMERICANS DURING WORLD WAR II(フランクリン・D・ルーズベルト大統領図書館・博物館)
https://fdrlibrary.org/exhibitions

岩手県立図書館、特別展示「復興へ~これまでをこれからへ~」を実施

2017年3月1日から3月24日まで、岩手県立図書館が、特別展示「復興へ~これまでをこれからへ~」を実施します。

東日本大震災発生から6年目となる時期にあわせ、震災に関する資料や震災からの復興に関する資料の展示・貸出を行なうものです。

特別展示「復興へ~これまでをこれからへ~」(岩手県立図書館)
https://www.library.pref.iwate.jp/info/evecale/minitenji/201703_mini_fukkou.html

参考:
岩手県立図書館、企画展「5年目の3.11~震災関連資料コーナーの資料から~」を開催(2/19~4/10)
Posted 2016年1月18日
http://current.ndl.go.jp/node/30468

ふくしま震災遺産保全プロジェクト アウトリーチ事業「震災遺産を考えるⅢ」会津セッション「震災遺産展~6本の年輪~」が福島県立博物館で開催中

2017年2月11日から4月11日まで、ふくしま震災遺産保全プロジェクト アウトリーチ事業「震災遺産を考えるⅢ」会津セッション 「震災遺産展~6本の年輪~」が、福島県立博物館で開催中です。

2014年から同プロジェクトで調査・保全を開始した、震災が産み出したモノやバショからなる「震災遺産」を展示するものです。

開催期間中には、関連行事として、3Dデジタル震災遺構アーカイブ体験展示(3/10から3/12まで)及びトークセッション 「県外避難者のいま」(3/12)が行われます。

ふくしま震災遺産保全プロジェクトアウトリーチ事業「震災遺産を考えるⅢ」会津セッション 震災遺産展~6本の年輪~(福島県立博物館)
http://www.general-museum.fks.ed.jp/01_exhibit/kikakuten/2016/20170211_shinsaiisan/20170211_shinsaiisan.html

参考:
ふくしま震災遺産保全プロジェクト アウトリーチ事業「震災遺産を考えるⅢ」明治大学セッション 震災遺産展「我暦(が)→ガレキ(れ)→我歴(き)」が開催中
Posted 2017年1月12日
http://current.ndl.go.jp/node/33239

静岡県立中央図書館、県主催のセミナーにあわせ、若年性認知症関連本による出張図書館を開催

2017年2月17日、静岡県立中央図書館が、ホテルアソシア静岡において、若年性認知症関連本による出張図書館を開催します。

静岡県が同日同会場で開催する若年性認知症セミナーにあわせて関連本の展示を行なうもので、展示本の貸出も可能です。貸出に必要な貸し出しカードの作成もその場で可能となっています。

出張図書館のお知らせ(静岡県立中央図書館)
http://www.tosyokan.pref.shizuoka.jp/contents/info/2017/201701_syuttyou.html

平成28年度 若年性認知症セミナーの開催について(静岡県)
https://www.pref.shizuoka.jp/kousei/ko-210/28jyakunenseminar.html

参考:
直方市立図書館(福岡県)、「認知症カフェ図書館」を毎月開催へ
Posted 2017年1月23日
http://current.ndl.go.jp/node/33302

指宿市立図書館(鹿児島県)、地域包括支援センターと連携して認知症等に関する展示、講座等を開催
Posted 2016年8月30日
http://current.ndl.go.jp/node/32423

福井市立図書館で、今夏、子ども向け認知症講座が開催される

徳島県立図書館、百周年記念企画展示「なつかしの図書館写真展ー県立図書館の100年ー」を開催

2017年2月10日から4月23日まで、徳島県立図書館が、百周年記念企画展示「なつかしの図書館写真展ー県立図書館の100年ー」を開催します。

同館は、1917年に「徳島県立光慶図書館」として開館し、今年で開館百周年を迎えることから、2017年の1年を通じて百周年関係の企画展示を計画しているとのことです。

今回の企画展示では、大正年間の「光慶図書館」の時代から、「徳島県憲法記念館」を経て、文化の森に移転する前の「徳島県立図書館」の写真パネルや、開館当時から所蔵する貴重な資料、古い図書館用品が展示されます。

徳島県立図書館
http://www.library.tokushima-ec.ed.jp/
※イベント情報欄に「百周年記念「なつかしの図書館写真展-県立図書館の100年-」開催のおしらせ」とあります。

参考:
徳島県立図書館の前身・光慶図書館の戦前の姿、CGで復元
Posted 2013年10月9日
http://current.ndl.go.jp/node/24551

岡山市立中央図書館で、「岡山市立図書館設立100周年記念 戦災前に疎開できた岡山市立図書館の蔵書・再現」展を開催中:蔵書印や目録を手掛かりとした調査の成果
Posted 2016年7月25日
http://current.ndl.go.jp/node/32149

韓国国立中央図書館、「記録媒体博物館」をオープン

韓国国立中央図書館(NLK)が、2017年2月13日に、「記録媒体博物館」がオープンすると発表しています。

様々な記録媒体の価値を知らせ、科学技術の発展とともに進化する記録媒体の歴史を展示する博物館で、広さは920㎡、国立デジタル図書館の地下3階に設けられます。

展示は、先史時代から記録媒体が登場し発展してきた状況を概観する第1部、文字と絵による記録方式を経て、写真・映画・録音など技術が発展し誕生した記録媒体を紹介する第2部、コンピュータの発展と保存メディアの変遷を紹介する第3部から構成され、約200点が展示されています。

また、活版印刷(木版・金属活字・鉛活字)、タイプライター、レコード・テープ類の媒体変換の体験ができるコーナーも設けられています。

국립중앙도서관의 또 다른 공간“기록매체박물관” (NLK,2017/2/7)
http://www.nl.go.kr/nl/commu/libnews/article_view.jsp?board_no=8948&notice_type_code=3&cate_no=4

参考:
韓国国立中央図書館、展示室をリニューアルオープン Larchiveum(Library + Archive + Museum)化
Posted 2016年3月24日

島根大学附属図書館、「地域情報コミュニティラボ」を開設

島根大学附属図書館が、「地域情報コミュニティラボ」を開設したと発表しています。

「地域未来創造人材の育成を加速するオールしまね協働事業」(COC+事業)の「しまねクリエイティブラボネットワーク」の一つとして、展示室に開設されたもので、地元の企業・団体の活動や成果を、学生や大学を訪れた市民が大学内において身近に触れることができる場となることを目的としています。

現在、ラボ開設記念展示として、島根県銑鉄鋳物工業組合の加盟企業による「鐡の造形―島根県銑鉄鋳物産業の技と匠」が、2017年2月10日まで開催されています。

附属図書館「地域情報コミュニティラボ」がオープン(島根大学附属図書館のブログ,2017/2/1)
http://shimadai-lib.hatenablog.jp/entry/2017/02/01/175343

「地域コミュニティラボ」開設記念展示 「鐡の造形―島根県銑鉄鋳物産業の技と匠」を開催します!(島根大学附属図書館)
http://www.lib.shimane-u.ac.jp/menu2016/new_view.asp?disp=2&id=1587

島根大図書館に地域情報コミュニティラボ(産経新聞,2017/2/2)

ページ