展示

アジア歴史資料センター、インターネット特別展「アジ歴グロッサリー 公文書にみる明治日本のアジア関与-対外インフラと外政ネットワーク-」を公開

2019年6月3日、アジア歴史資料センターが、インターネット特別展「アジ歴グロッサリー 公文書にみる明治日本のアジア関与-対外インフラと外政ネットワーク-」を公開しました。

明治期の日本と東アジアの関係に着目し、外政を含む中央省庁・行政機関・各種専門教育機関の変遷や、交通・通信・工業などの整備にスポットを当て、日本が西欧列強やアジア近隣諸国といかなる関係を築いてきたのかを探るものです。

テーマ別ページの「地図から検索」・「定期航路を見る」・「海底電線を見る」からは、在外公館・灯台・鉱山などの分布、定期航路・海底電線の整備状況を地図上で探し、関連資料を検索することが可能です。

インターネット特別展「アジ歴グロッサリー 公文書にみる明治日本のアジア関与-対外インフラと外政ネットワーク-」がオープンしました (2019年6月3日公開)(アジア歴史資料センター,2019/6/4)
https://www.jacar.go.jp/news/news04_others.html#20190604

大阪市立住之江図書館、図書展示「G20参加国・地域に関する資料」展を開催中:参加国の大使館等から提供を受けた各国を紹介するパンフレット類も展示

大阪市立住之江図書館が、2019年6月1日から6月30日まで、図書展示「G20参加国・地域に関する資料」展を開催中です。

6月28日・6月29日に同区内の大阪国際見本市会場(インテックス大阪)で行われるG20サミットにちなみ、G20参加国について書かれた本、写真集などのほか、各国別の絵本を集めて、展示しています。

参加国のうち、いくつかの大使館・領事館・観光局から提供を受けた、それぞれの国を紹介したパンフレット類もあわせて展示されています。

【住之江】図書展示「G20参加国・地域に関する資料」展 6月30日まで(大阪市立図書館,2019/6/1)
https://www.oml.city.osaka.lg.jp/index.php?key=jouu8bdup-510#_510

三重県立図書館、県内の公立・大学図書館等と連携し「熊野古道世界遺産登録15周年」キャンペーンを開催

2019年5月28日、三重県立図書館が、県内の公立・大学図書館等39館と連携し「熊野古道世界遺産登録15周年」キャンペーンを開催すると発表しています。

熊野古道の世界遺産登録15周年を記念して実施されるもので、参加館では、熊野古道や東紀州に関する蔵書やパンフレット等の観光情報が展示されます。

県立図書館での開催は6月1日から7月30日までです。

「熊野古道世界遺産登録15周年」キャンペーンを開催します(図書館)(三重県,2019/5/28)
http://www.pref.mie.lg.jp/TOPICS/m0013500087.htm

キャンペーン参加図書館一覧(令和元年度5月22日現在)[PDF:257KB]
http://www.pref.mie.lg.jp/common/content/000835018.pdf

FIFA女子ワールドカップ2019と“UK Web Archive”:収集するウェブコンテンツを募集(記事紹介)

2019年6月7日から7月7日にかけてフランスで行われる「FIFA女子ワールドカップ2019」にちなみ、英国図書館(BL)等が運営しているウェブアーカイブ“UK Web Archive”のブログ(2019年5月28日付)が、FIFA女子ワールドカップと“UK Web Archive”に関する記事を投稿しています。

伝統的に女子スポーツがメディアで取り上げられることは少なかったが、近年は変化が見られ、“UK Web Archive”で収集されたデータを分析した結果では、FIFA女子ワールドカップ関連情報が1999年には11件であったのが、2007年・2011年と英国代表が参加した後の2011年の収集データでは4,930件へと増加していること等が指摘されています。

一方で、“UK Web Archive”のコレクションでは性別による区別は行われていないが、マスコミを含む社会の男女平等の欠如により男女のバランスが崩れていることも指摘し、言語を問わず、英国で発信されたFIFA女子ワールドカップ2019関連のウェブページを発見した場合、公募フォームから知らせるよう依頼しています。

島原市(長崎県)、松平文庫「いのりの日」特別展「あの日の記憶1792.4.1」を開催:「雲仙・普賢岳噴火災害」の犠牲者を慰霊する「いのりの日」にあわせ

長崎県の島原市が、2019年5月21日から6月21日まで、島原図書館2階の肥前島原松平文庫閲覧室前展示コーナーにおいて、松平文庫「いのりの日」特別展「あの日の記憶1792.4.1」を開催しています。

「雲仙・普賢岳噴火災害」の犠牲者を慰霊する「いのりの日」である6月3日に合わせ実施しているもので、同文庫が所蔵する、1792年に発生した「島原大変」(噴火・眉山の崩壊・大津波の発生)関連の資料が展示されています。

松平文庫「いのりの日」特別展 「あの日の記憶1792.4.1」の開催について(島原市,2019/5/27)
https://www.city.shimabara.lg.jp/page5918.html

島原大変(島原市)
https://www.city.shimabara.lg.jp/rekishi/page2795.html

生誕110年を記念し、五所川原市立図書館(青森県)の呼びかけにより、47都道府県58館において「全国の図書館で太宰治資料展」が開催

2019年5月26日、青森県の五所川原市立図書館が、同館の呼びかけにより、生誕110年を記念した「全国の図書館で太宰治資料展」が開催されると発表しました。

47都道府県の58館が、各館で所蔵している太宰治関連資料を展示します。

南相馬市立中央図書館(福島県)、名古屋市中川図書館、菊陽町図書館(熊本県)では、既に展示が行われています。

@goshogawaralib(Facebook,2019/5/26)
https://ja-jp.facebook.com/goshogawaralib/posts/2359552520981755

【イベント】国際カンファレンス「保存から行動へ:日英ゲーム展示の最前線~英国ナショナル・ビデオゲーム・ミュージアムと城陽市歴史民俗資料館の取組みから読み解くその可能性~」(5/31・京都)

2019年5月31日、立命館大学衣笠キャンパスにおいて、英国バーススパ大学及び立命館大学ゲーム研究センター(RCGS)主催の国際カンファレンス「保存から行動へ:日英ゲーム展示の最前線~英国ナショナル・ビデオゲーム・ミュージアムと城陽市歴史民俗資料館の取組みから読み解くその可能性~」が開催されます。

ゲーム展示の先進的な事例について検証することを目的とした国際カンファレンスです。

当日誰でも参加可能で、内容は以下の通りです。

・講演(1)ナショナル・ビデオゲーム・ミュージアムの形成と展開
サイモンズ氏(Iain Simon)(英・ナショナル・ビデオゲーム・ミュージアム ディレクター) 
ニューマン氏(James Newman)(英・バーススパ大学 教授)

・講演(2)夏季特別展 CONTINUE~“ゲーム”90年の歴史~の企画と運営
寺農織苑氏(城陽歴史民俗資料館・学芸員)
上村雅之氏(立命館大学・映像学部・教授/立命館大学ゲーム研究センター長)
毛利仁美氏(立命館大学・文学研究科)

網走市立図書館(北海道)、ラグビーワールドカップ2019のフィジー代表チームのキャンプ地であることにちなみ、展示「フィジーってどんなところ?」を実施中

北海道の網走市立図書館が、ラグビーワールドカップ2019の公認キャンプ地として、フィジー共和国の代表チームのキャンプ地となっていることにちなみ、展示「フィジーってどんなところ?」を実施しています。

2019年1月5日から館内で展示場所を変えながら行われており、5月15日からは図書館1階らせん階段下にて実施されています。

講座・展示・イベントのお知らせ(網走市立図書館)
https://www.city.abashiri.hokkaido.jp/270kyoiku/030tosyokan/tenji-event.html
※「展示「フィジーってどんなところ?」」の項目があります。

岐阜県公共図書館協議会、共通テーマ資料展示「みんなが生きものとつながる本」を実施:県内公共図書館等35館が、所蔵する子ども向け関連資料を紹介

岐阜県公共図書館協議会の事務局を務める岐阜県図書館が、2019年5月22日から6月19日まで、県内公共図書館等35館で、生物多様性に関する共通テーマ資料展示「みんなが生きものとつながる本」を実施すると発表しました。

5月22日の「国際生物多様性の日」にちなんで行われるもので、「国連生物多様性の10年日本委員会(UNDB-J)」の子ども向け推薦図書「生物多様性の本箱」にリストアップされている本を中心に、生きものや自然、環境など、生物多様性に関する子ども向けの本を紹介する展示です。

岐阜県公共図書館協議会 共通テーマ資料展示「みんなが生きものとつながる本」(岐阜県図書館)
https://www.library.pref.gifu.lg.jp/event/kikaku-tenji/top.html#seibutsu-tayousei2019

国立国会図書館、電子展示「本の万華鏡」の第26回「恋の技法-恋文の世界-」を公開

国立国会図書館(NDL)は、ミニ電子展示「本の万華鏡」の第26回として、「恋の技法-恋文の世界-」をウェブサイトで公開しました。

江戸時代以降の恋文の手引書や恋文にまつわる文化などをNDLの所蔵資料を用いて紹介するものであり、「第1章 江戸時代の恋文あれこれ」「第2章 明治・大正・昭和の恋文あれこれ」の2章からなります。

本の万華鏡「恋の技法-恋文の世界-」を公開しました(付・プレスリリース)(NDL, 2019/5/10)
https://www.ndl.go.jp/jp/news/fy2019/190510_01.html
https://www.ndl.go.jp/jp/news/fy2019/__icsFiles/afieldfile/2019/04/26/pr190510.pdf
※2つ目のリンクはプレスリリースです。[PDF:336KB]

ページ