展示

福島県立博物館、特集展「震災遺産を考える -災害の歴史と東日本大震災-」を開催

福島県立博物館が、2018年3月3日から4月11日まで、特集展「震災遺産を考える -災害の歴史と東日本大震災-」を開催しています。

同館が中心となって活動している「ふくしま震災遺産保全プロジェクト」が進めてきた東日本大震災の経験を共有・継承するための取り組みで保全してきた「震災遺産」と、過去に起こった災害に関する資料を合わせて展示し、震災を地域の歴史としてとらえ直してみることを目的としています。

また、原発事故の影響を受けた大熊町、双葉町、浪江町による震災遺産保全や文化財レスキューの取り組みや、津波による被害が大きかった、いわき市久ノ浜地区の震災の前と後にも焦点をあてています。

同期間中、同館では「はま・なか・あいづ文化連携プロジェクト成果展 「アートで伝える考える 福島の今、未来 at Fukushima Museum」」も開催されています。

両展示とも観覧料は無料です。

岩手県立博物館、地域展「明日につなぐ気仙のたからもの―津波で被災した陸前高田資料を中心に―」を開催中

2018年3月3日から3月28日まで、岩手県立博物館が、地域展「明日につなぐ気仙のたからもの―津波で被災した陸前高田資料を中心に―」を開催しています。

気仙地方とりわけ陸前高田市に伝わる被災文化財と、被災文化財再生のため試行錯誤しながら構築された安定化処理方法等に焦点を当てた展示です。

吉田家文書「定留」、被災文化財再生の歩みを紹介する映像、高田松原の震災前後の写真、水彩画・油彩画のために構築された脱塩処理方法の紹介と実際に再生された作品等が展示されるほか関連イベントも開催されます。

明日につなぐ気仙のたからもの―津波で被災した陸前高田資料を中心に―(岩手県立博物館)
http://www5.pref.iwate.jp/~hp0910/cgi-bin/them.cgi?f1=1518598269&f2=staff

立川市中央図書館(東京都)、「東日本大震災被災地図書館写真展」を開催

東京都の立川市中央図書館が、2018年2月27日から4月8日まで「東日本大震災被災地図書館写真展」を開催しています。

東日本大震災で被災した図書館の被災後から復興までの様子の写真を展示しているほか、津波の被災後に救出された、陸前高田市立図書館の図書や雑誌などを日本図書館協会の協力のもと展示しています。

また、立川市図書館が宮城県の石巻市図書館へ児童書を寄贈した「絵本を届けよう!」プロジェクトの現状についても、石巻市図書館の協力により展示しています。

企画展示「東日本大震災被災地図書館写真展」を開催しています。(立川市図書館,2018/2/28)
https://www.city.tachikawa.lg.jp/toshokan/kanko/shogaigakushu/toshokan/o...

日立市立十王図書館・南部図書館(茨城県)、東日本大震災や防災関連の展示を実施

茨城県の日立市立十王図書館と同市立南部図書館が東日本大震災や防災関連の展示を実施しています。

展示期間は、十王図書館では3月1日から3月20日まで、南部図書館では2月15日から3月11日までです。

十王図書館の展示を紹介するウェブページには震災当時の同館の被害状況を撮影した写真が掲載されています。

震災の本を展示します(十王図書館)(日立市立図書館)
http://www.city.hitachi.lg.jp/lib/003/p058368.html

3.11の本(南部図書館企画展示)(日立市立図書館)
http://www.city.hitachi.lg.jp/lib/003/p065959.html

岩手県立図書館、ミニ展示「あの日を思い出す3.11」を実施

岩手県立図書館が、2018年3月1日から3月24日まで、 ミニ展示「あの日を思い出す3.11」を実施しています。

東日本大震災の発生後間もなく震災について特集した新聞・雑誌を用いて、即時性に優れた新聞や雑誌は何をどのように伝えていたのかを展示します。

併せて、当時の記録映像を中心にDVDも展示されます。

4階ミニ展示コーナー「あの日を思い出す3.11」(岩手県立図書館)
https://www.library.pref.iwate.jp/info/evecale/minitenji/index.html#201803_av

参考:
宮城県図書館、ミニ展示「あの日から7年 復興の姿とこれからの備え」を実施
Posted 2018年2月20日
http://current.ndl.go.jp/node/35523

Google Arts & Cultureで、英国図書館(BL)のハリー・ポッター20周年記念展示のオンライン版が公開

英国図書館(BL)が2018年2月28日まで開催している、ハリー・ポッター20周年記念展示“Harry Potter: A History of Magic”のオンライン版が、2018年2月27日、Google Arts & Cultureで公開されました。

公開時点では6か国語(英語・スペイン語・フランス語・ドイツ語・ヒンディー語・ブラジルポルトガル語)に対応しています。

With just a flick of a wand, “Harry Potter: A History of Magic” is on Google Arts & Culture(Google,2018/2/27)
https://www.blog.google/topics/arts-culture/just-flick-wand-harry-potter-history-magic-google-arts-culture/

宮城県図書館、ミニ展示「あの日から7年 復興の姿とこれからの備え」を実施

宮城県図書館が、2018年3月1日から2018年4月30日まで、同館3階の新聞・雑誌室において、ミニ展示「あの日から7年 復興の姿とこれからの備え」を実施します。

県内被災地域の復興に関する記事と、防災・減災についての関連記事を展示するものです。

ミニ展示「あの日から7年 復興の姿とこれからの備え」について(宮城県図書館)
http://www.library.pref.miyagi.jp/latest/events/exhibition/1092-2017-10-13-00-40-4.html

参考:
宮城県図書館、東日本大震災文庫ミニ展示「震災と食」を実施
Posted 2018年2月9日
http://current.ndl.go.jp/node/35466

北見市立留辺蘂図書館(北海道)、企画資料展示「思いがけないコレクション!」を開催:北海道立図書館の展示貸出目録を活用した移動展

北海道の北見市立留辺蘂図書館が、2018年2月13日から2月27日まで、企画資料展示「思いがけないコレクション!」を開催しています。

北海道立図書館が、市町村立図書館(室)における展示の企画立案や貸出申込みのためにウェブサイトで公開している「展示リスト」を活用した展示で、北海道立図書館の北方資料室が、2017年9月から10月にかけて開催した資料展「必見!思いがけないコレクション」の移動展となります。

展示では、北海道立図書館所蔵資料に加え、北見市立留辺蘂図書館所蔵の、閉架書庫の新聞記事スクラップ、新聞縮刷版の一番古いもの、児童書コーナーにある「北海道かるた」、しかけ絵本などが展示されます。

留辺蘂図書館 企画資料展示「思いがけないコレクション!」(北見市立留辺蘂図書館,2018/2/2)
https://www.city.kitami.lg.jp/docs/2018013000045/

宮城県図書館、東日本大震災文庫ミニ展示「震災と食」を実施

宮城県図書館が、2018年2月9日から2018年3月9日まで、同館3階の東日本大震災文庫においてミニ展示「震災と食」を実施しています。

震災が「食」に関わる人に与えた被害や影響とその後や、知っておくと役立つ非常時の「食」など、「震災と食」に関する資料から一部を展示するものです。

東日本大震災文庫ミニ展示「震災と食」(宮城県図書館)
http://www.library.pref.miyagi.jp/latest/events/exhibition/1088-shinsaibunko-201802.html

参考:
宮城県図書館、東日本大震災文庫ミニ展示「震災と地震」を実施
Posted 2017年12月11日
http://current.ndl.go.jp/node/35130

ページ