欧州

小特集 北欧のコミュニティと公共図書館(CA1655-CA1657)

日本における北欧の図書館への関心は高く、これまでも北欧の数々の図書館が、訪問記の形で紹介されてきた(1)。本稿はスウェーデン、デンマーク、ノルウェーの各国の公共図書館について、その最新の状況を報告するとともに、図書館サービスの置かれた状況や課題を論じるものである。…

CA1655 - 小特集 北欧のコミュニティと公共図書館:デンマーク / 吉田右子

はじめに デンマークの公共図書館の最大の特徴は、生涯学習を公共図書館の理念として掲げ、コミュニティ住民の情報への公平なアクセスを確保するための活動を、一貫して行ってきたことである。その結果デンマークでは図書館間のネットワークが整備され、居住区がどこであっても平等な図書館サービスを受けることができる。2点目の特徴は、公共図書館が公的サービスとして確固たる位置づけを持ち、図書館サービスの公的財源と専門職制を揺ぎないものにしていること、さらに市民がそのことを支持している点である。…

CA1656 - 小特集 北欧のコミュニティと公共図書館:ノルウェー / マグヌスセン矢部直美

ノルウェーは今回紹介されている北欧3国の中では一番人口の少ない国である。統計局(Satatistisk sentralbyrå)(1)によると、人口は2007年1月1日現在で470万人弱。人口は少ないものの、国土は日本の面積に匹敵しており、公共図書館は全国土に住む人々にサービスを提供するという課題がある。広い地理をカバーするためブックモービル、ブックボートが長年存在してきたが、これらも近年予算削減に苦しみ、幾度も廃止政策が打ち出された。しかし、その度に全国的な署名活動等が展開され、現在のところ何とか維持されている。…

CA1657 - 小特集 北欧のコミュニティと公共図書館:スウェーデン / 小林ソーデルマン淳子

1. はじめに スウェーデンの公共図書館の源流は、1800年代の半ばに活発になった各種の国民運動に見られ、他の北欧諸国同様、民主主義の理念、特に生涯学習を支える機関として、その歴史は長い。 社会の変化に従い当然、公共図書館の使命も、利用者のニーズも変化する。今日の図書館は本の貸出はもとより、社会の文化・知識・情報そして文化センターとして多くの役割を担っている。…

欧州図書館、利用者諮問委員会を設置

欧州図書館(The European Library: TEL)は、これまで以上に利用者ニーズに応えるため、図書館や学術コミュニティのメンバーからなる利用者諮問員会を設置しました。諮問委員会のアドバイスは、TELのポータルサイト開発と戦略構築に役立てられる予定です。また、諮問員会のメンバー9名のうちの1人として、“Open Access News”を運営する米アラハム大学のズーバー(Peter Suber)氏が含まれています。

The European Library Users Advisory Board
http://www.theeuropeanlibrary.org/portal/index.html

Users Get Their Say Developing the European Library(BLによるニュースリリース)

EUの研究・教育機関向け世界最速コンピュータネットワーク「GEANT」がグローバル化

EUは2008年2月29日、研究・教育機関向けに整備されてきたギガビットを超える世界最速のコンピュータネットワーク「GEANT」を、単一の地球規模の研究ネットワークを作り上げることに貢献するため、同種の世界中のネットワークへ解放することを発表しました。

EUのプレスリリース
http://europa.eu/rapid/pressReleasesAction.do?reference=IP/08/354&format=HTML&aged=0&language=EN&guiLanguage=en

伝統ある学術雑誌出版社はオープンアクセスを受け入れているか?

オランダのSURF基金が、英国情報システム合同委員会(JISC)とSURFが定式化した、オープンアクセスに関する出版原則や出版ライセンスを、伝統ある学術雑誌出版社47社(現在はオープンアクセス誌を出版していない会社)が支持するかどうかを調査し、その結果をまとめた最終報告書“Acceptance of the JISC/SURF Licence to Publish & accompanying Principles by traditional publishers of journals”を公表しました。調査結果によると、この原則の一部あるいは全てを支持する出版社や、この原則に沿った形で出版ポリシーの変更を検討している出版社は増加傾向にあるということです。

E754 - 欧州大学協会,オープンアクセスに関する勧告を採択

欧州46か国の791大学が加盟する欧州大学協会(EUA)は,2007年1月に「オープンアクセスに関するワーキンググループ(以下,WGと略)」を設置し,「オープンアクセス」の重要性を大学に広く啓蒙するとともに,オープンアクセス問題に関する政策決定において,鍵を握る利害関係者である大学に…

欧州デジタル図書館のプロトタイプサイトが“Europeana”として来秋始動

欧州デジタル図書館は、2008年11月に公開予定のプロトタイプサイトを“Europeana”という名前で公開することになりました。このプロトタイプサイトでは、ヨーロッパの図書館、文書館、美術館などから集められた、少なくとも200万点のデジタル化された資料(本、写真、地図、音楽、映画など)…

ヨーロッパのリポジトリ連携プロジェクトの検索ポータルDRIVERアルファ版

ヨーロッパにおけるリポジトリの連携を探るDRIVERプロジェクトが、統合検索ポータル"DRIVER (pre)-alpha"を公開しています。Welcome to the DRIVER website, portal to the European research information. http://test.driver-repository.eu/Test DRIVER - Open Access Newshttp://www.earlham.edu/~peters/fos/2008/01/test-driver.htmlDRIVER II 始動 - Open Access Japanht…

ページ