欧州

デジタル資料保存プロジェクト“PLANETS”の実験環境アンケート募集中(ヨーロッパ)

ヨーロッパの国立図書館、文書館、大学図書館などが共同で進めているデジタル資料保存プロジェクト“PLANETS”は、保存技術やサービスなどの実験を行うための実験環境の構築を、現在計画しています。そこで11月16日まで、自由記述式のアンケートフォームで実験環境に関する意見募集を行っ…

BnF、巨大な地球儀・天球儀を永久展示

フランス国立図書館(BnF)は10月4日から、フランソワ・ミッテラン館の入り口に、17〜18世紀のフランチェスコ会修道士・地理学者コロネリ(Vincenzo Maria Coronelli(1650〜1718))が作成した地球儀・天球儀を永久展示しています。この1対の地球儀・天球儀は直径約4メートル、重さが2トンにも及ぶも…

E554 - 諸外国の公共図書館の実態調査 <文献紹介>

株式会社シィー・ディー・アイ. 諸外国の公共図書館に関する調査報告書. 2005, 290p. (オンライン), 入手先 , (参照:2006-10-02). 文部科学省は2006年9月,2005年度に実施した委託調査「図書館の情報拠点化に関する調査研究」の成果物である『諸外国の公共図書館に関する調査報告』をウェブサイト…

Google Book Search プロジェクトに新メンバーが加わる(スペイン)

スペインのマドリード・コンプルテンセ大学がGoogle Book Search プロジェクトに参加するとのことです。スペイン語圏では初めて、ヨーロッパではオックスフォード大学図書館に引き続き2館目となるそうです。Madrid's Complutense University opens its library to the world(Google Book Searchの公式ブログ)http…

欧州デジタル図書館計画、著作権の処理に課題

E541で紹介したとおり、EUの欧州デジタル図書館計画については、8月に参加国に対して計画遂行のピッチを上げることを求める勧告が出されたところですが、ここへ来て著作権の問題に悩まされているようです。同計画では、2010年までにヨーロッパのデジタル資料600万点にアクセスできるように…

E541 - 欧州デジタル図書館計画の促進に向けた勧告

EUが進めている欧州デジタル図書館計画(E390,E461参照)では,2008年までに200万点,さらに2010年までには600万点以上の本,フィルム,写真,手稿などを閲覧できるようにという目標が立てられているが,現時点では対象資料のデジタル化は十分に進んではいないようであり,EUは目標達成のため…

OAリポジトリのネットワークを構築−EUのDRIVERプロジェクト

EUでは、6月から「ヨーロッパにおける調査研究のためのデジタルリポジトリ基盤のビジョン」を示すプロジェクトDRIVERを18ヶ月計画で進めていますが、この度、DRIVERプロジェクトのウェブサイトが公開されたようです。DRIVERプロジェクトは、・あらゆる形式の資源を提供する−技術基盤の利用を…

Cataloging & Classification Quarterly 41(3/4)

さきごろ刊行されたCataloging & Classification Quarterly 41(3/4)では、前号にひきつづき「図書館目録教育:世界的視点から考える:Part.2」が特集されています。オーストラリア、ヨーロッパ、ラテンアメリカ、および中東の各国における目録教育について、14の論文が掲載されています。参考:Cataloging & C…

E524 - ティーンエイジャーのインターネット利用傾向−欧州9か国調査の結果から

欧州連合(EU)は,インターネットのより安全な利用を促進するアクションプラン“Safer Internet Plus”を2005年〜2008年の4か年計画として進めている。このアクションプランの一環として,ヨーロッパの若者のインターネット利用の傾向に関する調査が2005年1月から2006年6月にかけて行われ,その結果…

OCLCとLIBERが電子資料の書誌データ交換で合意

OCLCとLIBER(Ligue des Bibliotheques Europeennes de Recherche)は、電子資料の書誌データを相互に交換して使用することで合意に達したとのことです。ヨーロッパと米国の加盟図書館が所蔵する電子資料の書誌を、共同で一元的に登録して、オンラインで検索するシステムを無償で提供するそうです。将来的…

ページ