欧州

Internet Archive(IA)、欧州の少数言語の機械翻訳進展のため、英・エジンバラ大学にウェブアーカイブの一部を提供

2019年6月19日、Internet Archive(IA)が、特にリソースが不足している言語の機械翻訳を進展させるためのオープンデータとツール構築のため、英国のエジンバラ大学にウェブアーカイブの一部を提供すると発表しています。

エジンバラ大学は、EUのインフラプロジェクトを支援する「コネクティング・ヨーロッパ・ファシリティ」からの助成を受け、他の大学と共同で、29の言語を対象として、ウェブから翻訳されたテキストをマイニングするプロジェクト“ParaCrawl”を行っています。

今回、IAが収集したウェブアーカイブを“ParaCrawl”プロジェクトに追加することで、マイニング対象となるアーカイブデータが増えることになります。IAでは、アイスランド語・クロアチア語・ノルウェー語・アイルランド語といった翻訳されたテキストが少ない言語を、内部的な分類ツールを用いてIAの通常のウェブアーカイブの中から抽出します。

欧州研究図書館協会(LIBER)、2018/2019年の年次報告書を公開

2019年6月5日、欧州研究図書館協会(LIBER)は2018/2019年の年次報告書である“LIBER:2018-2019 Annual Report”の公開を発表しました。LIBERによる年次報告書の公開は今回が初めてとなり、2018年6月から2019年5月の主な出来事、2018-2022年の戦略計画の進捗状況、関与した国際的なプロジェクト、年次大会や季刊誌“LIBER Quarterly”に関するデータ、会計状況等が報告されています。

年次報告書では対象期間の主な出来事として、EU著作権指令改正におけるテキスト・データ・マイニング(TDM)を例外とするための働きかけ、オープンサイエンスに関するロードマップの作成・配布、研究図書館のための学術指標の提言をまとめた報告書の公開、研究データリポジトリやデジタル人文学等に関する調査、Plan Sの実現にかかる手引き改善のための声明発表、“A Library Manifesto for Europe”への支持などを挙げています。

Coalition S、「Plan Sの実現にかかる手引き」の改訂を発表:効力発生は2021年1月1日からへ延期

2019年5月31日、Coalition Sは、Plan Sの実現にかかる手引き“Guidance on the Implementation of Plan S”の改訂を発表しました。

この改訂は2019年2月まで募集していた同手引きへのフィードバックを受けて行われたものです。エンバーゴなしの即時・完全なオープンアクセス(OA)化、完全なOA化はCC BYライセンスによる実施を原則とする、ハイブリッドOAは支持しない、等の基本的な原則に変更はありませんが、手引きについて、以下のような変更が提示されています。

スウェーデンイノベーション・システム庁(VINNOVA)がcOAlition Sに参加:参加機関は19に

2019年5月22日、2020年までの完全・即時オープンアクセス(OA)実現を目指すイニシアチブ“cOAlition S”は、スウェーデンイノベーション・システム庁(VINNOVA)が新たに参加機関に加わったことを発表しました。

VINNOVAはイノベーションプロジェクトや研究への助成を行っているスウェーデンの政府機関です。今回の参加により、cOAlition Sの参加機関数は19となりました。

Vinnova, Sweden’s Innovation Agency, Joins cOAlition S(cOAlition S , 2019/5/22)
https://www.coalition-s.org/vinnova-joins-coalition-s/

euroCRISとOpenAIREが覚書を締結

2019年5月27日、euroCRISがOpenAIREと覚書を締結したと発表しています。

最適な研究情報エコシステムを共同で実現するための協力的かつ戦略的な連携を樹立することを目的に締結されたもので、OpenAIREへのアグリゲーションへの認証されたデータプロバイダとして最新研究情報システム(CRIS)を追加するための進行中の作業を支援する組織的な枠組みを提供します。

euroCRIS and OpenAIRE sign Memorandum of Understanding(euroCRIS,2019/5/27)
https://www.eurocris.org/news/eurocris-and-openaire-sign-memorandum-understanding

欧州大学協会(EUA)、欧州の大学におけるビッグディール契約に関する調査報告書の第2版として“2019 Big Deals Survey Report”を公開

2019年5月13日、欧州大学協会(EUA)が、欧州の大学におけるビッグディール契約に関する調査報告書“2019 Big Deals Survey Report: An Updated Mapping of Major Scholarly Publishing Contracts in Europe”の公開を発表しました。本報告書は2018年4月に公開された報告書をアップデートした第2版に当たります。

調査対象には、2017年から2018年に欧州30ヵ国の31のコンソーシアムが、Elsevier社、Springer Nature社、Taylor & Francis社、Wiley社、アメリカ化学会(American Chemical Society)の5大主要出版社と締結した167のビッグディール契約が含まれています。報告書では以下のような調査結果が示されています。

OA2020とcOAlition S、共同声明でオープンアクセス(OA)への移行の加速化に協調して取り組むことを表明

2019年5月9日、国際的オープンアクセス(OA)イニシアチブであるOA2020とcOAlition Sが共同声明“Joint Statement of OA2020 and cOAlition S: Research Performing and Research Funding Organizations Working Together to Accelerate the Transition to Open Access”を発表しました。

この声明の中で、OA2020とcOAlition Sは、学術的な研究成果は過去20年以上の取り組みにも関わらず、未だに多くが非OAのままであり、雑誌購読料をOA出版料に転換する“transformative agreements”締結交渉を出版社と進めるなどして、研究成果から有料購読の障害を除去することやPlan Sの実現をはじめとする研究成果の迅速・完全なOA化することといった、二者の共通目的達成を協調して目指すことを表明しています。

Europeana、2018年の年次報告書及び年次会計報告書を公開

2019年5月7日、Europeanaは2018年の年次報告書及び年次会計報告書である“Europeana Foundation Annual Report & Accounts 2018: A decade of democratising culture”の公開を発表しました。

年次報告書は、2018年は欧州文化遺産年(European Year of Cultural Heritage)であると同時にウェブサイト公開10周年に当たる重要な年であったとして、2018年を10のハイライトで振り返るという形式で構成されています。2018年の活動として、欧州内の移民の個人的体験共有のキャンペーン、第1次世界大戦期に書かれた手書き文書2,800点以上の翻刻、データ取り込みプロセスの更新、システム更新によるコレクション発見可能性の向上、Impact Playbookを利用したデジタルアーカイブ評価、教員向け教材の作成とMOOCによる配信などのトピックが示されています。

Horizon 2020に替わる新たな研究資金助成プログラム”Horizon Europe”、欧州議会で承認 オープンサイエンス推進に関する条項も含まれる

SPARC Europeが4月17日開催の欧州議会で、次期研究資金助成プログラム”Horizon Europe”が欧州議会で承認されたことを紹介しています。

Horizon Europeは現在のHorizon 2020の助成期間(2020年まで)終了後に実施される予定の研究資金助成プログラムで、2021年から2027年の間に、1千億ユーロ規模の研究・開発資金助成を行うというものである。今回、承認されたプログラムの条項等の中では、「オープンサイエンスを促進し、妥当と考えられる場合には例外を認めつつも、科学出版物および研究データへのオープンアクセスを保証する」ことが定められています。また、「Horizon Europeではオープンアクセス出版、リポジトリ、他のデータソースを支援する」ともされています。データマネジメントについてや、データのFIAR原則順守等にも触れられています。

ただ、今回承認されたのはプログラムの規定等であり、予算措置についてはEUの次期長期予算が承認されて初めて開始されるとのことです。

欧州大学協会(EUA)、欧州の大学におけるオープンアクセスの進捗状況に関する調査報告書の第4版“2017-2018 EUA Open Access Survey Results”を公開

2019年4月4日、欧州大学協会(EUA)が、報告書“2017-2018 EUA Open Access Survey Results”の公開を発表しました。

2017年から2018年にかけて実施した欧州の大学のオープンアクセス(OA)の進展に関する4度目の調査の報告書で、欧州36ヵ国の321機関の回答に基づいて作成されています。この調査では特に研究成果物のOA、研究データ管理、研究データのオープン化に焦点が当てられており、初めて研究評価に関わる設問が追加されました。

報告書では調査結果に基づき、各機関はHorizon EuropeやPlan SなどのOAに関わる欧州規模での重要な動向を注視すべきであること、図書館員や機関の執行部と比べて低い程度に留まっている研究者のOAへの意識向上と関与の促進が重要であること、研究者にOAやオープンサイエンスへの貢献にインセンティブを与えるためにインパクトファクター等の現在優勢な指標に代わる評価制度の開発が必要であること等が指摘されています。

また、EUAは次回の調査ではオープンサイエンスの枠組みの中での研究評価について特に焦点を当てる予定であるとしています。

ページ