欧州

フィンランドアカデミーが”cOAlition S”に参加 参加機関は12に

2018年9月24日、フィンランドの国立研究助成機関、フィンランドアカデミー(Academy of Finland)が、2020年までの完全・即時オープンアクセス(OA)実現を目指すイニシアチブ“cOAlition S”に参加したことを発表しました。

cOAlition Sは2018年9月4日に、欧州の11の公的研究助成機関により発足したイニシアチブです。発足後に新たに参加したのはフィンランドアカデミーが初で、これにより参加機関数は12になりました。

Academy of Finland joins cOAlition S(Academy of Finland、2018/9/24付け)
http://www.aka.fi/en/about-us/media/press-releases/2018/academy-of-finland-supports-plan-s/

オープンアクセス学術出版協会(OASPA)、オープンアクセスに関する”Plan S”への支持を表明

2018年10月2日、オープンアクセス学術出版協会(OASPA)は、同年9月に欧州の11の公的研究助成機関が発表したオープンアクセス(OA)を実現するためのイニシアチブ“cOAlition S”と、そのOA推進の10の原則”Plan S”を支持し、実現に向け協力すると発表しました。

OASPAの発表では、APC(論文処理加工料)に上限を設ける等の”Plan S”の一部の方針には懸念を表明しつつ、”Plan S”のハイブリッドOAを認めない方針は、完全OA雑誌への論文掲載を推奨するものであり、大いに歓迎するとしています。総じて、cOAlition Sの野心的なビジョンを歓迎し、実施に向けた計画策定と実現のための支援を行うと述べています。

OASPA Offers Support on the Implementation of Plan S(OASPA、2018/10/2付け)
https://oaspa.org/oaspa-offers-support-on-the-implementation-of-plan-s/

日本・欧州連合(EU)がマラケシュ条約を批准

外務省は、日本政府が2018年10月1日に、マラケシュ条約の加入書を世界知的所有権機関(WIPO)事務局長に寄託したことを発表しました。これにより、同条約の規定に基づき、2019年1月1日から日本国内において同条約が発効します。

また、欧州連合(EU)も、同日、マラケシュ条約の加入書を寄託しています。

我が国による「視覚障害者等による著作物の利用機会促進マラケシュ条約」の締結(外務省,2018/10/2)
https://www.mofa.go.jp/mofaj/press/release/press4_006484.html

欧州の19機関、人文・社会科学分野におけるオープンクラウドエコシステム構築のためのプロジェクトSSHOCを開始

2018年9月20日、欧州研究図書館協会(LIBER)は、欧州の他の18機関とともに、人文・社会科学分野(SSH)におけるオープンクラウドエコシステム構築のためのプロジェクトSSHOC(Social Sciences & Humanities Open Cloud)を2019年1月から開始すると発表しています。

Horizon 2020の枠組みのもとで構築されるプログラムで、人文・社会科学分野のデータ利用者が活用できる、データ・ツール・トレーニングを提供し、機密データの共有・利用のための安全な環境を促すことで、オープンサイエンスのための課題と、 European Open Science Cloud (EOSC)の実現に貢献することを目的としています。

国際図書館連盟(IFLA)、欧州議会での著作権指令改正案可決に対してプレス・リリースを発表

欧州議会が2018年9月12日に著作権指令改正案を可決したことをうけ、9月13日、国際図書館連盟(IFLA)がプレス・リリースを発表しています。

プレスリリースでは、今回可決した改正内容が発効した場合、図書館は、国境を越えたネットワークを通じても含めて、保存のための著作物のデジタル化の可能性が明確となり、また、教育のための著作権の除外規定からの恩恵も受けるとしています。

一方で、オープンアクセス(OA)論文やオープンな教育資源(OER)を搭載するの非営利のプラットフォームに深刻な影響を与える条項、ニュース記事のスニペットへの支払い義務、グローバルイノベーション分野において欧州を遅れさせる混乱・リスクを招くテキスト・データ・マイニングに関する規則の複雑さなどに懸念を示してします。

IFLAでは、欧州の著作権改革は、今後、欧州委員会・欧州議会・加盟国での議論へと進むが、全ての関係者が、より創造的で革新的な未来のために正しい道を進むために必要なことを確実に理解するようにするとしています。

欧州委員会(EC)、Europeanaの評価と今後の進展に関する報告書を公開

2018年9月6日、欧州委員会(EC)が、Europeanaの評価と今後の進展に関する、欧州議会及び欧州理事会宛の報告書“REPORT FROM THE COMMISSION TO THE EUROPEAN PARLIAMENT AND THE COUNCIL on the evaluation of Europeana and the way forward”を公開しました。

同報告書では、Europeanaは、標準化や相互運用性、ネットワーク構築などにより、欧州のデジタル文化遺産を欧州全体に行きわたらせる上で、重要な役割を果たしたとしています。

一方で、量的は期待を上回っているものの質的にはまだ問題があるとし、扱っている地理・テーマ・文化の範囲や、メタデータの多言語対応・詳細さ・正確さ、ポータルの技術インフラ改善・多言語対応・検索及びフィルタリンク機能の追加などの課題を指摘しています。

また、評価に基づき、今後のEuropeanaの進展に関し、

・データプロバイダやアグリゲーターがEuropeanaのサービスを利用しやすくする

・AI、言語処理、ビッグデータを活用して出来るだけ自動化した、欧州各国の文化遺産の幅や深さを効果的に紹介するためのコンテンツのキュレーションの実施

Science Europe、研究成果物の完全で即時のオープンアクセスを実現するための公的助成機関によるイニシアチブ“cOAlition S”の開始を発表

2018年9月4日、欧州の研究助成財団・研究実施機関が加盟するScience Europeは、11の公的助成機関(オーストリア科学財団・ フランス国立研究機構・アイルランド科学財団・イタリア国立核物理学研究所・ルクセンブルグ研究財団・オランダ科学研究機構・ノルウェー研究会議・ポーランド国立科学センター・スロベニア研究機構・スウェーデン環境・農業研究審議会・英国リサーチ・イノベーション)が、欧州委員会(EC)の支援を受けて、研究成果物の完全で即時のオープンアクセス(OA)を実現するためのイニシアチブ“cOAlition S”を開始すると発表しました。

同イニシアチブは、2020年1月1日までの公的助成を受けた成果物の、規約に準拠したOAジャーナルやOAプラットフォームでの公開の義務化という1つの目標と、そのための10の原則からなるPlan Sを中心に構築されており、公的・民間を問わず、世界中の研究助成機関の参加を呼びかけています

What is cOALition S?(Science Europe,2018/9/4)
https://www.scienceeurope.org/coalition-s/

E2053 - EU一般データ保護規則(GDPR)と図書館への影響

個人データの保護を受ける権利は,欧州連合(EU)において基本的な権利と位置付けられている。EU一般データ保護規則(General Data Protection Regulation:GDPR)はその保護を強化し,域内のルールを統合する規則として,2016年4月に採択された。同年5月に公布・施行された後,2年間の猶予を経て,2018年5月25日から適用が始まった。以下では,GDPRの概要及び諸外国で検討される図書館におけるGDPRへの対応等を紹介する。

欧州研究図書館協会(LIBER)、欧州の研究図書館におけるデジタル人文学への取り組みに関する小調査の結果を公開

2018年8月27日、欧州研究図書館協会(LIBER)が、欧州の研究図書館を対象に実施した、図書館におけるデジタル人文学(DH)への取り組みに関する小規模調査の結果を公開しています。

この調査は2018年4月から7月にかけ、行われたもので、回答館は22館でした。集計結果が公開されているほか、データ公開に同意した17館については個別の回答データも公開されています。

調査ではDH活動への取組の概要、財源、用いているコレクションの種類(ボーンデジタルか否か、自身がデジタル化したものか外部のコレクションか、あるいはメタデータのみか)やライセンスの状況、研究者との協働の状況等が扱われています。

欧州における人文・社会科学分野のオープンな学術コミュニケーション発展のための研究基盤OPERAS、7種類のホワイトペーパーを公開

2018年8月6日、欧州における人文・社会科学分野のオープンな学術コミュニケーション発展のための研究基盤「学術研究を通した欧州の研究領域におけるオープンアクセスコミュニケーション」(Open Access in the European Research Area through Scholarly Communication:OPERAS)が、ワーキンググループが作成した7種類のホワイトペーパー(2018年7月付)を公開しました。

ページ