スペイン

電子書籍ライセンスを国が購入し公共図書館を通じて提供へ 背景には不正利用の横行も(スペイン)

スペインの教育・文化・スポーツ省が、2014年初頭から、電子書籍1,500タイトルのライセンス20万件を購入し、それらを公共図書館の登録利用者1,200万人に対して提供すると発表しました。購入費用は約200万ユーロにものぼるようです。

同国では、電子書籍を利用したことがある人の68%が非合法で利用していたとする調査結果も出ており、同省の図書館計画局長のAlejandro Carrion氏は「国内の地域の図書館システムとネットワークをつないで、法を順守した電子書籍の利用を促進したい」としています。また、若者の読書振興も目的とされています。

El Ministerio de Educacion, Cultura y Deporte promueve el prestamo bibliotecario de libros electronicos (Biblioteca Nacional de Espana 2013/7/2付けの記事)
http://www.bne.es/es/AreaPrensa/noticias2013/0702_PrestamoLibrosElectronicos.html

スペイン国立図書館、デジタル化資料の教育利用のためのウェブ空間 “BNEscolar”を公開

2013年7月1日、スペイン国立図書館(BNE)が、教育のためのウェブ空間“BNEscolar”を公開しました。これは同国の教育・文化・スポーツ省の助成事業“Spanish Culture in Linked Open Data”として進められたプロジェクトです。

BNEのプレスリリースによると、“BNEscolar”は、同館の電子図書館Biblioteca Digital Hispanicaに登録されているコレクション約8,500点を利用し、セマンティック技術で作られたウェブ空間とのことです。

“BNEscolar”のポータルサイトは、“Arte(芸術)”“Dibujos de los ninos de la guerra(戦争を描いた子どもの絵画)”“Otras collecciones(その他コレクション)”の3つで構成されており、“Arte”には、ゴヤの作品等と並んで、日本の浮世絵もまとめられています。

BNEscolar
http://bnescolar.didactalia.net/comunidad/BNEscolar

La Biblioteca Nacional de Espana se abre al mundo de la ensenanza con la BNEscolar (BNE 2013/7/1付けの記事)

「御堂関白記」と「慶長遣欧使節関係資料」がユネスコ記憶遺産に登録決定

2013年6月19日、国宝「御堂関白記」と同じく国宝の「慶長遣欧使節関係資料」が、ユネスコの記憶遺産として登録が決定されました。

「御堂関白記」は、平安中期に政治家として栄華を極めた藤原道長の自筆日記で、現在京都府の公益財団法人陽明文庫が所有しています。「慶長遣欧使節関係資料」は、スペインとの共同推薦によるもので、日本側の登録物件は仙台市が所有する「ローマ市公民権証書」「支倉常長像」「ローマ教皇パウロ5世像」の3件、スペイン側登録物件はインディアスおよびシマンカス公文書館が所蔵する94件とのことです。

なお、これを記念して「慶長遣欧使節関係資料」の登録3件を所蔵する仙台市博物館は、6月30日まで対象資料を公開しています。また、インディアス公文書館では、2013年から2014年にかけての日本スペイン交流400周年事業の一環として8月15日まで開催中の展示会"De Japón a Roma buscando el sol de la cristiandad: la embajada de Hasekura (1613-1620)"(キリスト教世界の太陽を求めて日本からローマへ: 大使支倉(1613-1620))で、登録物件を公開しています。

登録物件概要 (PDF)(文部科学省)

“死と葬式”をテーマにした図書館がバルセロナで開館

2013年6月13日、スペインのバルセロナのモンジュイック墓地に、“死と葬儀”に関する資料を集めた図書館が開館しました。様々な国の死や葬儀の風習に関する資料3,600点以上が所蔵されており、スペインでは最大規模、欧州でも2番目に大きな図書館とのことです。

Cementiris de Barcelona La biblioteca
http://www.cbsa.es/colleccio/biblioteca.asp?lang=en

Inauguracio de la Biblioteca Funeraria (Cementiris de Barcelona)
http://www.cbsa.cat/noticies.asp?id=861

Libros en el cementerio (el Periodico 2013/6/13付けの記事)
http://www.elperiodico.com/es/noticias/barcelona/libros-cementerio-barcelona-2416042

Barcelona estrena una Biblioteca Funeraria con un fondo de 3.600 ejemplares (La Vanguardia.com 2013/6/13付けの記事)

スペイン及びラテンアメリカの高等教育機関におけるオープンコースウェアの現状 マドリード工科大学等がレポートを刊行

スペインのマドリード工科大学(Universidad Politecnica de Madrid)が、国立遠隔教育大学(Universidad Nacional de Educacion a Distancia)等とともに、スペイン及びラテンアメリカの高等教育機関におけるオープンコースウェア(OCW)の現状を調査した結果をまとめ、レポートとして刊行しました。調査結果によると、スペインは米国に次いで2番目にOCWを提供する大学数が多いものの、一方でラテンアメリカでは少ないようです。その他レポートには、スペイン及びラテンアメリカのコンテンツ公開点数等のデータがまとめられています。

Aplicacion de tecnologias web emergentes para el estudio del impacto de repositorios OpenCourseWare espanoles y latinoamericanos en la Educacion Superior (PDF)
http://ocw.upm.es/informe-final-ocw

スペイン国立図書館、電子図書館にユーザの関心のある資料が登録されるとメールで教えてくれるアラートサービス機能を実装

2013年5月24日、スペイン国立図書館は、電子図書館Biblioteca Digital Hispánica(BDH)にアラートサービス機能を実装したと発表しました。これは、ユーザが関心のある文献等の情報を登録することで、BDHにそれに関連した資料が登録されるとEメールで連絡されるという機能です。同館はこれにより定期的に検索を行う必要がなくなるとしています。

アラート機能の登録画面では、タイトル、メール配信頻度、資料タイプ、資料本文の検索語等が設定できるようになっています。

アラート機能登録画面(Biblioteca Digital Hispánicaº)
http://bdh.bne.es/bnesearch/NewAlert.do

Alertas bibliográficas en la Biblioteca Digital Hispánica. (El Blog de la BNE 2013/5/24付けの記事)
http://blog.bne.es/?p=1586#more-1586

スペイン国立図書館、聖歌等の合唱譜検索用データベースを公開

2013年5月8日、スペイン国立図書館は合唱譜検索用データベースを新たに公開しました。これは、同日、BNEとサン・フェルナンド王立芸術アカデミーとの共催で開催された、15-19世紀スペイン合唱譜目録作成・研究会議に併せて公開されたものです。

BNEの所蔵する聖歌の楽譜コレクションは、その大部分が19世紀に取得されたものです。このデータベースでは、キーワード検索だけでなく、五線譜に音符を配置して検索することができ、検索結果から該当の資料を同館の電子図書館で利用することが可能となっています。

Cantorales
http://www2.bne.es/CANT_web/irBuscadorPentagrama.do

スペイン国立図書館が大手書店と提携、デジタル化資料を電子書店サイトからも提供へ

2013年4月2日、スペイン国立図書館(BNE)は、同国の大手書店Casa del Libroと提携し、同社の電子書店を通じてBNEのデジタル化資料の提供を開始しました。これにより、Casa del Libroの電子書籍端末Tagusを始め、iPhoneやアンドロイド端末等で無料で利用できるとのことです。現在のところ、500点程度が提供されています。

Obras digitalizadas de la Biblioteca en la Casa del Libro (Biblioteca Nacional de Espana 2013/4/2付けの記事)
http://www.bne.es/es/AreaPrensa/noticias2013/0402_ColaboracionCasaDelLibro.html

アンダルシア電子図書館、州内出版社の出版物電子化サービスを無料で実施へ(スペイン)

2013年3月6日、スペイン南部のアンダルシア評議会(自治州政府)は、同州の運営しているアンダルシア電子図書館(la Biblioteca Virtual de Andalucía)を通じて、州内出版社の出版物電子化の無料サービスを実施すると発表しました。州内の書店や出版社の支援と読書振興、公共図書館やドキュメンテーションセンターの役割強化がその目的とされています。

図書館専門職を“定義”する スペイン文化省内ワーキンググループが文書を公表

2013年2月付けで、スペイン文化省の図書館協力委員会(Consejo de Cooperacion Bibliotecaria)の専門職プロフィールワーキンググループが、同国の各種図書館でそれぞれ異なる図書館員の職位や専門職の名称、その役割やコンピテンシー等をまとめた文書“Perfiles profesionales del Sistema Bibliotecario Español: fichas de caracterización”を公表しています。

文書では、「館長」や「図書館技術者」、「レファレンスライブラリアン」、「文書分析担当者」等の21項目が挙げられており、統一的な指針を示すことで、館種間での議論の土台にする狙いがあるようです。

Perfiles profesionales del Sistema Bibliotecario Español: fichas de caracterización (PDF)
http://travesia.mcu.es/portalnb/jspui/bitstream/10421/6841/1/perfilesprofesionalesSBE.pdf

Grupo de Trabajo de Perfiles Profesionales

ページ