スペイン

Europeana、コンテンツ活用についてのワークショップを開催

EuropeanaのAPIの活用方法等、Europeanaのコンテンツ活用についてのワークショップが2014年7月16日(中央ヨーロッパ時間の17時から20時)にバルセロナで開催されます。Apps&Cultura Barcelonaとの共催で、同機関が毎年実施している“Hack at Home competition”として開催するとのことです。ウェブで実況が中継され、Twitterでも質問ができるとのことです。

WORKSHOP & WEBINAR 16 July, 17h CET: Using Europeana content & the Europeana API
http://pro.europeana.eu/web/europeana-creative/news/-/blogs/workshop-&-webinar-16-july-17h-cet:-using-europeana-content-&-the-europeana-api;jsessionid=F0593E63C06E927DC932B536DE42D007

http://xmpp.iglor.es/appscultura_europeanalab/
実況中継のページ

Euroepeana CreativeのTwitterアカウント

E1562 - Hispana:スペインにおけるEuropeanaアグリゲータ

 2014年3月25日,欧州文化遺産「プラットフォーム」のEuropeana(E1557参 照)は,Hispanaからパブリックドメインにある新聞資料について100万件以上のデータ提供を受けたことを発表した。Hispana は,Europeanaに対してデジタル化資料のメタデータ等を提供するナショナルアグリゲータとして,スペインで進められているプロジェクトである。ア グリゲータとは,複数のコンテンツ所蔵機関を束ねあげ,それらのメタデータをEuropeanaへ一括提供する機関あるいはプロジェクトを意味する。 Europeanaのアグリゲータには,このような国レベルのものの他にも,The European Library(TEL)のような全欧州規模でのプロジェクトや,欧州におけるユダヤ人に関する資料デジタル化プロジェクトJudaica Europeanaのように特定のテーマに沿ったものがある(CA1785参照)。ここでは国レベルのアグリゲータの代表例としてHispanaを紹介する。...

スペイン国立図書館、Impact Centre of Competenceに加盟

2014年2月14日、スペイン国立図書館(BNE)が、Impact Centre of Competenceに加盟すると発表しました。同組織の年次会議で決定されたとのことです。Impact Centre of Competenceは、歴史的な資料をより高品質で、より早く、そしてより安くデジタル化することを目的として2011年に設立された非営利組織で、デジタル化、言語技術、歴史的なテキスト処理の分野を促進するツールやサービスを提供する組織のようです。BNEの加盟により、スペイン、フランス、オランダ、スウェーデン、チェコ共和国、フィンランド、ラトビア、英国の8つの国立図書館が参加することとなったようです。

La Biblioteca se une al Centro de Competencia en Digitalización IMPACT(BNE, 2014/2/11付け)
http://www.bne.es/es/AreaPrensa/noticias2014/0211_BNEseUneAIMPACT.html

Impact Centre of Competence member list
http://www.digitisation.eu/about/members/#.UvxOP2J_s9U

via:

世界リポジトリランキングの2014年1月版が公開

スペイン高等科学研究院(CSIC)が作成する世界リポジトリランキングの2014年1月版が公開されています。今回のランキングからは、従来の指標に加え新たにFacebookやMendeley、Twitter、Wikipedia等での言及数も”Altmetrics”として、可視性(”Visibility”)に関する評価の中に取り入れているとのことです。

機関リポジトリのランキング(Top Institutional Repositories)では、京都大学のリポジトリが48位、独立行政法人海洋研究開発機構(JAMSTEC)のリポジトリが57位、北海道大学のリポジトリが100位となっています。

Top Institutionals (Ranking Web of Repositories)
http://repositories.webometrics.info/en/top_Inst

図書館システムに関する国際調査の2013年版が公開

Library Technology Guidesを運営するブリーディング(Marshall Breeding)氏による、図書館システムに関する国際調査の第7回目となる2013年版の結果が公表されています。調査は2013年11月から2014年1月の期間で実施され、米国、カナダ、英国、スペインなど、53か国から3,003件の回答があったとのことです。

各種の図書館システムについて、システムの移行の動向や、満足度等をまとめた表なども掲載されています。

Perceptions 2013: An International Survey of Library Automation(Library Technology Guides, 2014/2/4付け)
http://librarytechnology.org/blog.pl?ThreadID=269&BlogID=1
※公開についてのアナウンス

Perceptions 2013: An International Survey of Library Automation
http://www.librarytechnology.org/perceptions2013.pl
※本文

関連:

モバイル端末のアクセシビリティについて学ぶコンテンツを公開(スペイン)

2013年12月2日、Amóvilのウェブサイトに、モバイル端末のアクセシビリティについて学ぶコンテンツが公開されていました。Vodafone Spain Foundationが協力しているとのことです。このコンテンツは、ユニバーサル・アクセシビリティと全ての人のためのデザインの原則に基づくガイドラインを提供するものとのことで、ガイドラインでは、障害のある人にとってアクセスしやすいモバイル端末が準拠すべき要件を示しているとのことです。さらに、それぞれの障害の特徴と、技術を扱う際にこれらのユーザが直面しがちな障壁について示しているとのことです。

また、同サイトでは、障害の種類を選択すると、スペインで販売されているどのモバイル端末が適しているかを推薦してくれるコンテンツも提供しています。

Mobile device accessibility self-training course
http://www.amovil.es/en/blogs/mobile-device-accessibility-self-training-course

Accessible Mobile Search Assistant
http://www.amovil.es/en/search-assistant

マドリードの地下鉄図書館“Bibliometro”(記事紹介)

2013年12月26日、「BOOKWAVE」において、スペインのマドリードの地下鉄図書館Bibliometroを紹介する記事を掲載しています。

気軽に本に親しめる マドリードの地下鉄図書館(BOOKWAVE, 図書館ニュース, 2013/12/26)
http://www.bookwave.jp/bibliometro-madrid/

記事でリンクが張られている写真共有サイト(flickr)
charlotte henard/flickr (May 3, 2013)

スペイン国立図書館、日西交流400周年記念の書道展を開催

2013年11月14日から2014年2月2日まで、スペイン国立図書館(BNE)において、日本とスペインの交流400周年を記念した“Caligrafia Japonesa(日本書道)”展が開催されています。在スペイン日本国大使館共催、Japan Calligraphic Art Academy後援で、現代書道家91点の作品が展示されているとのことです。

La BNE se une al 400º aniversario de la llegada a España de la Embajada Keicho (BNE 2013/11/12)
http://www.bne.es/es/AreaPrensa/noticias2013/0805_ExpoCaligrafiaJaponesa.html

Donacion de dos caligrafias japonesas a la BNE (BNE 2013/11/12)
http://www.bne.es/es/AreaPrensa/noticias2013/1113_DonacionCaligrafiasJaponesas.html

“Una imagen vale mas que mil palabras”(BNE 2013/11/13)

Web of KnowledgeにブラジルのSciELOの引用文献データベースが追加

2013年10月24日に、トムソン・ロイター(Thomson Reuters)社が、SciELO(Scientific Electronic Library Online)のSciELO Citation IndexをWeb of Knowledgeに追加すると発表しました。

トムソン・ロイター社のニュースによると、SciELO Citation Indexには、アルゼンチン、ブラジル、チリ、コロンビア、コスタリカ、キューバ、スペイン、メキシコ、ポルトガル、南アフリカ、ベネズエラのオープンアクセス誌約650タイトルと400万件以上の引用文献が収録されているとのことです。

Thomson Reuters Collaborates with SciELO to Showcase Emerging Research Centers within Web of Knowledge(Research Information 2013/10/24付け)
http://thomsonreuters.com/press-releases/102013/SciELO-Collaboration

Thomson Reuters collaborates with SciELO(Thomson Reuters)

ページ