JLA(日本図書館協会)

株式会社三菱総合研究所、図書館システムに係る現状調査報告書を公開

2010年8月31日、株式会社三菱総合研究所が、社団法人日本図書館協会情報システム研究会の委託を受けて実施した、図書館システムに関する現状調査報告書を公開しました。この調査は、2010年5月18日から同6月11日にかけて、無作為抽出した全国の公共図書館、大学・短期大学附属図書館、専門図書館、学校図書館を対象として行われたものとのことです。

図書館システムの現状に関するアンケート 調査結果 (2010/8/31付け 三菱総合研究所のニュースリリース)
http://www.mri.co.jp/NEWS/press/2010/2021657_1395.html

「図書館におけるRFID 導入のためのガイドライン」が公開

日本図書館協会のウェブサイトで、「図書館におけるRFID 導入のためのガイドライン」が公開されています。このガイドラインは、日本図書館協会のほか、国公私立大学図書館協力委員会、全国学校図書館協議会、全国公共図書館協議会、専門図書館協議会の連名によるもので、RFIDの導入に際し、図書館が留意すべき点を示すものであるとのことです。

図書館におけるRFID 導入のためのガイドライン
http://www.jla.or.jp/RFIDguideline.pdf

日本図書館協会、政党マニフェストの公立図書館での閲覧についての要請を提出

日本図書館協会のウェブサイトに、政党マニフェストの公立図書館での閲覧についての要請が掲載されています。2010年6月14日付けで衆参両院総務委員会委員及び各政党に提出されたもので、公立図書館において各政党のマニフェストの閲覧が可能となるよう要請するものです。

政党のマニフェストを公立図書館で閲覧できることを要請します。
http://www.jla.or.jp/kenkai/20100614.html

人口1人当たりの貸出件数、加東市図書館と富士見町図書館が全国トップ

日本図書館協会(JLA)の調べによると、2008年度の人口1人当たりの貸出件数において、人口4万人未満の市の市立図書館の中で兵庫県加東市図書館が、町村立図書館の中で長野県富士見町図書館が全国で1位であったと報じられています。加東市図書館は、1人当たりの貸出件数が16.2件で4年連続の1位、富士見町図書館は同20.5件で12年連続の1位とのことです。

1人あたり貸出数、4年連続日本一 加東市図書館(神戸新聞 2010/4/3付けの記事)
http://www.kobe-np.co.jp/news/touban/0002834300.shtml

貸し出し数12年連続日本一 富士見町図書館(信州Liveon 2010/3/26付けの記事)
http://www.shinshu-liveon.jp/www/topics/12122

改正著作権法の下での図書館の視覚障害者サービスのガイドラインが公表

国公私立大学図書館協力委員会、全国学校図書館協議会、全国公共図書館協議会、専門図書館協議会、日本図書館協会の6団体は、2010年1月から施行された改正著作権法の下での視覚障害者サービスについてのガイドラインを2010年2月18日付けで公開しています。著作権法第37条第3項に規定される権利制限に基づき視覚障害者等に対してサービスを実施しようとする図書館が、著作物の複製、譲渡、自動公衆送信を行う場合に、その取り扱いの指針を示すことを目的とするものです。

図書館の障害者サービスにおける著作権法第37条第3項に基づく著作物の複製等に関するガイドライン(日本図書館協会のサイトに掲載のもの)
http://www.jla.or.jp/20100218.html

日本図書館協会、日本の書誌データ一元化についての見解を表明

日本図書館協会のウェブサイトに、「「我国を代表する書誌データの一元化」について」という見解が2010年2月9日付けで掲載されています。書誌情報は基本的なインフラであるとし、JAPAN/MARCによる書誌データの一元化を関係機関・団体が一致して推進することを望むとしています。 活字文化議員連盟による、「官民の協力のもと、文字・活字文化の記録を保存し、国民がいつの時代にも活用できるよう我国を代表する書誌データの一元化に努める」という活動計画に賛同してのものとのことです。

「我国を代表する書誌データの一元化」について
http://www.jla.or.jp/kenkai/20100209.html

日本図書館協会、著作権法施行令改正や事業仕分け等に関する意見を公表

日本図書館協会のウェブサイトに、著作権法施行令等の改正についての意見、読書支援関連の事業仕分けについての意見、「図書館の設置及び運営上望ましい基準」策定についての意見が掲載されています。著作権法施行令等に関しては、専門図書館協議会もその意見を公表しています。

●日本図書館協会
「著作権法施行令の一部を改正する政令案」への意見
http://www.jla.or.jp/kenkai/20091211a.html

「著作権法施行規則の一部を改正する省令案」への意見
http://www.jla.or.jp/kenkai/20091211b.html

「図書館の設置及び運営上望ましい基準」策定についての意見
http://www.jla.or.jp/kenkai/20091211c.html

E1005 - JLA分類委員会,NDC新訂10版試案説明会を開催<報告>

日本図書館協会(JLA)分類委員会は,2009年11月10日に「日本十進分類法(NDC)新訂10版」試案説明会(中間報告)を開催した。関東近県の大学図書館や公共図書館,また図書館学研究者を中心に41名の参加があった。筆者は分類委員として出席した。...

JLA、「日本十進分類法新訂10版」の試案説明会を開催(11月)

日本図書館協会(JLA)分類委員会による「日本十進分類法新訂9版」の改訂作業については、既にいくつかの試案が雑誌等で発表されていますが、これらの試案や改定作業についての説明会が、2009年11月10日に開催されます。内容は、改訂方針の確認、進捗状況、公表された試案(0,2,3,7類)の概説、懸案事項に関する意見聴取、意見交換等とのことです。

「日本十進分類法新訂10版」試案説明会(中間報告)
(日本図書館協会ウェブサイトの図書館イベントカレンダー2009年11月)
http://www.jla.or.jp/calendar.html#11

JLA、各政党に対する図書館政策についての質問と回答をウェブサイトに掲載

日本図書館協会(JLA)のウェブサイトに、「図書館に関する政策についての日本図書館協会の質問と政党の回答」が掲載されています。2009年8月14日に、各政党に対して、図書館に関する政策について文書による質問を行い、8月25日までに回答のあった、民主党、国民新党、日本共産党、自由民主党(到着順)の4つの政党からの回答が掲載されています。

図書館に関する政策についての日本図書館協会の質問と政党の回答
http://www.jla.or.jp/kenkai/20090826.html

ページ