スウェーデン

スウェーデン王立図書館、同国の新聞デジタル化プロジェクトの進捗等を紹介するブログを開設

2011年11月9日、スウェーデン王立図書館が、同国における新聞デジタル化プロジェクトの進捗や、プロジェクトの課題とそれへの対策等について紹介するブログ“Digidaily”を公開したようです。2010年から2013年までの予定で進められているプロジェクトでは、1830年から2010年までのAftonbladet紙や1884年から2010年までのSvenska dagbladet紙等の200万ページ以上がデジタル化される予定のようです。

Digidaily
http://digidaily.kb.se/

Yesterdays news (Kungliga biblioteket 2011/11/9付けの記事)
http://www.kb.se/aktuellt/nyheter/2011/Yesterdays-news/

HathiTrustをめぐる訴訟、英国・ノルウェー・スウェーデン・カナダの著作者団体等が原告に加わる

米国の大学図書館等による共同デジタルリポジトリHathiTrustとミシガン大学等5大学が米国の著作者団体Authors Guild等から訴えられた訴訟に関し、2011年10月6日に、英国、ノルウェー、スウェーデン、カナダの著作者団体と4人の作家が新たに原告に加わったとのことです。今回加わったカナダの団体は、9月時点で訴訟に加わっているカナダの団体とは別の団体です。

Authors Groups From U.K., Canada, Norway and Sweden Join Authors Guild, Australian Society of Authors, and Quebec Writers Union in Suit Against HathiTrust(Authors Guildのブログ 2011/10/6付けの記事)
http://blog.authorsguild.org/2011/10/06/authors-groups-from-u-k-canada-norway-and-sweden-join-authors-guild-australian-society-of-authors-and-quebec-writers-union-in-suit-against-hathitrust/

参考:

欧州でのRDA普及を目指す、欧州国立図書館4館による“EURIG”が正式に発足

2011年9月27日にデンマークのコペンハーゲンで開催された会合において、英国図書館(BL)、ドイツ国立図書館、スペイン国立図書館、スウェーデン王立図書館の各館長が、欧州におけるRDAの普及を目指した“EURIG”(European RDA Interest Group)という組織を正式に発足することに合意したようです。“EURIG”の今後の計画については、2011年12月および2012年初めにも開催される会合で検討されることになるようです。

EURIG
http://www.slainte.org.uk/eurig/index.htm

EURIG Launched: National Libraries Sign up to European RDA Interest Group (PDF)(EURIG 2011/9/27付けのプレスリリース)
http://www.slainte.org.uk/eurig/docs/Launch/EURIG_Press_Release_2.pdf

Las principales bibliotecas nacionales europeas firman el acuerdo de cooperación de EURIG (Biblioteca Nacional de España 2011/10/5付けの記事)

スウェーデン王立図書館等、同国の電子書籍調査レポートを公表

2011年10月6日に、スウェーデン王立図書館(Kungliga Biblioteket:KB)とスウェーデン図書館協会(Svensk Biblioteksförening)が、同国の図書館で電子書籍サービスを導入する場合にどのような影響があるのか等を調査したレポートを公表しました。レポートでは、スウェーデンにおける電子書籍市場がいまだ未発達であること、電子書籍サービスを図書館が導入する場合は、コスト増への対応とともに組織再編を余儀なくされるであろうということ、また学校においてデジタル教科書の導入が進むことで学校図書館もその対応を迫られること等が指摘されているようです。また、レポートでは、同国の電子書籍普及の流れの中でKBが果たしうる役割も指摘されているようです。

När kommer boomen?: En kartläggning av e-boken i Sverige ur ett biblioteksperspektiv (PDF)
http://www.kb.se/Dokument/Aktuellt/Eboksutredningen.pdf

E-böcker på bibliotek blir kostsamt (Kungliga Biblioteket 2011/10/6付けの記事)

スウェーデン王立図書館、パブリックドメインとなった資料をオンデマンドでデジタル化し提供するサービスを開始

2011年10月3日、スウェーデン王立図書館が、パブリックドメインとなった資料について、利用者からオンデマンドで注文を受け付けデジタル化した後、PDFで提供する有料のサービス“eBooks on Demand”を開始したようです。この“eBooks on Demand”には、すでにスイス国立図書館やポルトガル国立図書館等の欧州12か国、約30の図書館が参加しているようです。

Digitalisering på beställning (Kungliga biblioteket 2011/10/3付けの記事)
http://www.kb.se/aktuellt/nyheter/2011/Digitaliserig-pa-bestallning/

eBooks on Demand
http://www.books2ebooks.eu/index.php5

WebUrbanist、今度は世界のユニークな図書館14館を紹介

2011年8月22日付けの記事で世界の美しい歴史的な図書館13館を紹介したWebUrbanistが、今度は20世紀後半以降に建てられたユニークな図書館14館を8月26日付けで紹介しています。記事では、メキシコ・シティのJose Vasconcelos Libraryや、米国イエール大学の貴重書図書館等が取り上げられています。また、日本からは多摩美術大学図書館が紹介されています。

Reading Revolution: 14 Marvelous Modern Libraries (WebUrbanist 2011/8/26付けの記事)
http://weburbanist.com/2011/08/26/reading-revolution-14-marvelous-modern-libraries/

世界の美しい図書館13館、WebUrbanistが紹介

2011年8月22日付けのWebUrbanistで世界の美しい図書館として13館が紹介されています。記事では、18世紀から20世紀初頭に建てられた図書館を取り上げており、オランダ・アムステルダム国立美術館(Rijksmuseum Amsterdam)の図書閲覧室、アイルランドのトリニティ・カレッジ(ダブリン大学)の図書館(Trinity College Library)等が紹介されています。

Bountiful Books: 13 Incredibly Intricate Historic Libraries (WebUrbanist 2011/8/22付けの記事)
http://weburbanist.com/2011/08/22/bountiful-books-13-incredibly-intricate-historic-libraries/

スウェーデン王立図書館から盗まれた400年前の古地図がニューヨークで発見される

2011年7月19日に、スウェーデン王立図書館は、2004年に盗難が発覚した地図資料がニューヨークで見つかったと発表しています。見つかったのは、16世紀に作製された、新大陸について描かれた地図資料“Descriptionis Ptolemaicae augmentum, sive Occidentis notitia brevi commentario”で、現在では約245,000ドル相当の価値があるようです。この地図資料は、2003年にオークションで売却された後行方が分からなくなっていたもので、数週間前にスウェーデン王立図書館の職員がニューヨークで売りに出されていた別の地図資料を探していた際に、売却リストの中で偶然発見したようです。ただし、資料は見つかったものの、法的にはスウェーデン王立図書館の手に戻るのは難しく、また同館が買い戻すにも現状では困難とのことで、現所有者であるコレクターと交渉中のようです。

Stulen KB-bok upphittad i New York (Kungliga Biblioteket 2011/7/19付けの記事)
http://www.kb.se/aktuellt/nyheter/2011/Stulen-400-arig-atlas-upphittad-i-New-York/

スウェーデン王立図書館等、同国映像資料のオンライン提供を開始

スウェーデン王立図書館(Kungliga biblioteket)とスウェーデン映画協会(Svenska Filminstitutet)が共同で、同国の映像資料のオンラインでの提供を開始したようです。資料は、“Filmarkiver”というウェブサイトを通じて提供され、現在のところ、1897年から1994年までの、300タイトルが利用可能のようです。公開されている資料は、主にショートフィルムやドキュメンタリー、広告等とのことです。

Filmarkiver
http://filmarkivet.se/

300 Svenska filmer tillgängliga på nätet (2011/2/10付け Kungliga biblioteket)
http://www.kb.se/aktuellt/nyheter/2011/300-Svenska-filmer-tillgangliga-pa-natet/

Garbo, Ingrid, Palme och Selma på nya Filmarkivet.se (2011/2/10付け Svenska Filminstitutetのプレスリリース)

スウェーデンからのEuropeanaへの登録件数が120万件を突破

2010年10月6日、デジタル化した欧州の文化遺産を提供する“Europeana”は、スウェーデンからのEuropeanaへの登録件数が120万件を突破したと発表しています。

Swedish institutions add 1.2 million items to Europeana (2010/10/6付け Europeanaの記事)
http://version1.europeana.eu/web/guest/news/-/blogs/swedish-institutions-add-1-2-million-items-to-europeana

ページ