学術情報流通

広島大学、オープンアクセス方針を策定

2018年4月20日、広島大学は「広島大学オープンアクセス方針」を2018年3月27日に採択していたことを発表しました。

採択されたオープンアクセス(OA)方針によれば、対象となるのは出版社、学協会、学内部局等が発行した学術雑誌に掲載された成果とし、公開手段については広島大学学術情報リポジトリによって公開する、とされています。

あわせて公開されたOA方針実施要領によれば、ポスドク・大学院生等の研究成果は当面、OA方針の対象としないとした上で、具体的にOA方針の対象となる役職名が列挙されています。また、会議発表論文もOA方針の対象とするとされています。

また、OA方針では適用の除外や研究者が大学に提供すべき版に加え、研究成果のもととなった研究資料等の保存についても明記されています。

広島大学オープンアクセス方針の採択及び説明会の開催について(広島大学学術情報リポジトリ、2018/4/20付け)
http://ir.lib.hiroshima-u.ac.jp/ja/list/news/item/45620

ブロックチェーン技術によるピアレビュー支援検証プロジェクトにTaylor & Francisとケンブリッジ大学出版局(CUP)が参加

2018年4月26日、Digital Science社は、同社らによるブロックチェーン技術によるピアレビュー支援を検証するパイロットプロジェクトに、新たにTaylor & Francis社とケンブリッジ大学出版局(CUP)が参加したことを発表しました。

このプロジェクトは3月にDigital Science社がオランダのスタートアップKatalysis、Springer Nature社、ORCIDと共同で開始していたものです。

次期JAIRO Cloud開発共同タスクフォース、報告書「次期JAIRO Cloud開発共同タスクフォース報告~次世代リポジトリの機能に関する提案~」を公表

2018年5月1日、次期JAIRO Cloud開発共同タスクフォースが、報告書「次期JAIRO Cloud開発共同タスクフォース報告~次世代リポジトリの機能に関する提案~」を公表しました。

同タスクフォースは、次期JAIRO Cloud開発のために必要な情報を調査・検討することを目的に、オープンアクセスリポジトリ推進協会(JPCOAR)と国立情報学研究所(NII)により2017年9月に設置されたもので、今回の報告書は、これまでの議論や意見を踏まえ、JPCOAR及びNIIに対して次世代リポジトリの構築に向けて、主として機能面について検討すべき事項を提案したものです。

次期JAIRO Cloud開発共同タスクフォース報告を公開しました(JPCOAR,2018/5/1)
https://jpcoar.repo.nii.ac.jp/?page_id=49#_href_211

PubMed及びPubMed Central、データセットを公開している論文を見つけるためのフィルターの提供を開始

2018年4月24日、米国国立医学図書館(NLM)が、PubMed及びPubMed Central(PMC)において、データセットを公開している論文を見つけるためのフィルターの提供を開始したと発表しています。

Data Filters in PMC and PubMed. NLM Technical Bulletin. 2018, (421).(NLM,2018/4/24)
https://www.nlm.nih.gov/pubs/techbull/ma18/brief/ma18_pmc_data_filters.html

科学技術振興機構(JST)、J-STAGEでのPorticoのダークアーカイブサービスの提供開始を発表

2018年4月26日、国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)が、J-STAGE搭載データの長期的保存と安定的提供を目的に、電子学術情報アーカイブPorticoのダークアーカイブサービスの提供を10月から開始すると発表しました。

ダークアーカイブを導入していることをジャーナル登録の条件とする海外の文献検索サービスが増えており、ダークアーカイブ導入がジャーナルの信用性を示す要件となりつつあることから開始するもので、サービスの復旧に90日以上が見込まれる場合、Porticoにアーカイブしたコンテンツが公開されることになります。

J-STAGEの「編集搭載システム」にPorticoでの公開可否の設定項目が追加されており、J-STAGEで学術誌を公開している組織・団体は6月30日までに設定内容の確認・変更が必要と説明されています。Porticoのダークアーカイブサービスを利用するにあたっての追加の費用負担は不要です。

大阪市立大学、オープンアクセス方針を策定

2018年4月24日、大阪市立大学は「大阪市立大学オープンアクセス方針」を策定し、2018年4月1日から施行していることを発表しました。

オープンアクセス(OA)方針によれば、対象は大阪市立大学に在籍する研究者の研究成果(出版社、学協会および学内各部局が発行する学術雑誌等に掲載された研究者の学術情報)とし、研究に用いた資金等に関する限定は設けられていません。研究成果の公開については、大阪市立大学学術機関リポジトリおよび著者が選択するその他の方法によるとしています。

大阪市立大学オープンアクセス方針を策定しました(大阪市立大学,2018/4/24)
http://www.osaka-cu.ac.jp/ja/news/2018/180424

大阪市立大学オープンアクセス方針
http://libweb.media.osaka-cu.ac.jp/?page_id=9810

1Science、世界中の全分野・全言語の査読誌掲載論文の搭載を目指すプラットフォーム“1findr”の提供開始

2018年4月24日、オープンアクセス(OA)に関するサービスを提供するカナダの1Scienceが、“1findr”の提供開始を発表しています。

これまでは、西洋諸国に偏ったツールを用いて科学に関する知識にアクセスし評価してきたとし、1findrでは、世界中の全分野・全言語の査読誌掲載論文を搭載するプラットフォームを目指しています。

無料版と機関版があり、無料版はGoogle Scholarなどからデータを取得して提供するものですが、機関版では、専門の抄録・索引データベースのデータに基づいたものが提供されます。また、機関版では、“organization search”やワンクリックでの複数記事一括ダウンロード(最大50件まで)等の機能が備わっており、今後、引用数指標や雑誌の影響度に基づいた検索機能の提供も予定されています。

両版とも9,000万件のデータが搭載されており、arXiv、DOAJ、SciELOといったリポジトリ等から1Scienceが収集した2,700万件のグリーンOA・ゴールドOAの論文にアクセスすることもできます。

英・ケンブリッジ大学出版局(CUP)、Code Oceanとの提携を発表

2018年4月12日、英国のケンブリッジ大学出版局(CUP)は研究者・技術者向けに学会・会議予稿集内で公開されたコードを発見・実行するためのプラットフォーム、Code Oceanとの提携を発表しました。

Political Science Research & Methods (PSRM)誌がCUP最初のCode Ocean導入誌となります。電子ジャーナルプラットフォーム上に組み込まれたウィジェットにより、論文内でコードを実行することが可能になります。

Cambridge University Press and Code Ocean Announce Partnership(CUP、2018/4/12付け)
http://admin.cambridge.org/about-us/news/cambridge-university-press-and-code-ocean-announce-partnership/

プレプリントサーバarXiv、検索機能の更新を発表:arXiv Search v0.1

2018年4月17日、プレプリントサーバarXivを運営する米・コーネル大学が
検索機能の更新を発表しています。

arXiv-NGと呼ばれる次世代のarXivの開発プロジェクトの一環で、

・検索エンジンをLuceneからElasticsearchに変更
・ユーザーインターフェイスへのCSSフレームワークBulmaの採用
・著者検索の改善(ORCID idでの著者検索ほか)
・タイトルやアブストラクト内の数式のTeXの記述様式による検索対応
・DOIの検索フィールド追加
・ACM(米国計算機学会)の主題分類と数学主題分類(MSC)の別フィールド化
・タイトル及びアブストラクトでのワイルドカードによる検索の改善
・トップ画面の検索窓がすべて新しい検索フィールドに対応
・検索でヒットした箇所のハイライト表示

が追加されたと紹介されています。

今後の計画として、全文検索対応(2018年予定)、APIの改善(2018年後半予定)、ファセット検索機能の追加(2019年半ばから後半予定)があげられています。

ResearchGate、Springer Nature社・ケンブリッジ大学出版局・Thieme社と、学術論文の合法的共有化に向けての連携を発表

2018年4月19日、研究者向けのSNSであるResearchGateが、Springer Nature社・ケンブリッジ大学出版局(CUP)・Thieme社と、著者・出版者の権利を保護する形での学術情報共有プラットフォーム上での論文共有にむけて連携することで合意したと発表しています。

合意の一端として以下の3点があげられています。

・両者は、自身の論文をネットワーク上で共有する方法についての情報を提供することで、著作権で保護されたコンテンツの権利について利用者に伝える。

・ResearchGateは、出版者から警告を受けた際には、著作権を侵害したコンテンツを速やかに削除する。

・出版者は、学術誌を公開したプラットフォーム上の新規コンテンツの利用方法についての認知度を上げる。

ページ