学術情報流通

Wikipediaに対する学術コミュニティの評価は?-PLoSとWikimedia財団が意識調査を実施

PLoS(Public Library of Science)とWikimedia財団が協同で、PLoS読者を中心とする学術コミュニティに対し、Wikipediaへの評価などに関する意識調査を行った結果が発表されています。回答者の多くは、オープンアクセスコミュニティにかかわりのある研究者等となっていますが、以下のような結果が出ています。

・58.98%が「かなり」、32.19%が「ある程度」Wikipediaを好意的に評価している。
・28.69%の研究者が「かなり」、59.04%が「ときどき」、仕事の上でWikipediaを利用している。余暇で利用している人の比率はさらに多い。
・91.51%がWikipediaからもっと、オープンアクセス文献にリンクされるべき、と考えている。その逆のリンクをもっと増やすべきとしたのは71.03%。
・67.93%が「大規模に」、24.73%が「限定したやり方で」研究者はもっとWikipediaに貢献すべきと考えている。

Scholarly community gives feedback regarding Wikipedia - Wikimedia blog

OECD、データセット・データ表のメタデータ、引用方法、リンキングに関する標準化の必要性を提起

経済協力開発機構(OECD)の出版部門が2009年4月20日、データセット・データ表のメタデータ、引用方法、リンキングに関する標準化の必要性を提起する文書“We Need Publishing Standards for Datasets and Data Tables”を発表しました。OECDの統計データ類がどのように学術文献で引用されているか、その問題点、OECDデータセットについての図書館目録レコードやメタデータの現状と問題点などをもとに、望ましいメタデータ、引用方法、リンキングについて提言を行っています。

なお、OECDは2004年から、個々の表や図、グラフにDOIを付与する“OECD StatLink”を開始しています。2008年だけで、20,000件のDOIを付与したとのことです。

Green, T (2009), “We Need Publishing Standards for
Datasets and Data Tables”, OECD Publishing White Paper,
OECD Publishing.
doi: 10.1787/603233448430
http://dx.doi.org/10.1787/603233448430

Library Journal誌、2009年2月時点の学術雑誌価格調査の結果を発表

Library Journal誌が2009年4月15日、2月5日時点で調査した学術雑誌の価格調査の結果を発表しています。ISIの3つのCitation Index(AHCI、SSCI、SCI)収録タイトル、および、EBSCO社のAcademic Search Premierの収録タイトルのうち、あらかじめ定価が定まっているものを対象として調査したもので、学問分野ごと、出版国ごとの平均価格と、2005年からの毎年の平均価格の推移が示されています。2010年の価格も予測されており、2009年から7.6%の増加、という数値が出ています。このほか、深刻な経済危機、オープンアクセス義務化方針の採択が相次いでいること、オープンアクセスオプションを設定する出版社が増えていることといった、図書館や学術出版を取り巻く環境の影響についても分析されています。

Reality Bites: Periodicals Price Survey 2009 - 4/15/2009 - Library Journal
http://www.libraryjournal.com/article/CA6651248.html

参考:
ARL、世界規模の経済危機と図書館の窮状を踏まえ出版社・ベンダーに要望
http://current.ndl.go.jp/node/11911

Google Book Search、全米科学アカデミーなど4学術団体のレポート、機関誌9,000冊以上を提供

全米科学アカデミー(NAS)、全米技術アカデミー(NAE)など、“National Academies”と総称される4つの全米学術団体が、Google社と協同で刊行物のデジタル化を行い、このほどレポートや機関誌など9,000冊以上をGoogle Book Searchで公開したと発表しています。また今後2011年までに、さらに11,000冊をデジタル化する予定とされています。

More Than 9,000 National Academies Reports Now Available In Open Access
http://www8.nationalacademies.org/onpinews/newsitem.aspx?RecordID=04102009

E910 - 『学術コミュニケーションの新たな地平』<文献紹介>

2008年12月,国立情報学研究所(NII)が学術機関リポジトリ構築連携支援事業第1期報告書『学術コミュニケーションの新たな地平』を公開した。これはNIIが機関リポジトリの構築と各大学間の連携を支援するために行った「CSI(サイバー・サイエンス・インフラストラクチャ:最先端学術情報基盤)委託事業」(CA1626,CA1639参照)の,2007年度までの第1期の成果をまとめたものである。…

研究者による電子ジャーナルの利用とそれが図書館サービスに与える影響-RINがレポートを刊行(英国)

英国の研究情報ネットワーク(RIN)がユニバーシティ・カレッジ・ロンドン情報行動・研究評価センター(CIBER)に委託して実施した、英国の研究者による電子ジャーナルの利用とそれが図書館サービスに与える影響に関する調査のレポート“E-journals: their use, value and impact”が公開されています。この調査はエビデンスに基づき、英国の研究者の情報探索行動の実態を描き出したもので、英国の研究活動において電子ジャーナルが欠くことのできないものになっていること、研究機関のタイプ(研究系か否か、政府機関か大学か)や主題分野により利用行動が異なること、電子ジャーナルへの投資が利用や研究成果の量と正の相関関係にあることなどが報告されています。

E-journals: their use, value and impact | RIN
http://www.rin.ac.uk/use-ejournals

欧州12か国の大学等による電子学位論文ポータル“DART Europe”、収録論文が10万点を突破

英国オックスフォード大学、ドイツ国立図書館、スウェーデン・ルンド大学、スペイン・カタルーニャ大学図書館コンソーシアムなど欧州12か国の大学等が参加している、電子学位論文の統合ポータルサイト“DART Europe”の収録論文が10万点を突破したと、欧州研究図書館連盟(LIBER)が発表しています。

The DART-Europe E-theses Portal (DEEP)
http://www.dart-europe.eu/

DART Europe now holds more than 100,000 records | LIBER - The Ligue des Bibliothèques Européennes de Recherche
http://www.libereurope.eu/node/386

NII、CiNiiとKAKENをリニューアル、JAIROを正式公開

国立情報学研究所(NII)が2009年4月1日、論文情報ナビゲータ「CiNii」と(文部科学省および日本学術振興会の)科学研究費補助金データベース「KAKEN」のリニューアル、および、学術機関リポジトリポータル「JAIRO」の正式公開を発表しました。

CiNii - NII論文情報ナビゲータ
http://ci.nii.ac.jp/
KAKEN - 科学研究費補助金データベース
http://kaken.nii.ac.jp/
JAIRO : Japanese Institutional Repositories Online
http://jairo.nii.ac.jp/

CiNii、KAKENのリニューアル、JAIROの正式公開を行いました。 - 国立情報学研究所
http://www.nii.ac.jp/index.php?action=pages_view_main&page_id=626

参考:
NII、次期CiNiiを試験公開
http://current.ndl.go.jp/node/12154
NII、Kakenの機能強化版(β版)と研究者リゾルバーサービス(α版)を公開
http://current.ndl.go.jp/node/7805
NII、学術機関リポジトリポータル"JAIRO"を試験公開

「情報管理Web」がリニューアル

学術情報の流通・利用に関する最新ニュース、雑誌『情報管理』の全文を提供している科学技術振興機構のウェブサイト「情報管理Web」がリニューアルしています。

「情報管理Web」:JST(独立行政法人科学技術振興機構)の「学術情報流通」発信サイト
http://johokanri.jp/

YouTube、100以上の大学・カレッジが作成した動画を集約したチャンネル「EDU」を開設

YouTubeがこのほど、パートナーシップを結んでいるマサチューセッツ工科大学、スタンフォード大学、カリフォルニア大学バークレー校など100以上の大学・カレッジが作成した動画コンテンツを集約したチャンネル「EDU」を立ち上げました。2009年3月31日現在、200以上の講義が見られるとのことです。

YouTube - EDU
http://www.youtube.com/edu

Introducing YouTube EDU! | Open Culture
http://www.oculture.com/2009/03/introducing_youtube_edu.html

ページ